旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

何が上手くできましたか?

「何が上手くできましたか?」

「あなたの長所は何ですか?(どこですか?)」


私がよく使う質問です。

この質問をすると、相手の願望(選択理論では上質世界と言います。)に入るきっかけとなります。

この質問をすると、私が相手に対して肯定的な関心を持っていることが伝わります。

この質問が相手の上達(成長)に役に立ちます。(と信じてます。)



更に、「今度行うとしたらどうしたいですか?」という質問をします。

この質問は、ものすごく自己評価を促します。

私が、こうしたほうがいい、ああしたほうがいい、などとは言いません。

あえて言うならば「私ならこうするかな?」「こうやってる人もいるよ。」みたいな情報提供です。

選択肢を与えて、選んでもらいます。



この質問が、選手たちの創造性を養います。



試合で上手くできなかったことを反省し、練習で改善して、また試合に挑む。

というのもありますね。

私はあまりお薦めしませんが。。。

なぜなら、、、

練習でできたことが、試合でできるとは限らないからです。


「上手くできたこと」は、すでに「できていること」です。「やっていること」です。

試合で実際にできていることを振り返り、さらにそこを伸ばすのはいかかでしょうか?


う~ん、どうもなぁ?そうかなぁ?

「自分の弱点を攻められたら勝てないじゃないか。」

って思いますか?



確かにそんな気もしますね。

そう思う方には、こんな考え方はいかがでしょう。

「私が相手の弱点を攻める。」

こう考えたら自分の弱点(短所)を矯正する必要はないですね。



それに「弱点を攻められる」ということは、相手が攻めてくるパターンもわかるということです。

対応はいくらでもあるはずです。

創造性が大事ですね。



テニス以外でも、自分のいいところ、良かったところを振り返る習慣をつけたいですね。

私も努力しています。


自分にも、他人にも訊いてみてください。

「何が上手くできましたか?」

「あなたの長所はどこですか?」

f0145325_6193580.jpg

[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-08-12 06:12
<< お盆 行動の選択 >>