旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ビギナークラス第4戦

4月は、順調に毎日ブログを更新してましたが、少し体調を崩してしまい久々の更新になります。

書きたいことがたくさんあります。
4月7日(火)は私も会員になっている日本プロスピーカー協会のプロスピーカー試験を友人が受験し、見事一発合格しました。

翌日8日は私の46回目の誕生日。
たくさんのお祝いメールをいただきました。ありがとうございました。
もちろん、家族でお祝いもしました。

この2件については後日、たっぷりと書きたいと思います。

そして、昨日9日木曜日。
13:00よりグレイスTC女子ダブルスシリーズのビギナークラスが開催されました。
12組のエントリーで行われる本大会。
3チーム1ブロックでのリーグ戦。それから1位トーナメント。2位と3位の方達は練習マッチを行います。

今回優勝されたのは、地元グレイスTCの会員の林・真野組でした。
f0145325_5563125.jpg

おめでとうございます。

お二人共、日頃から大変練習熱心で頑張っておられます。
継続してれば、努力は実るんですね。

さて、試合やゲーム練習をしていてパートナーのプレーに「???」って思ったことはありませんか?

または、パートナーに「今のはもっと、・・・・・・したほうがいいよ。」などと言われて頭が混乱してしまったことなど。。。

超当たり前ですが、ダブルスは一人ではできません。

選択理論心理学では「過去と他人は変えられない。」と言っています。

まず、パートナーを変えようとしないことが大事ですね。

そのためには、パートナーの良い所を承認してあげることが大切になります。

盗み聞きしてるわけではありませんが、試合後のペア同士の振り返りの話を聞いてると(聞いてしまうと)、ほとんどの方は悪かった所を振り返り修正をしようとされてます。

もちろん、間違いではないと思います。

「問題解決の秘訣は、問題点に焦点を当てないこと。」です。

じゃあどうすればいいの?って思いますよね。

「願望に焦点を当てましょう。」ということです。

自分はどうなりたいのか?
そのために、今何をしているのか?
その今していることで何が起きているか?
他に方法はないか?

などを、自己評価(セルフコントロール)するのはいかがでしょうか?

こうなったら、こうやって。ああなったら、ああやって。などの戦術、作戦は「やり方」ですね。大事だと思います。

でも、もっともっと大切なのは、パートナーを信頼し承認し、常に励ましあうような「在り方」だと思うのです。

「在り方」という土台があっての「やり方」だと思うのです。

「やり方」だけだと、勝てなくなってくると、、、ペア解消。。。悲しい。。。

恋愛と一緒だと思います。

出合って間近の頃は、相手は何を考えてるんだろう?何が好きなんだろう?同じものを共有したいなぁ。なんて思ったことがありませんか?(私はあります)
相手中心だったあの頃。。。懐かしい。。。

それが、付き合いが始まると、、、自分のペース。自分中心。(私の場合ですが。。。)

ELTの歌にありましたね「出会った頃のように」。。。
あの気持ちを常にお互いが持ち寄れば、素敵なパートナーシップが継続できるんでしょぅね。

みなさんは、パートナーのことを本気で信頼してますか?
私も、自分に問いただしたいと思います。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-04-10 06:36
<< プロスピーカー・崎本正俊さん お弁当 >>