旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

黄金律

「何事でも自分がしてもらいたいことは、他の人にもそのようにしなさい。」

何度か紹介してます、黄金律。
英語で言うと、ゴールデン・ルール

永遠に不変の原理。

この黄金律への3つのステップがあります。

①自分が人にされたくないことは、人にしない。

②自分が人にしてもらいたいことは、まず自分にしてあげる。

③自分が人にしてもらいたいことは、人にしてあげる。

となるそうです。(アシスタント・トレーニング、大杖正信トレーナー)

①は最近、自分の子供に注意するときによく使います。
子供にはよくあるようですが、口より先に手が出てしまうようです。

兄弟でケンカをします。
「ぶたれた人はどんな気持ちだと思う?」
「もし、ハルくんだったらどうしてもらいたい?」
などと自己評価を促します。

まあ、その場では納得しますが、1時間も経てば綺麗サッパリ忘れています。
信頼して継続していきたいと思ってます。



さらに、黄金率(黄金比)があります。

自分:相手=6:4

という数字です。

えっ、5:5じゃないの?
って思いますか?

この6:4について、先日のチームビルダー研修では深く学んできました。
が、うまく言葉で言い表せません。

どちらかというと体感してきました。

非常に楽な状態ですよ、6:4は。
身体的にも精神的にも楽です。


モヤモヤしてもっと詳しく知りたい方は、

『人は無理数で生きる』~企業と人間の秘められた願望~田上昌賢(たのうえ しょうけん)著 星雲社

という本を読んでみてください。
6:4は無理数です。



私達のテニスに置き換えて考えてみたいですね。

ダブルスで、パートナーにしてもらいたいことは何でしょうか?
私達はパートナーにしてもらいたいことを、パートナーにしているでしょうか?

私達コーチは生徒や選手に何をしてもらいたいでしょうか?

自分が何をしてあげたらいいか、自然とわかってきますね。



黄金律の素晴らしいところは「自分が...」で始まるところだと思います。

私達は元来、ジコチュー。
自分以上に他人を大切にはできません。

でも、自分と同じように大切にすることはできるはずです。

もっと、他者(家族も含みます)を大切にしたかったら。。。

もっと、他者を承認したかったら。。。



私達は、自分を承認し大切にしていきたいですね。



今日の午前中、横浜(神奈川県)は台風が最接近するそうです。
午後は晴れるらしい。
ビギナークラスの試合はどうなるかなぁ?中止かなぁ?

最善を尽くします。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-10-08 06:53
<< 台風一過 プレッシャー >>