旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧


ウィンブルドン

現在ウィンブルドンが行われている。今、モーリスモとバイディソバをテレビ中継中。
毎年、雨のため日程がずれてしまっているようだ。トーナメントの企画や運営をする私からすると、大会の関係者は落ち着かない日々を送っているんだろうなぁ。と思う。

14日(土)からのグレイスナイターミックスも天候に恵まれればいいのだが。。。。。
朝、ラジオの天気予報で7月の雨量は例年より多いとのこと。心配。。。
ただこれだけは私にはコントロールできない。だから心配するのはやめよう。
でも、心配。ちょっと心配。

おかげさまで、Bクラスは定員だけ集客できた。Aクラスはもう少し。
もちろん、私が集めたわけではない。スタッフやスクール生が声をかけてくれたおかげなのです。感謝です。ありがとう。

話をもどしてウィンブルドン。数年前から気になっていることがある。
それは、、、、、、芝生の剥げ方。サービスライン近辺の芝がきれいなこと。
私がテニスを始めた頃のトッププロは、男子ではマッケンロー、ボルグ、コナーズである。
ボルグやコナーズはマッケンローほどネットラッシャーではないがウィンブルドンではサービスダッシュをしていた。男子は90%以上の選手がそうだったのではないか?
そのためベースラインのサービスポジションからサービスライン近辺まで芝がかなり剥がれていた。
それがここ数年のウィンブルドンの芝の剥がれ方は明らかに違う。サービスダッシュをする選手も減ってしまった。
サービスの技術は高くなってきているが、同様にサービスリターンの技術も高くなってきているのだろう。まさかウィンブルドンの男子の試合でベースラインでの打ち合いを見る日がくるとは思わなかった。

10年後のウィンブルドンはどうなっているのだろう?
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-07-04 00:54