旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

肘と膝が。。。

3月も終わり間近です。
早いです。
新年度がスタートします。

4月になると、市民大会ダブルスが始まります。
週末は賑やかでしょう。
私は45才以上でどういうわけか第2シード。
ベストを尽くします。経過重視でいきます。

もう一つ、東京オープン45才以上シングルスにエントリーしてます。
場所は有明のハードコート。
試合時間が短かくなると思うので、私はオムニよりハードの方が好きです。
それでも試合時間は長いです。

試合が近いということもあり、最近ようやく自分の練習を始めました。
おかげで、現在左膝と右肘が痛いです。
でも大丈夫です。
治っちゃいますから。
私の場合、痛めていることを忘れるようにしています。
すると、いつのまにか治ってます。
だから、心配していません。

コーチたるもの、日々の精進が大切。

とずっと思っていた私ですが、ここ数年練習量は減ってきています。
走りこみもサボってます。筋トレはほぼゼロです。

言い訳①経営者になったから。
言い訳②子供ができ、家族の時間を増やそうと思うから。
言い訳③レッスンで疲れて練習する気力が湧かないから。

などが思い浮かびます。

ということで、この言い訳を払拭するためにも
日々のタイム・マネジメントは重要ですね。

疲れて練習できないなら、栄養を摂ることや、エネルギーを貯める努力をすればいい。
1日は24時間あります。
仕事の時間、家族の時間、休養する時間を差っぴいても30分くらいは練習できる時間は創れそうですね。

選択理論でいう創造性を活かしたい。

まあ、言い訳なんて所詮「防御された嘘」ですから。

要は、「する」と決めることなんでしょうね。私の場合。

少しづつ、微力で頑張ります。

外は雪、ラジオでは「なごり雪」が流れております。
行って来ます。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-03-26 07:00
<< 同世代 表情の力 >>