旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

生還

本日より東京毎日選手権、通称「毎トー」の40才以上シングルスに出場します。テニスよりもこの暑さがきつい。辛い。コートサイドで観戦してただけで具合が悪くなってしまった。試合に入って生きて戻ってこれるのだろうか?まさかもう家族に会えないなんてことはないだろうな。などと思いつつ出番を待つ。私は1RはBYEなので2R。相手は竹井賢一選手。グラウンドストロークは強烈でした。結果は6-3、4-6、6-7(4)の逆転負け。2ndは4-1アップからやっちゃいました。

ファイネルセットに入って、気分一新、即サービスブレークして2-0。ここで両足に違和感。まさか、、、ここでどこからともなくやってきました私の月光仮面(古い?)。お決まりの痙攣君参上。まあとにかくLet’s play tennisということで続けました。
2-3ダウンのコートチェンジにとき、「メディカルタイム」というのが3分1回とれるというので休憩。友人からサロンパスをもらい塗る。揉む。ちこっと回復。さあ頑張りますか。
2-4ダウンのあと、もうダメかなと思いながらもLet’s play tennis。足引きずりながらも頑張ってポイントを取ったら突然大歓声。ふと見るとコートサイドにTeam Yokohama(本日結成、本日解散)のみんな。熱い熱い熱い声援でやる気復活。3-5ダウンで2度相手にマッチポイント。4-5ダウンで3度相手にマッポ。なぜか全て挽回しちゃってタイブレークへ。タイブレも1-6ダウン。でもどうみても、これは私が勝つようになっている。と思い込み4-6まで挽回。次のポイント私がリターンミス。ゲームセット&ジ・エンド。気づけば4:30。1:00前にスタートしたので約3時間半試合をしてたことになります。よくやるよ。と思いながらコートを出た。「生きて帰ってこれた。ヤッター!」(試合で負けたことなんて忘れてる。)また家族に会える。幸せ。

正直、今大会もっと上まで狙っていたのでガックリですが、私はもっともっとテニスが上達する可能性があることがわかりました。非常に収穫のある試合でした。
そして、何よりも最後まで私のことを応援してくれたTeam yokohamaのみんなに感謝です。
みんな、どうもありがとうございました。明日も試合がある人は、クソ暑いけど頑張ってください。

私の試合の写真は撮れなかったので、Team Yokohamaのみんなとの写真をアップします。横浜の有名実力者ばかりです。
f0145325_2383447.jpg

[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-08-15 23:17
<< 関西オープン トレーニングの5つの基本原則 >>