旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2009女子ダブルスシリーズ~事前対応

今年の女子ダブルスシリーズが始まりました。
昨日はビギナークラス第1戦が開催されました。
今年の初戦ということで出場選手みなさま気合い入ってましたね。

予選(3チームによるブロック)から大接戦。
素晴らしい試合が展開されました。

決勝が終わったのは夕方6時前。
いや~、長かった。過去一番長い大会だったのではないでしょうか。

その大接戦を制したのは、中島・武者小路(OTS・ジュエ)ペアでした。
f0145325_639291.jpg

おめでとうございます。
次回からアドバンスクラスで頑張ってください。

また、出場されたみなさま、寒い中ありがとうございました。

2月、3月のアドバンスクラスはまだ空きがあります。
みなさま、勇氣を持ってチャレンジしてください。


さて、たまには道具の話です。
試合前、ガットが気になったことはありませんか?

ナイロン・ストリングは週1回約2時間プレイされる方で3ヶ月で反発力が落ちてしまうと言われています。
ガットは張り上がったときから伸び始めます。

伸びきったガットで試合をするのと、新しいガットでするのでは当然パフォーマンスも変わってきます。
ですから、細めな張替えをお薦めします。

ただ、ときどきこういう方もいらっしゃいます。
「コーチ、明日試合だから今日中に張り替えて。」
とラケットを持ってくる方。

決して悪くはないのですが、コーチの都合で張れないこともあります。

試合があるのはもっと以前にわかっているのですから、そこから逆算していつ頃ガットを張り替えればいいかスケジュールを組むことも大切です。
その時点から試合は始まっているのです。

プロは大会前、ガットはもちろんコートサーフェスや使用ボールもその大会に合わせて練習します。
同じことをするのは難しいかもしれませんが、真似できることはやりたいですね。

是非、事前対応をして試合に挑みましょう。

2009年もグレイステニスクラブのイベントをよろしくお願いします。
みなさまのご参加をお待ちしております。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-01-09 06:54
<< 信頼と尊敬 ドロー >>