旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

リーダーとボス

選択理論心理学に基づいた強制のないマネジメントが「リードマネジメント」です。
リードマネージャー(リーダー)は人間関係が良好に業務ができるようにします。

更に、このリードマネジメンントに圧倒的な成果をプラスしたものが「ボース・ウィン・マネジメント」です。

反対に外的コントロールに基づく強制を使ったマネジメントが「ボスマネジメント」です。

多くの方の悩み事の85%は人間関係と言われています。

仕事の成績は一時的に良くても、職場の人間関係が悪いと永続性はありません。
最悪、病気になってしまいます。

リーダーとボスの違いをわかりやすく紹介します。

ボスは駆り立て、リーダーは導く。
ボスは権威に依存して、リーダーは協力を頼みとする。
ボスは「私」と言い、リーダーは「私達」と言う。
ボスは恐れを引き出し、リーダーは確信を育む。
ボスはどうするかを知っているが、リーダーはどうするかを示す。
ボスは恨みをつくりだし、リーダーは情熱を生み出す。
ボスは仕事を単調なものにし、リーダーは仕事を興味深くする。

こんな感じです。

みなさんはリーダーとボス、どちらが好きですか?

もし自分がされるとしたら、リードマネジメントがいいですか?ボスマネジメントがいいですか?

そのときの自分のモチベーションはどういう状態でしょうか?

一緒にテニスをする仲間との関係。
ダブルスのパートナーとの関係。

私はリードマネジメントをお薦めします。

よく1+1が2になるのがダブルスだと言います。

もし、1+1が3にも4にも、さらには∞(無限大)になるようなことができたら。

パートナーと圧倒的な成果を創造できたら。

パートナーを変えるという「人」にフォーカスすることより、二人の「願望」にフォーカスすることで最善と尽くせます。

リードマネジメントで、よりよい関係で、よりよいテニスライフを送ってみませんか?
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-04-26 07:40
<< 信頼、、、そして待つ 上質世界 >>