旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

市民大会45才以上シングルス決勝

身体が痛いです。
肩、脇、背中、腰、尻、太腿。。。
全身バリバリって感じです。

さて、前回からのつづきです。
準決勝後、協会理事の椛田さんに軽くマッサージをしていただき少し痙攣も和らぎました。
13:30から決勝スタートでした。(準決勝は約3時間半やってました。)

決勝の対戦相手は、私と同じDeepBlueの金子信也選手です。
私が大学生の頃、所属していた「日大レッグ」というサークル時代からの先輩です。

私が大学1年の夏合宿。
午後の練習の前に金子さんに打ってもらいました。
そして、金子さんから「ゲームをしよう。」と言われ1セットやっていただきました。
時間にして10分~15分位だったと思います。
0-6で即負け。

そのときのことは今でも鮮明に覚えています。
「この人みたいにテニスが強くなりたい。」
と真剣に思うようになったのです。

夏合宿後から自分の練習環境を創る努力をしました。
バイト先のテニススクール(新横浜テニスクラブ)での練習が増えていきました。

すると金子さんから「エグザスでバイトしないか?」と誘っていただき即答で私はお願いしました。
それから私は更に練習の虫になっていきました。(大学の授業の単位は落としまくり。)

というわけで、金子さんは今日の私に多大な影響を与えてくれているのです。

その金子さんとの対戦。公式戦では初対戦です。
しかも市民大会の決勝。最高です。
ワクワクでした。

1Stセット、私が先にブレーク成功するものの、そんなに甘くもなくすぐブレークバック。
3-3のとき、またまた戻ってきました、痙攣君。
まあ、ここまでくると私の親友・痙攣君。
これからも仲良くしよう。

メディカル・タイムを取りクリームを塗り軽く手でマッサージ。
どうにか回復。

しかし、ポイントは競るもののここからゲームは取れず、36、06で敗退。
金子さんの優勝が決まりました。
握手のとき心から
「おめでとうございます。」と言えました。

ご存知の方もいると思いますが、私は過去一般ダブルスで3回準優勝しています。
どうしても優勝できない。
なんとか優勝したい。
もう準優勝はイヤだ。

という気持ちが大変強いです。

でも今回の準優勝はすごく気分がいいのです。
いままでとは明らかに違うのです。

金子さんが優勝、私が準優勝、夢のようです。
DeepBlueのワン・ツー・フィニッシュでした。
嬉しかった。
試合後、金子さんから「学生時代に戻ったみたいだったな。」と言っていただきました。
楽しい決勝でした。
f0145325_6235568.jpg


過去の準優勝のトロフィーはジュニアの子達へ上げてしまいました。
でも今回の準優勝トロフィーはずっと大切にしたいと思います。
f0145325_9204846.jpg


長かった今年の市民シングルスも当日で全日程を終了しました。
運営役員のみなさま、ご苦労さまでした。
今年も日本一の規模を誇る最高の横浜市民大会になったと思います。
ありがとうございました。

今回の結果で1月の選抜室内へ出場できることになりました。
痙攣君と共に頑張ってきます。

いつも応援してくれるDeepBlueの仲間、WSSのスタッフ、グレイスTCのみなさん、メガロス横濱のみなさん、横浜中のテニス仲間のみなさん、テニス協会のみなさん、そしてそして、最愛の家族に感謝です。

ありがとうございました。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-12-26 06:23
<< ジュニア・イベント 最終日~準決勝 >>