旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

伝説のチャンピオン

先日、終了したウィンブルドン。
フェデラー選手の6回目に優勝という結果でした。

そして、グランドスラム歴代最高の15勝達成。!
素晴らしいですね。

残念ながらケガのため欠場したナダル選手と比較されがちですが、ケガもせず常に(何大会連続だったっけ?)ベスト4以上をキープしてきたのですから、これもすごいです。

真のチャンピオン、、、なんてよく表現しますね。

私の中の真のチャンピオン。



それは、やっぱりジョン・マッケンロー選手なのです。

ウィンブルドン3勝、全米4勝と合計7勝です。

でもこれはシングルスの話。

ウィンブルドンでボルグ選手の6連覇を阻止した1981年。
そのあと、83年、84年と3回優勝してますが、全て単複の2冠なのです。

アガシ選手、サンプラス選手、フェデラー選手、ナダル選手などはシングルスのみのエントリーです。

マッケンロー選手は5セットマッチのシングルスを戦いながらダブルスも戦っていました。
タフですね~。

ツアーのスケジュールがハードで疲れそうなときは、シングルスをキャンセルしてダブルスだけ出場してりもしていました。

ダブルス・パートナーのピーター・フレミング選手はマッケンロー選手のことをものすごく慕っていましたね。

あのコート上で審判に悪態をつくことから“悪童”と呼ばれていたマッケンロー選手でしたが、とてもパートナー思いの優しい人だったようです。

そんなマッケンロー選手が私の中での歴代ナンバー1チャンピオンです。

みなさんにとってのナンバー1チャンピオンは誰ですか?
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-07-16 12:10
<< イベントのお知らせ・・・など ただただ・・・感謝! >>