旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

自分の長所を知ってますか?

私は今年でコーチ歴24年になります。
テニスは高校入学と同時に始め大学1年のときからアルバイトコーチをしていました。

初めて1面を任されたときはかなり緊張しました。スクール生は私にテニスを習うためにお金を払って来てくれていると思うと球出しする手も振るえました。
何か一つでもその人の「悪い所」を直してあげなければいけない。と思っていました。

悪い所を直してあげるのがコーチの仕事と勝手に思っていました。

今は当然違います。まず、相手の長所に焦点を当てるようにしています。それでもスクール生と話をするとみなさん自分の弱点を直してもらいたいようです。

みなさんはどうでしょう?自分の長所、自分の武器を知っていますか?
それとも弱点を直して完璧なプレーヤーを目指すタイプでしょうか?

私は最近、前者の考え方です。私はフォアハンドストロークがずっ~と苦手でした。今も苦手かな?でもそれが自分なんだと最近思うようになりました。それに変わるものが自分にはあるんだと思うようにしました。

団体戦などでベンチコーチについたときも選手の今いいところを伝えるようにしています。

逆に自分の欠点、弱点を批判されたり文句を言われたときは、自分の頭の中にその言葉を残さないようにしています。

今流行っているお笑い芸人、ムーディーさんと小島さん。
いいこと言いますよね。
自分が言われて気分が悪くなるような言葉は
「そんなの関係ねぇ~。」と思って「右から左へ聞きながす。」っていうのはどうでしょう?

相手は自分のために言ってくれているのだから、感謝しなければいけないとは思います。でも気分を悪くするようなことは、感謝だけして聞き流していいと思います。そうしないと身体を壊します。

アチーブメントの青木社長はそういうことは
「忘れる、無視する、気にしない。」と言っています。
私もこの言葉は好きです。

考え方を変えるだけで、本当に毎日が楽しく過ごせます。人間関係も快適です。

もっともっと自分の長所を見つけ出し、周りの人の長所を認めていきたいと思います。
コーチとしても選手達の長所を伸ばせるような指導を心掛けていきます。

みなさんも自分の長所をたくさん見つけてください。毎日楽しいですよ。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-10-17 00:44
<< ニューラケット グレイステニスクラブ会員親睦会 >>