旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

人生いろいろ

7月3日(木)~5日(土)までダイナミックアドバンスコースにアシスタントとして参加してきました。
私はちょうど1年前にこのコースを受講しました。
今回はアシスタントです。受講生の願望の成就に貢献したいと思い、頑張ってきました。

今回、私のテーマは「傾聴すること」「質問すること」「迷ったら黄金律で。。。」と決めてました。

トレーナーは佐藤英郎先生。ディレクターは渚さん(後ほど詳しく紹介します。)アシスタントのリーダーに嶌村さん。私を含め8人のアシスタント。シニアプロスピーカーの谷中信彦さんもいらっしゃいました。

そして、何より素晴らしかったのは48名の受講生のみなさんでした。

48通りの人生、48通りの生き方を知りました。

それぞれの方の話を聴いて感動しました。泣きました。過去に辛い苦しい思いがある方もいらっしゃいました。

でも私にできることは何だろう?と考えたとき、その人の過去に同情しても何も生まれない。と思いました。

それより、その人の存在を承認すること。その人に出会えたことに感謝。
そして、その人の未来を応援し励ますことだと思いました。

テニスでも済んだポイントに「ああすべきだった」とか「もっとこうするべきだ」とか言うのではなく
「大丈夫」「頑張ろう」という承認と励ましを大切にしたいですね。

f0145325_035136.jpg

私が担当したグループです。チーム名は「ドラゴン」。昇っていこうという意味です。
素晴らしいみなさんでした。

f0145325_054478.jpg

「歩くコミットメント」ディレクターの渚さんです。

渚さんのつくった言葉で「やるか、するか、イエスか、ハイか。」という言葉があります。
4つの中から選択しなさい。ということです。

実は私は自分の試合中、丁寧にいこうかチャレンジしようか迷ったとき、この言葉を唱えます。
当然チャレンジします。
もちろん、その結果失敗することもあります。
でも、もしチャレンジしなかったら私は失敗すらできなかったことになります。
平凡を選択したことになりますね。

そしてコース終了後、すごくうれしいことがありました。

3月にボース・ウィン・マネジメント・アドバンスを一緒に受講した仲間から花束が届いたのです。しかも全員からのメッセージカード付き。
f0145325_0174579.jpg

うれしかった。感激でした。最高の3日間でした。
またいつかアシスタントやりたいな。

f0145325_0184434.jpg

アシスタントに共に入った金澤さん(向かって右)。北海道から来たんですよ。ソニー生命のトップセールスマンです。10月に(たぶん)ベーシックプロスピーカーになります。

向かって左は今回はアシスタントに入ってませんが、BWMA同期のけんちゃんです。
わざわざ私に花束を届けるために来てくれました。感謝です。

f0145325_0231491.jpg

今回のアシスタントの紅2点。ももへい(向かって左)とごっちゃん(向かって右)。
やりきってましたね。素敵でした。

この3日間で一番成長したのは私かもしれません。

ありがとうございました。

最後に、2泊3日の研修に参加することを認めてくれた愛妻・美紀に感謝です。
二人の子供達にも感謝です。

今回の研修にアシスタントとして参加して、家族の素晴らしさを改めて学びました。

長くなりました。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-07-07 00:14
<< ウサギとカメ 3つの壁突破法 >>