旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

未来について

朝5:00起床。
ラジオ(FMヨコハマ)のスイッチオン。
DJの栗原さん。私は大好き。

ゴルフ全米オープン・プレーオフが大詰めらしい。

あわててテレビのスイッチオン。
18番、タイガーウッズ、バーディーで追いつく。

サドンデス突入。

うわあ~、タイガーウッズ優勝しちゃいました。
トリプルグランドスラムらしいです。

私は普段ゴルフには全く興味なしです。
でも緊張しながら見てしまいました。

一流、しかも超一流はすごい。

多くの感動を与えていただきました。
ありがとうございました。

タイガーウッズは3才からゴルフをしてるそうです。
1才からクラブをおもちゃ代わりにしていたとも聞いてます。

お父さまが指導したとのこと。いいですね。

お父さまの会社に「早く帰ってきてゴルフしよう。」と電話をしてきたこともあったそうです。

決して親に強制されたわけではないのですね。

このことは野球のイチロー選手も言ってます。
自分から親に頼んで練習していたそうです。

本を紹介します。

「こうして伸ばす 子供の脳力 子供の学力」木俣佳文著(アチーブメント出版)
f0145325_62535100.jpg

著者の木俣さんは参議院議員です。

柔道のオリンピック金メダリスト・山下泰裕さんや脳の研究をされている東北大学教授・川島隆太さんや計7名の方と木俣さんとの会話形式の本です。

いろいろな分野からの子供達への教育について考えさせられました。

子供が変わってきているのではなく社会が変わってきていことや、親の子供への関わり方など大変勉強になりました。

自分の余命があと一ヶ月だとして遺書を書くとしたら何を書くかなぁ?

その遺書に書くようなことをいつも家族に言ってるかなぁ?

今の現実を当たり前と思って過ごしている。

周りの人達への感謝。
悔いない時間の使い方。
家族との時間の大切さ。
子供達には「夢」を持って生きてほしいという願い。

伝えたいことはたくさんあります。

そしてこの本を読んで一番感じたことは、親が教育をすることは大事ですが、同じくらい子供達に何を残すかも大事だと思いました。

夢を持たない子供が増えているとのことですが、大人が作った社会が子供に夢を持たせないのかもしれません。

もし子供が「スチュワーデスになりたい。」と言ったら

「なれるわけないでしょ。」と言うのか
「きっと、なれるよ。一緒に夢を叶えようね。」と言うのか。

親の関わり方で子供達は変わってくるはずです。

ブログを書いていたら娘(4才)が起きてきて、いきなりひらがなの勉強を始めました。

私の娘とは思えない。頑張って勉強してね。

さて、愛妻の作ってくれた朝ご飯を食べて今日も輝きます!
f0145325_6575134.jpg

いただきま~す!
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-06-17 06:58
<< アシスタントトレーニング 梅雨なのか・・・ >>