旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アチキッズ2009、無事終了!

行ってきました、アチキッズ。
今年も感動のフィナーレでした。
f0145325_685644.jpg


そして、今朝は猛烈な筋肉痛です。

アチキッズは小学校1年生~高校3年生までの子供達が一緒に学びます。
共同学習ですね。
年齢がバラバラの6~7人のグループに別れ私達アシスタント(先生)が二人づつ担任をします。

アチキッズの名物はなんといっても休憩時間。
でも休憩なんてできません。
子供と一緒に身体と身体でガチで遊びます。
f0145325_6154286.jpg

f0145325_616733.jpg


今回、アシスタントに入るのに、自分なりに決めていたことがあります。

それは、、、

とにかく子供達の身体を触りまくる。。。

変な意味に解釈しないでください。

ハグですね。
しまくろうと思って行きました。

もちろん、小学校高学年以上の女の子にはしてませんよ。(退場させられちゃいますからね。)

頭をなでたり、肩を組んだり、抱きしめたり、頬を押し付けたり。。。

メイントレーナーの佐藤英郎先生の話をきくとき、グループで地面に座って聞きます。
このときも、子供達は誰かしら私の膝にやってきます。
後半は取り合いになります。

膝に座った子供を後ろからムギューします。
いやがる子供は一人もいません。
f0145325_5555542.jpg


遊びの時間は、風船、大縄跳び、鬼ごっこ、ハンカチ落とし、野球、おんぶに肩車、などなど。
先生は子供達のシモベのように頑張ります。

私は何故か、肩車が人気。
肩車の状態で激走し、急停止し、左右、前後と乱暴に振り回します。
これが以外と子供達に大人気。(後悔)

次々と、「カントク、やってやって!」とチビッコ達がやってきます。
(私のアチキッズのニックネームはカントク先生です。)

アチキッズは授業中のほうが休めます。
カリキュラムが進むに連れ後頭部に違和感。
股関節が悲鳴をあげていきます。
明日、仕事できるかな?と不安にもなりました。

今朝は予想通り(以上)の筋肉痛。

よく「テニスコーチやってるのに筋肉痛になるんですね。」
と不思議がられますが、テニスとは行ってる行動が全く違います。

背中全体も痛い。股関節が。。。年かなぁ?
来年もアチキッズ・アシスタント行きたいけど、、、これじゃ無理かなぁ?

でもなぁ。。。

エンディングが近づくに連れて一人の男の子が私に言いました。
とってもヤンチャで私の言うことなど全く聞いてくれないかわいい男の子。
「もうすぐ、カントクとお別れだね。大好きだよ、カントク。来年も来る?」

嬉しかったです。(泣かせるんじゃねー。)と思いました。

「どうかな?多分来るんじゃないかな?」

「じゃあ、僕も来れるようにお母さんにたのむね。」

言葉が出ない。。。ありがとう。

素敵な出会いがたくさんありました。

子供達に多くのことを教えてもらいました。

全ての子供がそのままでいいということ。

子供は待っているということ。

子供は認めてもらうのが大好きなこと。

大人が余計な強制を用いて変えようとしないこと。

まだまだあります。

メイントレーナーの佐藤英郎先生とサブトレーナーの橋本拓也先生。
f0145325_643230.jpg

お二人のことは次回、ゆっくり書きたいと思います。

残りの夏休みも子供達にもらったパワーで突っ走ります。
f0145325_655717.jpg

みなさん、ありがとうございました。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-08-06 06:06
<< 佐藤英郎トレーナー&橋本拓也ト... トリグロ >>