旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

信頼と尊敬

更新が遅くなりました。
1月9日10日の2日間、アチーブメント株式会社のボース・ウィン・マネジメントを再受講してきました。
昨年の1月に受講して、10月にアシスタントをしました。

ボース・ウィンというのは「双方勝利」という意味になります。
言い方を変えると「敗者をつくらない」ということになります。

この考え方や関わり方は人間関係で非常に重要になると私は思ってます。
コーチと選手の関係にも必要だと感じてます。

コーチの考え方を選手に押し付けるのではなく、あくまでも提案します。
この提案に対して選手がどのような選択(同意か反対)をしてもコーチは選手を支援し続けなければなりません。

常に選手の願望にフォーカスして、共有することが大切だと思うのです。
選手が達成している状況をイメージしてそれを共有すること。
「ゴールの共有」というそうです。

マネジメントとなっているのでこの研修は企業向けと思われがちですが、私はスポーツの世界でも共通していて、やはり良い人間関係がなければ成果は得られないと思ってます。

ボース・ウィン・マネジメントは単に人間関係を良くする研修ではなく、圧倒的な成果を追及します。

いろいろな実習をしながら学びます。
f0145325_554933.jpg

体験する中で、「ああ、現場がでてるなぁ。」「普段はこんなことしてるんだなぁ。」と感じます。

相手に対して常に信頼して関わることは簡単にはできません。
どうしても自分中心な自分がいます。
だから、テニスの練習と同じように継続学習は大事なんですね。
トレーナーの篠田真宏先生。
f0145325_5534899.jpg


今週木曜日はグレイスオープン女子ダブルスです。
素晴らしい信頼のダブルスが繰り広げられると思います。

選手のみなさん、健闘を期待します。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-01-13 05:47
<< 第13回グレイスオープン女子ダブルス 2009女子ダブルスシリーズ~... >>