旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

七つの習慣

みなさんは、テニス仲間との人間関係は良好ですか?
ダブルスのペアの方とはうまくいってますか?

私の学んでいる選択理論心理学の中から「七つの致命的習慣」をお話したいと思います。
私達はつい自分の願望を相手に押し付けようとしがちです。自分の思い通りにならないと次のような七つの致命的習慣を使って相手を変えようとします。

七つの致命的習慣(外的コントロール)
1.批判する
2.責める
3.文句を言う
4.ガミガミ言う
5.脅す
6.罰する
7.褒美で釣る

どうでしょうか?私自身この七つの習慣を意識して排除することで快適な関係が持てるようになりました。テニスではなく、愛妻に対してです。レッスンでも私のアドバイスを理解できない方を批判していたりいていたと思います。何度同じアドバイスをしてもできないとイライラして文句を言ったりしてました。
これらのことを辞めるだけでいい人間関係を築けてきたと思います。
さらに、次の「七つの身につけたい習慣」を取り入れるとより一層快適になります。

七つの身につけたい習慣
1.傾聴する(話をよく聴く)
2.受け入れる(認める)
3.励ます
4.支援する
5.信頼する
6.尊敬する
7.違いを交渉する(話し合う)

私は特に2番の「認める」という習慣が一番大事だと考えています。自分と違う考えを認める。相手の素晴らしさを認める。そこから会話が生まれます。
私はダブルスを今まで本当に多くの方達と組んできました。皆さん、素晴らしい選手ばかりでした。

まあ男だからかもしれませんが、ペアの配球やポジショニングなどに不満を感じたことは一度もありません。そして私も、自分が一番楽しいプレーをしています。そんな私のプレーを批判するペアは一人もいませんでした。

Deep Blueの人間関係は非常にいいです。誰も相手を変えようとはしません。ダブルスを組んでも、一緒に練習しても批判や文句はありません。自分で言うのもなんですが、Deep Blueの中に外的コントロールはありません。みな相手のことを尊敬しています。

ダブルスの試合中にペアのプレーに不満を感じた方、一緒に練習する仲間の考えを受け入れられない方。少しづつでかまいません。この悪い習慣を排除し、良い習慣をおこなってください。必ず最高の人間関係が築けます。

テニスは最高のスポーツです。最高のスポーツで最高の仲間達と最高の人間関係を築き上げていきましょう。

参考図書 「幸せを育む素敵な人間関係」柿谷寿美江著
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-10-13 00:36
<< グレイステニスクラブ会員親睦会 第32回横浜市民大会シングルス >>