旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

外的コントロール依存症

選択理論心理学の提唱者、アメリカの精神科医ウィリアム・グラッサー博士。
その奥様で、インストラクターでもあるカーリーン夫人。

ご夫妻が来日されたとき、渡邊奈都子さん(選択理論心理士、プラクティカム・インストラクター)がお二人に質問したそうです。

「グラッサー博士やカーリーン夫人くらいになると、もう外的コントロールを使うことなんてないんでしょうね?」

すると、カーリーン夫人はこう応えたそうです。

「私達は、みな外的コントロール依存症ですよ。」

さらに続けて

「アルコール依存症の人は、毎朝『今日はお酒を飲まないぞ。』と思って一日をスタートし、毎晩『今日はアルコールを飲まないで過ごせたてよかった。ホッ』とします。」

「私達は毎朝『今日は外的コントロール』を使わないぞ。』と思い、夜『今日は外的コントロールを使わずにすんだ。』と思ってホッとするんです。だから、私達は外的コントロール依存症なんですよ。」

という話を聞いたことがあります。

私のような、つい外的コントロールに走ろうとしたり、走ってしまう人にとっては大変安心する話です。



というのも、昨日は休みで家族で行動してました。

子供達の「あれしたい。」「これしたい。」「あれ買って。」など、、、に笑顔で応対していました。

全部、「ダメだよ。」ばかりでもよくないと思い、事前に回数や時間を約束したりして、楽しく過ごしておりました。

夕方から近所の縁日に行きました。
すごい人、人、人。

どちらかというと、下町の縁日。
道路の端ではビニールシートを引いて酒盛りをしています。

私達は食べ物やゲームなどを楽しみ、子供の保育園の友達にバッタリ会って記念撮影したりしてました。

事件は帰り道に起きました。

私は子供の食べ終わったかき氷のコップを持っていました。

そこへハルくんが買った剣(スターウォーズみたいに光る剣)をもって登場。
振り回したら私の持っていたコップに当たりました。
コップは飛び、中に少量残っていたシロップが私にかかりました。

再三、「人に当たったら危ないから振り回したらダメだよ。」と言っていたのに。。。

私は外的を選択してしまいました。
一人そそくさと足早に家に帰りました。

すでに道中、フィードバック。
剣を買ってあげたのは私。子供に振り回すなと言ったところで無理な要求かも?
かき氷を買ってあげたのも私。

元を辿っていくと結局責任は私。

ハル君に謝ろう。

本当に私は外的コントロール依存症だな。
外的を選択するのは簡単なことだな。

まだまだだな、当たり前だけど。
ブログに偉そうなこと書いてるけど、この有り様。

ブログにはこのこと書くのやめようかな?
でもな、佐藤英郎先生は隠さず話してくれるしな。。。

やっぱり書こう。

後から帰ってきたハル君に謝りました。

赦してくれました。

私の外的コントロール依存症は一生治りません。
ならば、仲良く付き合っていくしかありません。



8月最後の休日の出来事でした。
f0145325_612218.jpg

[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-08-30 05:50
<< 8月最終日 コメントに感謝 >>