旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

夫婦ミックスの謎

リアリティー・セラピー・集中基礎講座は4日間のプログラムです。
リアリティー・セラピーは選択理論心理学をカウンセリングに用いて創られてます。

4日間の学びで、自分に当てはまっておもしろい気付きがありました。

人間関係には4つの形がある。
①愛・友情の関係         互いに必要とし合っている。
②教える関係           教える側が優位。
③カウンセリングの関係     問題解決してほしい人とサポートする人の関係。
④マネジメントの関係      管理する人とされる関係。通常マネージャーが問題を抱える。

ということです。

実は、、、私は愛妻・美紀と結婚前はよく練習をしました。

それがなんと結婚後、二人ではまず練習することもなくなりました。

原因は私が壊れてきてしまうからです。
私から、拒否するようになりました。

ミックスダブルスも結婚後、2、3回出ただけで現在ではまず組みません。
今後のことは、わかりませんが今のところ予定はありません。

この不思議な関係。。。なんででしょう?

4つの形から推測すると、、、

最初は、②の教える関係だったのかもしれません。

そこに①愛・友情の関係が入ってきます。

美紀はテニスでの悩みなどを私に相談しました。

私は③のカウンセリングを求めているんだろうと思い、サポートをします。
また、②の教える関係で上から目線で強制的になったりしていたかもしれません。

しかし(多分)、美紀の側からすると①の愛・友情の関係を求めていたのかもしれません。

そこで、関係がこじれてきます。
ギクシャクしてきます。

お互いが欲求充足できません。

夫婦でのミックスダブルスがうまくいかないとよく聞きます。
私達を含めこれが原因なのかな?などと思ってしまいます。

もちろん、夫婦でも仲良くミックスを組んでいる人達も多くいますね。
素晴らしいですね。尊敬します。

選択理論心理学には「責任の概念」があります。

責任とは、他人の欲求充足の邪魔をしないで、自分の欲求を充足すること。

自分がコントロールしているもの、していないものが何か?
それを理解することで誰でも自分の人生をより効果的にコントロールすることができる。

「他人と過去は変えられない。」←コントロールできない。

「自分と未来は変えられる。」←コントロールできる。

私の場合、変えられない相手を変えて自分の欲求を充足しようとしていたのかもしれません。(多分そうです)

もしかしたら、また夫婦ミックスにでることがあるかも???

などと感じております。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-03-24 06:44
<< 表情の力 同窓会 >>