旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

教育

先日放送された、テレビ番組『エチカの鏡』。
録画して置いたので見ました。
みなさん、見ましたか?

脳科学おばあちゃんの久保田カヨ子さん

スーパー園児を育てる横峰吉文さん

伝説のマナー講師・平林都さん

3人の方が教育について語ってくれました。

やはり、人生の大先輩の言うことはすごいですね。

なるほど、、、と思うこともたくさんありました。
でも、???て思うことも。(解釈は無数ですから。)

横峰さんの保育園では男の子はレスリングをしています。
昔は、喧嘩で学ぶこともたくさんあったとのこと。

女の子は、生まれながらに母性本能を持っている。
男の子にはない。

男の子は、抱きしめるのではなく、突き放すのも必要。

久保田カヨ子さんは、子供のに付き合ってあげることを言ってました。

中には、脅しや、罰を与えることも言ってました。

選択理論とはやはり違いますが、それもありなのかな、、、、と思いました。

ただ、私がそういったことを選択するかどうかはわかりません。



話を聴いていて思うことは、教育の土台にあるものは『愛』なんだな、ということです。

昔も今も、きっとこれからもそれだけは変わらないんでしょうね。

ただ表現の仕方が違うだけのこと。


でもなぁ~。
(私の個人的意見です。)

愛することは、相手の存在を承認すること。という原則に従えば、怒ったり、脅したり、罰を与えたりしなくてもいいような気がするのです。

あなたは、あなたのままで素晴らしい。

あなたが、あなたでいてくれてありがとう。

私の目には、あなたは高価で尊い。なぜなら私はあなたを愛している。



ん~、やっぱり罰は与えられないなぁ。

黄金律【なにごとでも、自分がして欲しいことを、他の人にもそのようにしなさい。】

に従えば、私は脅されたり、罰を与えられたくないです。

やはり、承認してもらいたい。(力の欲求)
突き放されるより、抱きしめられたい。(愛・所属の欲求)
自分で(選択肢の中から)決めたい。(自由の欲求)
楽しみたい。(楽しみの欲求)

相手にそう関わりたいですね。



私が正しいを思うと、周りの情報に鈍感になります。

素直になって、情報を取り入れていきたいです。



まだまだ、父親年齢5歳の若輩ものです。



みなさんも、大先輩からの情報を素直に受け入れて、私達なりの選択をしていきましょう。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-11-02 06:13
<< 質と量 キッズテニス >>