旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

『俺がついている』

昨日のつづきになります。
『ウイニング・アグリー』、今もなお読み返してます。

サブタイトルは、、、

『俺がついている』

いい言葉だなぁ、と感じてます。
素晴らしい承認の言葉ですね。

私も周りの人に、こんなことを言ってもらえたら超ハッピーですね。

コーチと選手以外でも言えると思います。
夫婦、上司と部下、先輩と後輩、ダブルス・パートナー、チームメート。

やっぱり『愛』なんですね。

私が『愛』というテーマに深くはまったのは、中学3年生のとき、
映画『さらば宇宙戦艦ヤマト』を観たときでした。

素晴らしい作品でしたね。
1作目より、はるかに感動したのをはっきりと覚えています。
(続編がなければもっとよかったのに・・・)

ボース・ウィン・マネジメント(双方勝利のマネジメント)ではやはり『愛』が土台にあります。

ただ、『愛』って何?みたいな感じもありますね。

シンプルに言いますと、、、『存在承認』です。

あなたがいてくれるだけでいい。
あなたの存在そのものに感謝。

テニススクールにくるキッズやジュニアの子供達。
ときどき、私をイライラさせたり、ムッとさせたりしてくれます。

でもその行動だけを見るのではなく、存在を認めること。
今日も来てくれてありがとう、という感謝をすること。

練習をまじめにやんなくたっていいんです。(やりたくないなら。。。)
私達大人が、承認してあげればきっと子供達は応えてくれるはずです。

『愛』=『存在承認』

言うのは簡単です。
なかなか、、、難しい。
だから、努力できるんですね。

土台をきっちり構築していきたいと思います。



今朝は静か。
台風は遠ざかり、午前中は風が強いそうです。

レッスンは大変かな?
それでも、テニスをしに来てくれるみなさんに感謝です。

みなさんには、、、「俺がついている。」

(カッコつけすぎ?照れる。。。)
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-10-27 05:49
<< 優先順位 コーチ愛 >>