旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧


DeepBlue打ち納め

大晦日、13:00頃より日吉テニススクールのコートでDeepBlue有志で打ち納めをしました。

日吉テニススクールはDBの主力メンバーである小嶋俊平さんのスクールです。年末にコートを貸していただきました。芦野さん、原田一家、小林一家、窪田一家、俊平君、佐藤さん、神田さん、橋本さんと約10名ほどで行いました。

私は病み上がり後、初めてのテニス。ショートラリーでも目が回るようでした。目も慣れて身体も解れたところで男子ダブルスを1セット。
原田・橋本組VS芦野・窪田組。
久しぶりの真剣マッチ練習だったので気合いも入りました。サービスゲームもヒーヒー言いながらキープ。大事なポイントでの芦野選手のポーチはいつもたよりになります。感謝です。
結果は6-4で勝利。なんとかやれるね。

車で昼寝していた我が家のチビッコギャングが目を覚ましました。
とたんに、「パパ、テニスやっちゃいや。」と始まります。可愛い!!!
でもテニスしました。ひどいパパ。きっと希愛はテニスを嫌いになるんだろうなぁ。
と思いつつ小林夫婦とミックスダブルス。
0-6で敗退。窪田夫婦ミックスはハッキリいいいまして弱いです。スクール生トーナメントに出場してもきっと予選敗退するんではないでしょうか?

最後は男子ダブルス。芦野・原田組VS窪田・小嶋組。
またまた俊平君のポーチボレーと詰めの早いネットプレーに助けられ6-4勝利!

芦野さんと俊平君のおかげで気持ちのいい打ち納めとなりました。
最後に集合写真。
f0145325_3374586.jpg


2008年がもうすぐスタートします。
夏の団体戦はもちろん、みんなテニスと仕事に大きな成果を目指し努力しましょう!
目標を設定し日々そのために計画的に生きる。
来年もDeepBlueのみなさんにとって素晴らしい年になることを願っています。
今年1年ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-12-31 21:30

グレイスワンデイキャンプ

12月27日(木)晴天。
グレイステニスクラブで今年最後の大イベント「ワンデイキャンプ」が行われました。

前回のブログの最後に書きましたが、24日朝より私はインフルエンザ(A型)になってしまいました。愛娘、愛妻に続き我が家では3人目となりました。まあ考えてみると12月は1日(土)に休んで以来休みをとってませんでした。やはり年を考えきちんと休みをとらなければいけませんね。

来年10月のスケジュールに「予防接種」を入れました。

さて本題のワンデイキャンプ。私はコートに立てないので裏方に徹しました。
参加ゲストは31名。コーチ4名。裏方1名。神奈川代表メンバー6名(午後から参加)。
いよいよイベントスタートです。

10:00からレッスンスタート。f0145325_5333263.jpg














f0145325_5335279.jpg











途中10分休憩し12:40レッスン終了。
昼食タイム。毎年好評の「台北」の日替わり弁当です。

食後は、今回のイベントの目玉「神奈川県代表メンバーによるエキジビションマッチ」です。
f0145325_5151344.jpg


3チーム総当り戦で行いました。(4ゲームマッチ・ノーアド)
私は遠く離れた場所から観戦しましたが、この6名が一同にいること自体、貴重だなぁと感じました。
代表メンバーのみなさま、年末の忙しい時期にスケジュール調整をして本イベントに参加いただきたいへんありがとうございました。感謝です。

エキジ終了後、参加ゲスト・コーチ・代表メンバー、ごちゃ混ぜになってのダブルスゲーム大会。お一人3試合行っていただきました。3名の方が全勝で見事賞品をゲットしました。おめでとうございました。

ゲーム大会中、代表メンバーの高橋友紀選手のフォアハンドに魅せられてしまった私でした。
そこで休憩中の高橋選手へ(インフルエンザを移さないように)接近。
「フォアのグリップ見せて。」とお願いしてパチリ。
f0145325_5382729.jpg











  ふ~ん、こうやって握ればあのフォアは打てるんだな。そして代表にもなれるんだな。と一人納得。

イベントの最後は恒例の大抽選会。ハズレはありません。ラケットバッグからトートバッグ、キャップなど参加ゲストには大変気に入っていただきました。(と思います。)

私の体調不良さえなければ満点のイベントでしたが、大門コーチはじめスタッフの協力で良いイベントになりました。また来年も企画します。参加希望の方は12月最後の木曜日のスケジュールを空けておいてください。

みなさんお疲れさまでした。そして今年1年、グレイステニススクール並びにワタナベスポーツサービスをご愛顧いただきありがとうございました。来年もみなさまに笑顔を届けるテニススクールを目指しますので、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-12-31 05:30

エキジビションマッチ

12月23日(日)本日より仕事再開。
朝起きるが、身体がだるい。熱を計るとなんと37.8度。
ヤバイ。。。 

ところが、、、

外は雨。レッスンは中止でした。大門コーチに電話を入れもう少し横になることに。

10:00前から外が明るくなってくる。眼が覚める。大門コーチから電話。
「2本目はできそうだよ。」
んっ、いかんいかん。飛び起きて熱を計る。37.1度。どうにかできるな。
着替えておにぎりを2コ持ってグレイスへ向かう。

レッスン中は少しきつかった。でもどうにか終了。

今日は夕方から、メガロス横濱でエキジビションマッチのダブルスをしなければなりません。
身体がもてばいいなぁ。

19:00からイベント開始。
まずは吉本系コーチ3名による「ヒゲダンス」。

続いて女子ダブルス。
綱川真弓・山口明子組 VS 星野ひとみ・佐々木明子組。
f0145325_22424436.jpg










6-3で綱川・山口組勝利!

そしていよいよ私の出番。
窪田洋久・坂本龍組 VS 花直樹・井口史郎組
f0145325_2293833.jpg


サービス1ダウン1-3で迎えた第4ゲーム。井口選手のサービスゲーム。
カウント40-0。こりゃ、いっちゃうかな?と思ったら、、、そこからブレーク。
f0145325_22434969.jpg










2-4、3-4、4-4、4-5とずっと相手がリードする展開。
結局、そこから我がDeep Blueチームがブッチギリ。7-5で勝利。

最後も男子ダブルス。
ケニー・ジェームス・江良亮輔組 VS 長峰久征・水谷けいすけ組。
f0145325_22431043.jpg










f0145325_22433064.jpg










スピード&パワーっちゅう感じですかね。

私のダブルスとは違います。
6-3でケニー・江良組勝利。 

ということでイベント無事終了。
身体がだるくなってきた。明日も朝一番からレッスン。大丈夫かな?

明朝、朝40度。ダウン。
菊名記念病院へ。
鼻ワリバシならぬ鼻綿棒。ズキーン。。。痛い。でもそれより横になりたい。
はい。A型でした。インフルエンザです。
つづきは次回のブログで。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-12-29 22:38

スタンダードコース6回目再受講

20日(木)~22日(土)まで「新・頂点への道 スタンダードコース」の6回目の再受講に参加してきました。

11月のピークパフォーマンスの受講のときから、青木社長がよく口にした言葉「20年以内にプロスピーカー1000名育成」。
プロスピーカーを1000名以上育成し、日本中に選択理論を広めたいという青木社長の思いです。選択理論を広めて、いじめ・虐待のない社会を創ることが青木社長の目標なのです。

青木社長は幼い頃、義理の母親に虐待を受けてきました。青木社長はそれを「訓練」を受けたと言っていますが実際は虐待です。自分が苦しみ・悲しんだこの「外的コントロール」を日本の社会からなくしたいという思いひとつでアチーブメント(株)を設立しました。

私も選択理論に出会って変わりました。夫婦・家族関係はもちろん、テニスの指導において、特に子供達への関わり方はとても改善されました。
以前は批判をしたり、罰を与えたり、ガミガミ言ったりしていましたが、それを止めました。完全にというわけではなく、今でもたまについやってしまうこともあります。そういうときは、子供達に謝るようにしています。でもこれらのことを止めるだけで素晴らしい人間関係が築けます。

私には仲の良い友人が多くいます。仲の良い友人には、通常「外的コントロール」は使わないそうです。私は以前からそうでした。なるほど、と思いました。彼らも私に「外的コントロール」を使いません。

私はテニスを通じて選択理論を広めたいと思っていました。

2008年、窪田洋久はプロスピーカーを目指します。
現在はアシスタントプロスピーカーで、これはプロではありません。ベーシックプロスピーカー試験を受け合格しないといけないのです。けっこう大変な試験です。でも、もうやると決めました。

まあ、でもここまで来れたのは私一人の力ではありません。家族・会社のスタッフやお客さま。たくさんの方の支えや励ましがあってここまで来ました。感謝です。ありがとうございました。
まだまだ学び続けます。

私の担当コンサルタント・小林良さんです。
f0145325_234054100.jpg

研修終了後は、クリスマスカラーに染められた品川駅に脇目も振らず、愛する家族の待つ家へと急ぎました。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-12-28 23:38

体罰

20日の木曜日から、私は「新・頂点への道スタンダードコース」の6回目の再受講に参加してます。22日土曜日まで3日間のコースです。
3日間修了後、ブログを更新しようと思いましたが昨日の青木仁志社長の話で共感するところがあったので書きます。

この研修では「外的コントロール」をすると人間関係が破壊すると言っています。アメリカの精神科医ウィリアム・グラッサー博士の提唱する「選択理論心理学」を薦めています。

「外的コントロール」というのは、相手に外側から刺激を与えます。そして苦痛感情を与えることで反省をさせ行動を変えようとするものです。

いあゆる「体罰」は外的コントロールです。

私は他人の子供は当然、自分の子供には体罰を使いません。自分で決めています。

しかし、同居している義父は体罰派なのです。
「言ってもわからない年齢のうちは、叩いてわからせるしかないんだ。」ということです。

私はその意見に反対ではありません。なぜなら、義父にはその教育で二人の子供(私の愛妻と愛妻の兄)を育て立派に自立させた実績があります。

これはテニスに例えるなら、ウィンブルドン優勝以上の戦績だと思います。いや、グランドスラム以上かもしれません。

ただ、私はその教育を選択しません。

なぜなら、明らかに自分より身体の小さい人、力の弱い人に対して力を使うことは、私の中では弱いものいじめになってしまうからです。
これは死んだ私の実父によく言い聞かされたことです。

もしかしたら、私も自分の子供達に体罰を使うかもしれません。でもそれは、子供が私に腕相撲で勝つようになったときです。(それでも使わないと思います。)

青木社長は体罰は「アンフェアだ。」と言っていました。「もし自分が体罰を使おうとしたら私はナタで自分の腕を切り落とします。」と言っていました。

青木社長は幼い頃、義理の母親に体罰・虐待を受けてきています。そのときの苦痛感情を自分の子供達には味あわせたくないそうです。

私も全く同感でした。

「事実はひとつ、解釈は無数」

我が家で子供が大声で泣き、私は黙ってあやしていると、義父はやや不満そうです。
お義父さん、いつもうるさくてすみません。
また、温かく見守っていただきありがとうございます。
あと何年かすればこの子達はちゃんと自立します。
立派に自立して社会へ出ます。どうかその日までお許しください。

そして、ずっと長生きしていただき元気に孫の成長を見守ってください。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-12-21 07:08

笑顔の力

現在、我が家では愛妻と愛娘がインフルエンザにかかっております。
二人共回復に向かっております。
二人共タミフルを服用しております。
二人共まだ行動はまともです。

私と愛息子はまだ移ってません。
でも同じ空間で暮らしています。当たり前です。

先週の金曜日、選択理論のセミナーに参加してきました。
そのとき購入した本が「笑顔の力」(アチーブメント出版、長野眞弓著)です。
f0145325_693353.jpg


長野さんは保育士で保育園の園長先生です。多くの試練を乗り越えてきた素晴らしい方です。

子供がぐずったときの対応。

1.何かで気分を変えてもらう
2.ぐずらないように頼む
3.大きな声で「いい加減にしなさい!」と怒鳴る

などがあります。

プロはこうするそうです。

何も語らず微笑んで見守る!

すごい。

語りかけるとき、言葉よりも表情が何十倍も重要だそうです。

マクドナルドの店員に負けないように、私も鏡の前で笑顔のトレーニングです。

「笑顔の力」というタイトルですが、私は読んでて何度も泣いてしましました。(お恥ずかしい。最近、年のせいか涙腺がゆるい。)

もっと、たくさん書きたいのですが、できれば購入してご一読ください。¥1,300です。
私は夢中になってしまい、1時間くらいで読み終えてしましました。

この本を読んで、子供達と関われるテニスコーチになってよかったとつくづく思いました。

今日も、子供達の笑顔を見るためにベストを尽くします。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-12-18 06:36

クリスマス

木曜日、天気は雨。
レッスンは中止。

それならば、、、愛妻とクリスマス・イルミネーション。

保育園から帰ってきた子供達を喜ばせようと飾りつけ。
f0145325_549476.jpg


帰ってきた子供達は大喜び。

が、すぐにツリーをいじりだす。せっかくの飾りをバンバン外し、遊びだす。

窓や食器棚の飾りも「触る。」と言い出し「抱っこ。」が始まる。

抱きかかえて高い位置の飾りを触る。
はがそうとするので「それだけはかんべんして。」とたのむ。

願いは・・・通じない。

きっとサンタさんは願いを叶えてくれるかな?

子供達の成長を感じつつ、いつまで振り回されるのかなぁとため息。

まあ元気でなにより。暴れまくれ、我が子達。
f0145325_557349.jpg

[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-12-14 05:58

全員参加決定!

以前、このブログ上でもご案内しましたが、12月27日(木)にグレイステニススクールではワンデイキャンプを行います。
場所はグレイステニスクラブです。
時間は10:00~16:00。
内容はレッスン、昼食(お弁当)、全国レディース神奈川県代表メンバーによるエキジビションマッチ、ゲーム大会、抽選会。といった流れです。

神奈川県代表メンバーは河村選手と高野選手が調整中でしたが、正式に参加が決定。これで6名全員がきていただけることになりました。楽しみです。

スクール生以外の方も参加可能です。料金は¥5,500です。ご希望の方は
wss-grace.tennis.school@docomo.ne.jp
までお申し込みをどうぞ。
お名前とテニス歴の記入をお忘れなく。

段々と寒くなってきました。左手には手袋をしてレッスンをしています。
右手は荒れてきて、クリームを塗るのを忘れるとひび割れてきます。痛い。

そしてトイレが近くなります。
私はコーヒーが大好きです。しかし、コーヒーには利尿作用があるらしくレッスン前には飲めません。90分もたないのです。これもちょっと辛いです。

早く春が来ないかなぁ。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-12-13 06:24

鈴村弥生さん&吉村拓郎コーチ

私が週2回、出向しているメガロスのフロントの鈴村さんと吉村コーチを紹介します。
f0145325_5432781.jpg

写真を見てのとおり、笑顔が素敵なお二人です。

鈴村さんは私と出会った頃は19才でした。あれから6年?早い。
いつも笑顔で私に元気を与えてくれます。
アルバイトから現在は社員になられて毎日フロント業務を精力的にを行っています。
ゲストからもとっても人気があります。

吉村コーチは私と出会った頃、ジュニアのアカデミー生でした。高校生ですね。現在慶応義塾大学の4年生。来春、社会へ飛び立ちます。
彼は、レッスン中ほぼじっとしていることがありません。足元のボールのケアやゲストへの声掛けなどいつも、常に動いています。アシスタントコーチはチーフコーチの3倍動けと教育されてきたそうです。彼のおかげで私のレッスンはいつも円滑に行えます。
サウスポーを生かしたベースライン主体のプレーが得意です。
そんな彼も就職のため、来年1月で一旦メガロスを去ります。寂しい。
もしかしたら戻ってくるかも?わずかな期待。

今年もあと2週間、悔いなく全力で突っ走りましょう!
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-12-12 05:55

横浜市民大会シングルス一般女子本戦

昨日、三ツ沢公園で横浜市民大会の一般女子シングルス2R~SFまで行われました。
グレイスTCからは私の愛妻・美紀選手が出場。2R高野陽子選手(エバーグリーン)との対戦でした。先週、1STセット6-4で高野選手で日没サスペンドとなっていました。ところが昨日、高野選手は都合でWOでした。

私が指導している高校2年生の二ノ宮沙悟選手も2Rまで進出してましたが、昨日はWO。
美紀選手は二ノ宮選手にWO勝ちした横山選手(FELSEN)とのQFとなりました。

結果は6-0、7-6(3)で見事勝利。2NDセット一時は1-4ダウンだったそうです。(私は見てません。)ファイナルになったら次のSFは戦えないと思った美紀選手は根性だしてタイブレークで奪取。このときから足は少々ピクピクきていたようです。

SFの相手は押谷選手(東戸塚松原TS)でした。若い、タフ、ショットもいい。SFまで勝ち上がるんだから当たり前といえば当たり前。

1STセットまたまた0-4ダウン(だったそうです。)そこから粘るも5-7で1STダウン。私はこの辺りから観戦。気持ちを切り替えて2NDセット。第1ゲームをブレークスタート。第2ゲームをキープして2-0。2NDいけそうじゃん。しかし、甘くはなかった。第3ゲーム、スマッシュを打った瞬間に左足脹脛を痙攣。マッサージクリームを塗りビッコをひきながら試合続行。結果、最後まで戦い3-6でゲームセット。途中棄権しなかったのは立派。お疲れ様でした。よく頑張りました。必死に走っている姿はカッコよかったです。

過去2回、美紀選手は本大会で準優勝をしたことがあります。でも今と違いトレーニングも豊富に行っていました。
妊娠、出産、育児。約4年のブランク。予選ノーシードからの出場でした。子供2人に振り回されながら時間を見つけ練習してきました。練習相手をしてくださったみなさまには感謝です。ありがとうございました。多くの方々の力を借りれることが美紀選手の誇りだと思います。私にとっても誇りです。

来年1月の横浜選抜室内に出場できる可能性がでてきました。出場できたら是非また頑張ってもらいたいです。練習相手をしてくれるみなさま、またよろしくお願いします。

昨日、私は1日子守をする予定でした。しかし、グレイスでの仕事が入ってしまい、午前中はレッスンでした。しかたなく子供2人をグレイスに連れて行き、私達一家の永遠のパートナー・平田真紀絵さんに面倒をみていただきました。感謝です。真紀絵さんには子供達も大変なついていて大喜びでした。ありがとうございました。

冬本番を前に、熱くなれた1日でした。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2007-12-09 06:21