旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

リアリティー・セラピー集中基礎講座1~2日目

金・土と(株)レアリゼで行われたリアリティー・セラピー(以下RT)集中基礎講座を受講してきました。
来週の金・土と合わせて4日間のプログラムです。

RTはカウンセリング技法です。
そのRTは選択理論心理学を基に創られました。

RTは日本語にすると現実療法となります。
過去ではなく現在に焦点を当てたカウンセリングです。

講師は日本選択理論心理学会選択理論心理士で米国ウィリアム・グラッサー協会認定基礎インストラクターの渡邊 義さん。通称ヨシさんです。
f0145325_10412575.jpg

写真からも、優しさが伝わると思います。
すでに私の上質世界です。

私は初日、開始時刻を30分勘違いをしていて5分ほど遅刻してしまいました。
それでも、何事もなかったように受け入れてくれます。

もし、テニスに試合だったら失格ですよね。

この講座はときどきワーク(実習)もあり、楽しく受講できます。
脳の機能を基に選択理論はあるので、インプットしやすく進められていきます。

そして、受講生同士で分かち合いをします。アウトプットですね。
インプットとアウトプットの時間が取り入れてあるので、大変身に付くグループ学習だと感じました。

この選択理論をマネージメントに用いたときのリード・マネジメントというものがあります。
アメリカではそのマネジメントを学校教育に導入したグラッサー・クォリティー・スクールが存在します。
現在23校ほどあるそうです。
教師と生徒と、、、そして保護者の関係が良好で生徒の学力も上がっているそうです。

ひとつ印象的だったのは、、、

教師は生徒をコントロールするのではなく、生徒との会話をコントロールする

ということでした。

また、会話をするとき相手に印象深くなるのは言葉ではなく、非言語(しぐさ、態度)や口調が大きく影響するとのことでした。

私は普段、どんな表情や口調でスクール生や選手と会話してるかなぁ?と自己評価がおきました。

と同時にまた今日からのレッスンが楽しみになってきました。

たくさんのことを学んできたので少しづつこのブログ上でシェア(分かち合い)をしていきます。
来週の残り2日間がとっても楽しみです。

今日はこれからレッスンです。
夕方から横浜市テニス協会の理事の方達と打ち合わせです。

ベストを尽くします。
行ってきまぁす。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-03-15 11:01
<< 提案と強制 共感します。 >>