旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

結婚は学び。

私達夫婦は現在夫婦歴14年目を迎えています。
多くの方に支えていただきここまできました。
これからもよろしくお願いします。

昔は、よく(特に女性は)ゴールインなんて言いましたね。
でも、結婚は本当にスタートだと思います。

私は結婚して、『夫』という役割が増えました。
さらに子供ができて『父親』という役割も。。。

多くのことを学びました。
これからもたくさん学びがあると思います。

相手の目線に立つ。

大事なことですよね。
多分、多くの方は日々行っているのではないでしょうか?

セールスマンは顧客の目線、コーチは生徒の目線、経営者は社員や株主の目線に立って物事を考えているのではないでしょうか?

それが、夫婦になるとちょっと難しいいようです。

う~ん、『素直』さが欠けてしまうのかな?

子供が生まれてしばらくは母親は育児に追われます。
父親は昼間、仕事に行きます。(多分)

母親の目線に立つと、仕事にいくご主人が「自由でいいな~。」と思うのではないでしょうか?
子供から開放されるわけですからね。

でも父親にしてみれば、「家族のために頑張ってるんだ。」みたいに思ったり。

どこか自己中心性が現れてきてしまう。(人は元来、自己中心だそうです。)

この意見がぶつかり合うと「何よ、自分ばっかり。。。」となってくるのではないでしょうか?

選択理論のおかげで、私はどうにかこの争いは回避できました。

私は仕事に行ってる間、選択の自由があります。

例えば、ランチ。
何を食べようか、そのときの気分で選択できます。

家で一日育児に追われている母親達にはこの選択の自由はないかもしれません。

相手の目線を認めることは大切だと感じてます。

結婚したおかげで学べます。



昨今、『コンカツ』という言葉が流行っています。
いいと思います。

お互いに成長できるような、学び合えるような相手を見つけることをお薦めします。

まだ、婚歴13年の若輩者がえらそうにすみません。

結婚はいいですよ。。。
f0145325_5492127.jpg

[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-09-09 05:49
<< グレイス男子ダブルス、ドロー発表 ベストを尽くす~ボース・ウィ... >>