旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

行動の選択

私達は毎日、たくさんの行動をします。
朝起きる、食事をする、顔を洗う、車を運転する、など。
たくさんの行動の連続です。(選択理論では全行動といいます)

その行動は、私達が選択して行っています。

私達は行動を選択するときに、決断をしています。

私達は自分で決めた行動をしています。

その行動を少し振り返ってみたいと思います。



というのも、先日の『アチキッズ』には6つのテーマがありました。

①挨拶をしよう。
②「ありがとう」を言おう。
③クツをそろえよう。
④親に感謝しよう。
⑤自分の良い所をたくさん見つけよう。
⑥友達と仲良くしよう。


どうでしょうか?

子供に教育するという前に、自分の普段の行動を振り返ってみるのにいい機会だと思いました。

④の『親に感謝しよう。』は『子供に感謝しよう。』にもなりますね。

子供達に教える、やらせるという前に自分がしているか?

う~ん、当然ですが私は100%完璧ではありません。
また、完璧に行う必要もないと思います。

「大人にできてないことが、子供にできるわけがないだろう。」
という声が聞こえてきそうです。

そうですよね。ごもっとも。。。

しかし、100%完璧は存在しないと思います。

私はときどき、挨拶を忘れます。
「ありがとう。」を言わずに、よく愛妻に怒られます。
クツをそろえるのを忘れます。

でも行う努力は続けています。



パパと一緒に学び続けよう。

一生学び続けよう


というメッセージでいいと思うのです。

ですから、「やりなさい。」という強制は必要ないんですね。



黄金律…何事でも自分がしてほしいと思うことを、他の人にもそのようにしなさい。



があります。

挨拶する子に育って欲しかったら、大人から挨拶することですね。
「ありがとう」を積極的に大人が使うことですね。
親から子供に感謝することですね。



私達は日々、行動を選択し決断をしています。

行動はその瞬間、過去になります。

責任ある行動を選択していきましょう。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-08-11 06:01
<< 何が上手くできましたか? ビーチテニス >>