旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

信頼、、、そして待つ

事実は一つ、解釈は無数(青木仁志氏)

一つの出来事に対しての解釈は人の数だけありますね。
同じような解釈をする人を私達は「気の合う人」などといいます。

それでも、どんなに気の合う人でもたまには違う解釈をしたりします。

そのとき、自分と違う解釈を「間違い」だと捉えると関係が怪しくなり始めます。

「自分は正しい。相手は間違っている。」という考え方が争いの元になってしまいます。

違いは違いであって間違いではない。

私の好きな言葉です。

この言葉に出会ってから、楽になりました。
人との関係がよくなりました。
争いがなくなりました。(???正確には減りました。)

先週のワイドショーを一番騒がせた話題はSMAPの草彅さんの事件ではないでしょうか?

公然ワイセツで逮捕、警察へのファンからの電話、釈放され記者会見、香取慎吾さんの謝罪などといろいろあり、様々なコメントが掲載されてました。(mixiなど)

たくさんのコメントを読んでいて、まさに解釈は無数を感じました。
私と違う解釈のコメントもたくさんありました。
当たり前ですね。違うんですから。

その私と違う解釈を認めることを意識して読みました。
自分が正しいと思ってしまうと、違う解釈に対して批判をしたり文句を言いたくなります。

私なりの解釈を述べさせていただくと、もう過去の出来事だと思います。
やってしまったことだからもう、変えることはできません。

完璧な人なんて存在しないんだから、これからどうなりたいかに焦点を当てたほうがいいと思います。

同情する気持ちもあります。
草彅さんは「つい楽しくて飲みすぎてしまった。」と言ってました。

この「つい楽しくて」ということに、ものすごく共感します。
私も、好きな人達と飲んでいると酔ってきているのに気付かず、つい飲み過ぎてしまいます。
過去に一度、あまりに飲み過ぎて二日酔いになり当日のレッスンを愛妻に全て代わってもらった経験があります。(反省してます。)

香取さんの謝罪では「信じたい。」と言ってました。
そうですね、私も信じたいです。信じます。

だから、待ちます。元気になって復帰してきてくれることを。
さらに成長した草彅さんに出会えることを。

「信頼」と「待つ」はセットですね。

夕食前によくある光景。
子供はご飯ができるまでテレビを見てます。

ママ:「ご飯ができたよ。テレビ消して。」

子供:「・・・・・」

ここでママが「早く消しなさいっていってるでしょ。(怒)」
とすぐに言ってしまうのと、

黙って少し時間を与える、つまり待つことができるのではどう違ってくるでしょうか?

待つことには信頼が必要ですね。

ただ、時間的にも制約されることは多くあると思います。
事前に約束をしておくことも大切だと思います。

逆に自分のことを信頼して待っている人がいてくれると思ったら、、、どうでしょう?

自己評価が自然とおこってくるのではないでしょうか?

私だったら、「過ちを犯した自分を信じてくれる仲間が一人でもいてくれる。」
そう思っただけで、嬉しいし期待に応えられるように改善しようと努力すると思います。

香取さんのコメントに草彅さんもきっと勇気を与えてもらったと思います。

自分のことを信頼して待っていてくれる仲間がいるっていいですね。

ガンバレ!ツヨポン!
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-04-27 06:53
<< スイッチ・オフ リーダーとボス >>