旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

3セットマッチ

先日、ジュニアの選手とマッチをしました。
女子中学生相手に遠慮なくサービスを打ち、おまけにドロップショットもオプションでつけちゃいました。
6-1で私の勝利。

握手をしようとネットまで行くと彼女がニヤニヤしながら

「あれ?3セットマッチじゃないんですか?3セットマッチですよね?」

と言ってきました。

「わかったよ。2ndはダンゴつけてやる。」

と相手の要望に応えた私でした。

ダンゴの予定が1つ取られ4-1アップ。
まあ1stと同じかな。と思っておりました。

ところが、その辺りから変化がありました。

彼女のリターンが私のサービスに合ってきました。
元々サービスリターンが得意な選手なのですが、1stみたいに簡単にポイントが取れなくなりました。

リターンエースで4-4になってしまいました。

まあ、いつかは私が敵わなくなるときがくるのでしょうが、まだ早いだろう。
と、根性出して6-4で逃げ切りました。

やっぱり、テニスはこれなんだな。とつくづく思いました。

同じ相手から2セットを奪って初めて勝利と言えるんだろうな。

今回のマッチも2ndを彼女が取っていたら、ファイナルはどうなっていたかな?
だんだんショットも冴えてきていたし、私の打つ手はなかったかもしれません。

最近の草試合の主流は、1セットマッチのリーグ戦を戦ってから順位トーナメントというスタイルです。

最低2~3試合はできることを売りにしています。

まあ、練習試合みたいなもんでしょうね。

もちろん、そういう試合にたくさん出て経験を積むことは大切だと思います。

更なる向上を目指すなら、ときには3セットマッチのトーナメントに出ることも必要です。

試合とは、読んで字の如く「ためしあい」です。
日頃の練習の成果を試す場だと考えていいはずです。

先月のグレイス女子ダブルスオープンもそういうこだわりから3セットマッチにしています。

10月頃に行われる「田園ダブルス」も3セットマッチです。
探せばあるはずです。

テニスのもっともっと奥深い部分を知るためにも是非3セットマッチにチャレンジしてください。

私もチャレンジします。
フルセットになるとだいたい足が痙攣します。
でも頑張ります。

明日は仕事が早めに終わります。
その後、保育園に子供を迎えに行く予定です。
今日の朝から子供達はパパが迎えに来てくれるのを楽しみにしています。

早く、明日にな~れ。
おやすみなさい。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-02-28 01:42
<< クォリティースクール 発表会 >>