旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

トレーニングの5つの基本原則

今日も暑かった。10日連続真夏日とのこと。夏大好き、暑いの大好きな私には最高です。すみません。ウソです。ハードコート上はたぶん40度を越えてると思われます。
f0145325_2121472.jpg


f0145325_2114482.jpg


暑いのでトレーニングについて書こうと思います。全く関連性はありません。
ご存知の方も多いとは思いますが、トレーニングには「5つの基本原則」があります。

1.全面性の原則体力を片寄りのないように発達させる。もっと広い意味で、「心技体」をオールラウンドに向上させようということ。

2.意識性の原則練習を行う選手自身が、その目的をよく理解していなければならない。目的意識を持って練習に取り組む。

3.漸進性の原則…トレーニング(練習)の内容を簡単なものから難しいものへ、弱いものから強いものへと少しづつレベルアップしていく。 

4.反復性の原則トレーニングは繰り返し行なうことによって、効果が初めて現れます。繰り返し反復する運動刺激が、身体にトレーニング効果をもたらします。

5.個別性の原則トレーニングは、ひとりひとりの能力に応じて行っていかなければならない。

この5つの原則はグレイステニススクールでも行っています。特に、4の反復性の原則と5の個別性の原則は当スクールの特長とも言えます。
私は大学生の頃からアルバイトコーチをしていました。その頃は学生でも1面チーフを任せられていたため、新しい期になる前に8週のカリキュラムをヘッドコーチやマネージャーに提出させられたりしていました。けっこう苦労して考えたカリキュラムなのに一度でもその通りにできたことはありませんでした。
よって私は「前回こういう練習をしたので今回はこういう練習をします。」ではなく「前回こういう練習をしたので、今回もまた同じ練習をします。」ということを感じました。当スクールでは毎週レッスンの内容は70%は前週と同じです。
繰り返し反復の中に、少しづつ漸進性を加えていきます。繰り返し反復こそが「わかる」「できる」に変える唯一の方法と考えています。
また、当スクールではお客さまがコーチと1対1でラリーをする時間が必ずあります。個別性の原則です。ここでも漸進性の原則を取り入れ、更に一人一人の方の目標設定にも役立てていただいています。

まだまだ暑い日は続くと思いますが、まだグレイステニススクールを受講したことのない方、無料体験受講は随時受け付けています。一度お立ち寄りください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

(参考文献「テニスのパワーアップトレーニング」友末亮三・著  大修館書店)
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-08-11 03:24
<< 生還 ジュニアの夏 >>