旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

存在承認

相手の行動が気になることってよくありますね。

もっと、こうしてほしい。それがあなたのため。

と思うとすぐ口に出してしまう。

でも、もし逆の立場だったらどう思うでしょうか?

自分は一生懸命やっていることを認めてもらえなかったら、、、

あまり気分はよくありませんね。

先日、あるお方から聞いた体験談。

その方はある勉強会に出席してました。
月に一度の勉強会。
毎回、次回への課題が出されるそうです。

その月、その方は前回からの課題を全くできてない状態で参加したそうです。

発表があるのですが、自分のグループの人の資料を借りて行ったそうです。

発表後、グループのメンバーやトレーナーからフィードバックがあるそうです。

その方は、きっとみんなから怒られるんだろうなぁ、まずいなぁ、と思っていたそうです。

ところが、グループのメンバーもトレーナーもその人の良かったところだけを指摘してきたそうです。
本人はビックリしたそうです。
そして、自分の中でものすごく自己評価がおきたそうです。

「課題も何もやってこなかったこんな自分を認めてくれた。
 次回は万全の準備をしてこよう。
 私のことを認めてくれたメンバーのためにも課題はきっちりやってこよう。」

もっと、こうすべきだとか、ああすべきだとか、実は自分の中でフィードバックは起きているんですね。
それを、周りの人が指摘しなくても本人はわかってるんですね。

この話を聞いて私は、もしいきなり課題をやってこなかったことに焦点を当ててフィードバックしてたら、その方は勉強会に来なくなってしまったんだろうな、と思いました。

課題をやってこなくても、ちゃんと勉強会に参加してくれた。
今日、一緒に学ぶことができる。
あなたが来てくれたことに感謝。
あなたがいてくれるだけで感謝。

これなんだな。存在承認

私の子供達は全く私にはコントロールできません。
ときどき、イライラします。

そんなとき、大声出して子供の行動を変えようとするより、
「私の子供として生まれてきてくれてありがとう。」
「あなたがいてくれるだけで私は幸せなんだよ。」
という存在承認が大切なんですね。

アチキッズに参加しても、このことは強く感じました。

今日は朝からすごい雷でした。
今は落ち着いたようです。

今日もテニスをしに来てくれるみなさんを承認していきます。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-08-29 06:12
<< 打ち上げ ベーシック・プロ・スピーカー >>