旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

テニスコーチの役割

テニスコーチに求められるものとは何でしょう?

いきなり気難しい始まりですみません。

最近、コートで指導しながら思うことがあります。
一番はスクール生を上達させること。なのでしょうか?
テニスを楽しんでもらうこと。もそうでしょう。

野球、サッカー、バレーボールなどのコーチとテニスコーチの大きな違いは「試合中」にあると思います。
前者は試合中、アドバイスができます。試合中にいろいろなアイデア(情報)を提供できます。

後者(テニスコーチ)は選手の試合中はただ見守るだけです。アドバイスをすれば選手は失格となります。コーチは選手の試合後「おめでとう。」「お疲れ様」と声をかけるて振り返りをします。

この違いは大きいなと感じています。

心・技・体を伝えることは重要です。
そして何よりも選手には「自分自身を知る」ことが最重要テーマになると思います。

試合中、自分が「できること」と「やりたいこと」をしっかり区別できること。
背伸びせず、萎縮せず「等身大」でプレイすること。

これはわかっていても、なかなか実践できることではありません。
事実、私がそうです。

競った試合で勝利できたことを思いだすと、その試合は「等身大」でプレイしていたと思います。

エンジョイ・プレーヤーと選手ではこの辺を使い分けて指導することが大事だなと思っております。

エンジョイ・プレーヤーにはぜひ「やってみたい」プレーを体験していただきたいし、選手には試合当日の自分の「できること」を理解してプレーすることを身につけてもらいたいと思います。

プレーヤーの目標を明確にしていただきレッスンに参加いただければ上達度も変わってくると思います。

今年もみなさまの素晴らしいテニスライフに貢献します。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-01-09 07:10
<< ビギナークラス&気分 2008年グレイステニススクー... >>