旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

質と量

練習の量と練習の質。

どっちが大切でしょうか?

どっちも大切ですね。

どちらかと言えば、、、どっちでしょう?


例えば、、、
みなさんが朝ご飯を寝坊かなにかしらの理由で食べれませんでした。
お昼ごはんも忙しくて食べることができませんでした。
お腹ペコペコです。

夜、やっとご飯が食べることができます。

そのとき、みなさんの前に出てきたのは

特上のオオトロ一巻(お寿司が苦手な人は違うもの。キャビアだけとか。)と吉野家の牛丼(大盛り)。
どちらか一方だけ食べることができます。


さあ、WHich?


私だったら、なんの迷いもなく牛丼を食べます。
お腹ペコペコですからね。
まずは、空腹を満たしたいはずです。


テニスの練習もやはり量が先になるように感じます。

練習量をこなした上で、質のある練習を取り入れたほうがいいように思えます。


ウィークエンド・プレーヤーの方は、週に2~3時間くらいしか練習時間が取れないのではないでしょうか?

いくら質のいい練習をしても、運動量と球数を多くしたほうが効果はあると思います。

平日、テニスクラブで練習する主婦プレーヤーのみなさんの中には、週に一回とかレッスンを受けに行っていると思います。
クラブで量をこなし、レッスンで質を高める。
非常に理想的だと思います。


私の勝手な意見ですが、まずは量(運動量、球数)をたくさんこなしましょう。

そして、質を高めて上質なテニスを目指しましょう。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-11-03 08:31
<< 寒さと乾燥 教育 >>