旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

みなさんに感謝!

いつもこのブログを読んでくれるみなさん、、、ありがとうございます。
書いている私としては訪問数が気になるのですが、先日2回ほど1日に100件を越える訪問をいただきました。嬉しいです。

『1日に100件以上』を目標にしていました。
みなさんのおかげで達成できました。
ありがとうございました。これからも、よろしくお願いします。

私がこのブログで伝えたいこと。
タイトルにありますが、『在り方』をメッセージしたいと思ってます。

現在、私が非常に興味深く学んでいることです。

学生アルバイトから始めて、現在までコーチ歴は26年となりました。
いろいろなことを学びました。

自分の技術、指導の技術、礼儀、マナー、顧客への対応、などなど。

正直言いますが、「コーチを辞めたい。」とか「何でコーチになっちゃんたんだろう。」とか思ったことは何度もありました。

それでも、今こうしてテニスコーチをしていられるのは、やっぱり周りにいる家族をはじめとする多くの方の支えのおかげなんだと感じます。

多くの人に、励ましてもらったり支援していただいてるおかげです。

だから、私はテニスコーチという仕事を選択し続けてるのだと思います。

ただただ、感謝です。




『他人と過去は変えられない。自分と未来は変えられえる。』

言い換えれば、他人を変えようとしないこと。
自分は他人にコントロールされていないこと。

このことは、現在の私に大きな影響を与えています。



さらに、「私は正しい。」という考え方が人間関係をこじらせていくということも感じてます。

自分の『思い』に信念を持つことは大切です。

でも、その信念は自分だけのものであって他人にはあてはまらないかもしれませんね。

自分の信念と違う意見に対して「それは間違いです。」と言ってしまうと関係が悪くなります。

『間違い』ではなく『違い』なのです。

『間違い』と思うと、相手のその意見を批判したりします。

批判をされた相手の人はどんな気分でしょうか?


『違い』をお互いが認め合えたら、どんな人間関係が築けるでしょうか?

承認が今の私の最大のテーマです。


他人を変えようとしないこと。

私の『正しさ』を相手に押し付けないこと。


この二つのことが現在の私の指導に役に立っています。

ただ、私に変えて欲しいと思ってレッスンに参加する方には物足りないようですが。。。



『在り方』と言われてピンと来ない方もいると思います。

それでいいと思います。

自分らしくが『在り方』だと思います。
f0145325_662582.jpg


テニスには最適な季節です。

ベストを尽くしましょう。

今日も、読んでいただきありがとうございました。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-09-07 06:03
<< ベストを尽くす~ボース・ウィ... 上質な会話 >>