旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アドバイス

コーチは生徒(選手)にアドバイスをします。

アドバイスにも、いろいろあります。
励ます。褒める。認める。矯正する。
たまに、挑発する。など、他にもたくさんあると思います。

私は選択理論心理学を学ぶようになってから、相手に自分の考えを強制しなくなりました。
まず、相手のいい所(長所、武器)を探すようにしています。
そこを承認して、質問をするように心がけています。

でも、それでは納得いかない方がほとんどです。

上手くできないのには理由があるはずだ。
原因を見つけて直したい。
そうすれば、上達して試合でも勝てるようになるはずだ。

ごもっともだと思います。

医者ならそれでいいと思います。
命が掛かってきますからね。

テニスで自分の悪い所を直さなくても命に別状はありません。
どこかに転移したりもしません。
(自分の弱点と)仲良くすればいいのです。(多分みなさん、いやですよね?)

選択理論心理学では「問題に焦点を当てない。」とあります。
なぜ?

解決しないからです。
コーチが相手の悪い所に焦点を当ててしまうと、コーチが泥沼にはまってしまうのです。
当然、生徒(選手)もはまります。
ものすごいストレスが生まれます。イライラします。

もし、仮に矯正されて直ったとしてもコーチに見てもらっているときだけの一時的なものかもしれません。
(違う場合もあるかも?)

アドバイスに関して大切なことは、「言われたことを鵜呑みにしない。」ことです。
相手のことを思って言ってくれている多くのテニスコーチに怒られてしまいそうですが、、、

まず「信じない」

そして、「疑わない」ことです。

じゃあ、どうすればいいのでしょう?

「確かめる」「試す」です。

コーチはあくまでも提案をしてるにすぎません。
必ず、相手に合っていることとは限らないのです。

まず「確かめて」、自分で選択してください。
コートで実際にプレーするのはコーチではなくみなさん自身なのですから。

ジュニアでは素直にコーチの言うことを良く聞く子と、ちょっと天邪鬼(あまのじゃく)っぽい子がいます。

コーチにとっては実は天邪鬼な子の方がアドバイスをしやすいのです。
自分の気にいらないことはやりませんから。

素直で何でもコーチのいった通りにやってしまう子の方が、アドバイスは慎重になります。
そして最後に一言、言います。
「コーチの言った通りにやらなくていいんだよ。」

是非、みなさんの自分らしい、自分なりのテニスライフを構築していってください。

今日も花粉とガチンコです。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-02-19 06:50
<< 写真撮影 無料体験レッスン >>