「ほっ」と。キャンペーン

旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


スタンダードコース

行ってきました3日間。「新・頂点への道」スタンダードコース。今回で5回目の再受講です。毎回新たな気づきがあります。
以前のブログでトレーニングの5原則を紹介しましたが、やはり繰り返し反復は大事ですね。テニスでも1回できてもそれをしっかり身につけるまでには時間が必要です。「継続学習」ですね。
「学習」と聞くと、なんかつまらなく厳しい感じがしますね。だから私は「楽習」と考えています。「楽習」と聞くとなんとなく顔が緩んできませんか?学びが楽しくなってきます

さて、私は3年前からこの講座を受講してます。いろいろな気づきがありました。
まず「私は私でよい。」ということです。一切の比較をしないこと。比較をするから落ち込むんだそうです。確かにそうですね。試合で好成績をだせば優越感に浸り、負ければ劣等感を感じる。
だから落ち込まないためには、自分の長所に焦点を当てそこを伸ばすことを考える。

それと「事実はひとつ、解釈は無数。」ということです。ひとつのできごとに対して、解釈は人の数だけあります。それなのに自分の解釈は正しいと思い、自分の解釈と違う人は間違っていると思ってしまい、さらに自分と同じ解釈をさせようとして相手を変えようとしてしまいます。そうなると人間関係までヒビが入ってきます。大事なことは相手の解釈が自分とは違っていても、それを承認することです。
私はこの言葉を知ってから、愛妻との関係が良くなりました。(と思います。)指導においても生徒さんのやろうとしていることを、まず認めるようになりました。(と思ってます。)認めることができると、相手の願望がわかってきて一緒にそれを目指せます。以前は無理矢理にでも生徒さんを自分のイメージに変えようとしていたと思います。

最後に、「成功は人々への貢献によって完結する。」ということです。どこか自分にとってのメリットを考えてしまう。損をしないようにする。こういう考えはいわゆる「自己チュー」(自己中心的)ですね。もしかすると、一時的に収入が増えるかもしれないが、決して永続はしないそいうです。常に「相手中心」を目指すこと。そういう点では、テニスコーチは役に立つ、貢献できる最高の職業だと思います。

まだまだ、この講座で学んだことはたくさんあります。少しづつ小出しにしていきます。これからも学び続けます。
f0145325_0245777.jpg


レッスンを休んで出席してきました。スクール生の皆さん、大門コーチ、朋子コーチ、大河原コーチ、加藤コーチ、そして愛妻美紀(コーチ)ご協力ありがとうございました。感謝です。

次回予告⇒我がグレイステニスクラブの渡邊朋子コーチ、2007年全国レディース神奈川県大会優勝!11月の全国大会に神奈川県No.1で出場します。大会レポート乞うご期待。お楽しみに。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-09-30 00:39

21世紀の成功心理学

私のバイブルです。
「21世紀の成功心理学」アチーブメント出版 青木仁志著。
f0145325_232927.jpg

この本はお勧めです。なかなか、試合で結果を出せない方。最近、伸び悩み?スランプ?という方。テニス専門の本ではないのですが、「考え方」がわかります。

一言で「成功」とはどういう状態なのか。それは人それぞれで異なると思います。この本の中では「物心両面の幸せであり、経済的にも精神的にも豊かになること。」といっています。

そのためには、「目標設定」が必要となります。「目標」は期限が決まってなくてはいけません。
例えば、2008年9月、全国レディースで神奈川代表になる。そして全国制覇する。という目標を決めたとします。そこから、一月前の8月はどうなっていればいいか。2月前だったら?
という具合に逆算していくことが必要不可欠となります。

それ以外にも勇気を持って挑戦すること。もし失敗してもそれは「経験」と受け止め挑戦し続ける。必ずいい結果が出ると信じること。

ダブルスのゲーム中、次のポイントでポーチにいこうか迷ったとき、勇気を持って行動することです。うまく決まらなくても自分の経験として受け止め、「まだ、大丈夫。」とあきらめないことです。

この本を読んで、私の中で革命がおきました。自分のテニスに半信半疑になることは誰でもよくあると思います。成功する人は、そのとき「私はできる。」と100%言い切れる人だそうです。

明日から3日間、青木さんが講師を努める能力開発研修「新・頂点への道」スタンダードコースの再受講へ行ってきます。朝9時から夜8じまで。その後、2時間くらいかかるホームワークもあります。そのため3日間ブログは休みます。終了後、研修のレポートをしたいと思います。

あと、今日から全国レディース神奈川県大会本戦が始まりました。我がグレイステニスクラブの看板娘、渡邊朋子コーチは第2シードで出場しています。今日の1,2Rは無事勝ち上がりました。優勝目指して頑張ってもらいましょう。がんばれ!朋ちゃん!この結果も後日掲載したいと思います。

それでは、行ってきます。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-09-26 00:04

テニスの日

今日は横浜市テニス協会主催の「テニスの日」のイベントにスタッフとして参加してきました。
f0145325_23301821.jpg


今年で横浜市では9回目になります。私は第2回目からコーチとしてこのイベントに参加しています。「テニスの日」は9月23日です。どうしてこの日になったかというと、定かではありませんが、一年で一番降水確率の低い日だから、という説があります。

午前と午後の2部制で、参加料は千円(これは安い!)です。午前48名、午後はなんと過去最高の70名の参加がありました。私は子供(キッズ)の担当です。毎年参加してくれる子もいるので、1年ぶりに会ってテニスが上達してるのでビックリします。(まあ当たり前ですね。)元気いっぱいの子供達、私の言ってることが半分くらいわかってくれる子供達、ほとんどわかってくれない子供達。楽しかったです。
ラリー練習では「お願いします。」「ありがとうございました。」も練習しました。みんな大きな声で言ってくれてとても気持ちよかったです。

レッスン後は全体で「コーチに挑戦」「的当て」「サービスのスピードコンテスト」とコート別でゲームをしました。見事クリアした人には賞品もありました。
f0145325_23464367.jpg


f0145325_23465841.jpg


テニスの普及を目的としたこのイベント。みなさんの来年からのスケジュールにぜひ組み入れてください。百聞は一見にしかず、ということであとは写真を楽しんでください。
f0145325_034981.jpg

f0145325_04521.jpg

伊佐治コーチ&山本コーチ。リコー所属の日本リーグ選手です。
f0145325_0154292.jpg


横尾コーチ&松田コーチ。市民大会ではお馴染みです。松田コーチはつい先日まで高校生だと思っていたら8年前でした。うわぁ~、私も年取るわけだ。
f0145325_0222438.jpg


私と一緒に子供を担当した伊藤コーチ。市民大会シングルスチャンピオンです。私の愛妻とダブルスを組んだりしてました。見事なフォアハンドでしょ。女とは思えないような強いボールを打ちます。
f0145325_0235377.jpg

[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-09-24 00:09

HERO

本日、第3木曜日の午後はOFF。
レッスン終了後、愛妻と港北ニュータウンでクオリティータイム。

まず、モスバーガー・クラッシックでランチ。普通のモスより豪華。値段も高い。
f0145325_0523697.jpg


フィッシュバーガーの中にアボガド大盛。
f0145325_0525063.jpg


ランチ後、ワーナーマイカルで映画「HERO」を観ました。うん、面白かった。感動あり、笑いあり、涙あり、大満足でした。DVDでたら必ず買おうと決めました。

「HERO」といえば、私の少年時代のヒーローは、ウルトラマン、仮面ライダー、長嶋茂雄選手でした。少年野球をやっていた私のチームには、当初背番号3が5,6人はいました。

高校へ入学、テニス部へ入部、そして私の永遠の「HERO」ジョン・マッケンロー選手と出会いました。(出会ったって、別にお友達ではありません。)
1979年、全米オープンの決勝。私が初めて真剣に見たテニスの試合でした。極端なクローズドスタンスから放たれるサービス。あっという間にネットへ詰めてカミソリのような鋭いボレーが相手コートに突き刺さってました。かと思えば柔らかいタッチのドロップボレーや、スピンの効いたロブなど私は一発で虜になりました。
f0145325_175864.jpg

マッケンロー選手は’84年には全英(ウィンブルドン)、全米を単複制覇を達成してます。これはすごいことだと思います。当時の上位選手はボルグ選手、コナーズ選手等。後にレンドル選手、エドバーグ選手、ベッカー選手、ビランデル選手等。さらにその後はアガシ選手、サンプラス選手等。そして現在、フェデラー選手、ナダル選手。ざっとこんな感じでしょうか。
ほとんどの選手はシングルスのみエントリーですね。4大トーナメントで男子で2冠を達成するプレーヤーはたぶん、この先でてこないのではないでしょうか?最近の男子シングルスの激しいラリーを見ているとそれを感じます。
マッケンロー選手のもっとすごい、いや素晴らしいところはデビスカップにも積極的に参加していたことです。ランキングにも関係ないデビスカップはポイント上位の選手からするとあまり魅力のない試合だったようです。もし出場するとしても準決勝や決勝ラウンドくらいでした。
でもマッケンロー選手は「国の代表として試合ができることは、とても名誉なこと。」といって最初のラウンドのときから出場してました。通常トーナメントに出場するときも、彼のウォームアップ・スーツには「UNITED STATES DAVIS CUP TEAM」の刺繍が入っていました。テニスに対する「思い」が素晴らしいですよね。そして、カッコイイです。これからもずっと、私の「HERO」です。

PS.いやぁ~、熱く語ってしまった。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-09-21 01:33

ボール

テニスをするのに欠かせないもの。たくさんありますね。以外と忘れがちなものに「ボール」があるのではないでしょうか。練習場所に集まり、さあ始めようというとき、ボールがないことに気づいたりしたことはないでしょうか?

自分のクラブへ行くときや、コートを取って仲間内で練習するときにはボールのニュー缶を1つ持っていきたいですね。これは、マナーというよりエチケットでしょう。いつも同じ人ばかりニューボールを出していたりしませんか?できるだけ均等にバランスよく出し合えるといいですね。

ボールでもっともポピュラーなのが、テニスボールの王様「ダンロップ・フォート」です。少しフエルトを薄めにした「スリクソン」も夏前に発売になりましたね。フォートよりも若干球足が早く感じます。国内のジュニアの試合では多く使われるようになりました。
新聞の広告などをチェックすると、たまにディスカウントショップで箱(5ダース)で安く販売してます。何人かで購入すれば、かなりお得だと思います。

f0145325_23343834.jpg


1度使ったボール(セットボール)は集めて練習用ボールにするといいでしょう。さらにその練習用ボールもかなり使い込んでフエルトはツルツルに、空気はペコペコになったら廃棄となります。しかし、最近この廃棄するボールも使い道がでてきました。椅子の足にはめて使うのです。引きずっても騒音が出ず、床も傷つかないので学校でも行っています。そういう活動をしているNPO法人もあるようです。
                当グレイステニスクラブでもやってます。
f0145325_23322573.jpg


以外と忘れがちなボール。大切にしたいですね。

最後に、ご存知の方も多いとは思いますが、故福田雅之助先生の「この一球」を掲載します。
私が高校生の頃、部活で暗記させられ、先輩の命令で大勢の人のいる駅前で大声で言ったことが懐かしいです。

「この一球」

この一球は、絶対無二の一球なり

されば心身を挙げて一打すべし

この一球一打に

技を磨き

体力を鍛え

精神力を養うべきなり

この一打に今の自己を発揮すべし

これを庭球の心という
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-09-19 23:54

石井 宏昌コーチ 

今日は石井宏昌コーチ&選手を紹介します。
f0145325_533746.jpg

彼は、現在コナミスポーツクラブ天王町でコーチをしています。横浜Deep Blueの結成メンバーでもあり選手としても活躍しています。今年の夏のナイターミックスのチャンピオンです。
まあ、写真を観ていただければわかると思いますが、、、、、こんな感じな人です。ハイ。
彼のテニスの武器は、サービスでしょう。それとスマッシュです。私とのダブルスで一番印象深く記憶にあるのが、数年前の福島の羽鳥湖オープンで本戦に上がった試合です。リードされていたのを土壇場で追いつきタイブレークで勝利しました。すごく嬉しくかったことを今でもハッキリ覚えています。石井さんのおかげです。感謝、感謝です。
指導においても天王町一番人気のコーチで毎日レッスンを楽しくギャグってます。
選手としては、来年から35才以上で頑張る予定です。(DeepBlue高年齢化が気になります。)活躍を期待します。私と共に全日本目指しますので、みなさん応援よろしくお願いします。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-09-18 06:06

グレイスオープン男子ダブルストーナメント

最近、よく「ブログ見ましたよ。」と声をかけていただきます。嬉しいです。もっと頑張って書き込もうと意欲が湧いてきます。ブログをご覧になったみなさま、もしよければコメントを記入してください。必ずお返事いたします。よろしくお願いします。

さあ今日は年に一度のグレイスオープン男子ダブルストーナメントが開催されました。
f0145325_22441256.jpg

参加は12組。4組1ブロックでリーグ戦を行い、各ブロック1位3組と2位3組、そして3位の中から得失ゲーム数のいいペアが2組、合計8組で決勝トーナメントを行いました。

年々レベルアップしてきて、どの試合も白熱した好ゲームばかりでした。その激戦の中、見事優勝したのは岩阪・渡邊(KMG・グレイスTC)組でした。渡邊選手は昨年に続き2連覇(3回目)を達成しました。来年は3連覇目指してください。岩阪選手は遠方からの参加でした。パワーあふれるプレーの中に、器用さもあるプレーヤーですね。
f0145325_2251278.jpg


準優勝は柏木・大門(グレイスTC)組でした。柏木さんはナイター会員さんです。とても練習熱心な方です。大門コーチと共に大変タフな試合をしてました。来年は優勝を狙ってください。
f0145325_2254372.jpg


ベスト4は芦野・石井(横浜DeepBlue)組と垣原・窪田(エバーグリーン・グレイスTC)組でした。以前このブログ上に登場してるアーティスト芦野選手。今年のナイターミックス・チャンプの石井選手。大変いいペアです。団体戦ではいつも最終ダブルスを任せていました。(過去形)
f0145325_2323048.jpg


垣原選手はもう20年位前になりますが、テニスコーチをされていました。その頃からのお付き合いです。でも私と組んで試合に出たのは今回が初めてでした。リターンサイドも今日朝一番の試合でコートに入ってから決めました。それでもとても楽しくダブルスをすることができました。また今度、機会があったら組んで試合に出てください。
f0145325_2364439.jpg


今回、ご参加いただいたみなさま、朝早くから応援にきてくださったみなさま、ありがとうございました。みなさまのおかげで無事本トーナメントを終えることができました。出場者のみなさま、来年も是非出場お願いいたします。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-09-16 23:11

判断・選択・責任

今回は本を1冊紹介します。
柿谷寿美江著 『幸せを育む素敵な人間関係』 です。
f0145325_1412769.jpg



この本は選択理論心理学をわかりやすくまとめてある本です。選択理論に関しては私のブログの中でも今後、何度でも取り上げていきたいと思います。




この本の中で「人生は選択」という章があります。その中で

人が社会の一員として生きていくためには、

1、状況を的確に判断
2、自分が何をすればいいかを選択
3、自分が選択したことに責任を持つ。

この3つの能力を持つことが必要だと思います。とあります。

どうですか?そっくりテニスにも当てはまると思いませんか?
ゲーム中、様々な状況に遭遇します。その瞬間に判断をし、みなさんベストな選択をしているはずです。
そしてここからが最も重要なところです。自分が選択しておこった結果に対して責任をもつこと。何か他人や状況(コートサーフェス、気候、体調)のせいにしたりしてないでしょうか?

私自身、この言葉を知ってから、この言葉が好きになり、この言葉を実行しようと努力しています。

テニス以外にも例えば、結婚とかにも当てはまりますね。(私は結婚11年の未熟者ですが、ずうずうしくすみません。)自分で「判断」し「選択」した相手と結婚します。でも最後の「責任」を取るか取らないかで、夫婦関係は変わってくると思います。

本当に「責任」って大事ですね。最近つくづく感じます。

「判断・選択・責任」。テニス上達の「キーワード」になると思います。
よかったらみなさんも覚えてください。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-09-15 02:53

ビギナークラス

今日は午後1時から女子ダブルスシリーズのビギナークラスが開催されました。
先週開催予定が台風のため今週に順延となりました。そのため、キャンセルが続出し今回は8組のエントリーとなりました。
ブロック予選を全勝で勝ち上がった鈴木・夏目組と佐藤・下田組の決勝戦となりました。結果は6-2で鈴木・夏目組が初優勝しました。おめでとうございます。さあアドバンスクラスへチャレンジしてください。
f0145325_0384288.jpg
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-09-13 18:08

渡邊 朋子コーチ&選手

今回はグレイステニススクールの看板娘、渡邊朋子コーチを紹介します。
f0145325_0185939.jpg

彼女は主に子供のレッスンを担当しています。子供達にも人気のある明るいコーチです。そして選手としては2005年全国レディースの神奈川県代表でもあります。通称「ウサギちゃん」です。武器は正確で力強いグラウンドストロークでしょう。そして、ここ1年くらいで特に良くなったのはネットプレーだと思います。思い切りのいいポーチボレーは彼女のテニスの魅力です。見かけとはちょっと違います。
現在、全国レディースは県予選大会が終了し今月25日から代表を決める本戦が始まります。朋子コーチには是非代表になってもらって神奈川県の全国制覇を達成してもらいたいです。みなさん、応援よろしくお願いします。

それから週に1クラスだけ水曜日の午後に主婦向けのゲームクラスを担当しています。試合に出場している方達にも好評です。もっと試合で勝ちたいと思っている方、一度朋子コーチのレッスンを受講しにグレイステニススクールへ来てください。気づきとなるヒントを教えてくれますよ。

最後に、かわいい子供達と
f0145325_0433636.jpg

[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-09-13 00:46