旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

3つの学習法~②コーチング

ティーチングは、最初teacherの方からstudentへの働きかけで始まります。

コーチングは、clientからcoachへの働きかけで始まります。
コーチ(ここからカタカナ)は、選手の可能性を引き出します。

コーチは質問をしながら選手の意見を聞き、引き出していきます。
強制することなく、提案や選択肢を与えていきます。

テニスのグループレッスンでは、少々難しい方法です。
でも、一人ひとりとの時間(マンツーマン)をわずかでも取ることで
選手や生徒に質問することができます。
多くのテニススクールではこの方法を取り入れています。

コーチングは3つの援助でいうと、アシストをする感じでしょうか?
選手や生徒は達成感が得られます。
コーチがすることはお手伝いです。
選手達を上達させることではありません。

選手が「上達したい。」という欲求を満たすお手伝いをする。
選択理論で言う『責任』です。

テニスは見た目の優雅さとは違って、孤独でハードなスポーツです。
選手一人だけで戦います。(昨今、変わってきてるようですが。。。)
試合中、コーチができること。。。

ただ、見守ること。応援すること。励ますこと。

ティーチングからコーチングへ。
ヘルプからアシストへ。

選手や生徒の能力アップに伴い、変えていきたいですね。
選手や生徒の変化を感じることもコーチのスキルのひとつですね。

さて、最後は私が最も目指す学習方法。
ラーニングです。

つづく。。。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2010-03-25 06:54
<< 3つの学習法~③ラーニング 3つの学習法~①ティーチング >>