旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧


選抜室内結果&ダンロップ展示会

25日から3日間に渡り開催された横浜選抜室内選手権が終了しました。

我がグレイスTCからの出場メンバーの結果を報告します。

女子シングルス
窪田美紀選手2-8込谷友佳選手
二ノ宮沙梧選手1-8上山珠実選手
井上朋美選手2-8梅田さやか選手

とみんな初戦突破なりませんでした。
二ノ宮選手の感想「怖かった~。」
まあ、残念ですがいい経験ができたしこれからもっともっと良くなる可能性があることもわかりました。楽しみです。

女子ダブルス
高野陽子・渡邊朋子組8-6窪田美紀・松田みさき組
              4-8石田・新見組

二ノ宮沙梧・星野ひとみ組8-5能・矢吹組
                1-8津布久・梅田組

45才以上男子シングルスに出場したDeepBlueの金子信也選手は初戦8-1で勝利。2Rで第1シードの笠松選手に7-9で惜しくも敗れました。残念。くやし~。

と、以上です。

井上選手はダブルスを欠場(ペア変更)し冬季東京の大会へ出場しました。結果はベスト8。
本人、悔しそうでしたが次はいよいよ4月インターハイ予選。必ずインハイへ行こう!

二ノ宮選手は選抜室内に出場しつつ横浜ジュニアの試合を消化するというハードスケジュール。横浜ジュニアは現在ベスト4。今週末SF、とFがあります。優勝目指そう!

突然、話は変わります。
昨日29日、目白で行われているダンロップ・スポーツの展示会へ行ってきました。
f0145325_675994.jpg

f0145325_681328.jpg

ラケットが2機種廃盤となり、新機種が出ます。
あとカラーチェンジしたラケットも数機種ありました。

アクセサリー(グローブ、キャップ、ソックス、サンバイザー)とバッグ類を多く発注してきました。
さあこれから大変。販売せねば。

ブログ読んでいるみなさん、ぜひ購入してください。

展示会からグレイスへ戻ろうと外へ出るとなんと雨。
夕方のジュニアは中止?そんな。。。

もう降らないだろうと勝手に解釈していたのでガッカリ。
f0145325_616419.jpg

中止だったので練習風景だけでも載せておきます。

今日は晴れるといいな。
ラジオを聴いてますが、晴れるみたいです。暖かくなるようです。

今日もいい気分を選択して、1日HOTに行きましょう!    
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-01-30 06:20

親育て

1月25日から3日間、横浜国際プールで開催された横浜選抜室内選手権。
グレイスTCからは4選手が出場。

昨日、2日目を終えました。
結果、本日も試合がある選手は、、、
いません。

みんな頑張りました。輝きました。

私は昨日(土曜日)、休みなので子供2人連れて愛妻の応援に行こうと思っていました。
しかし、ハル君(2才)が発熱のためお留守番になりました。
残念。見たかったなぁ。
グレイスの選手以外にも知っている選手が大勢出ているので会いたかったなぁ。
まあ、家族優先は譲れません。

さて、ハル君発熱のため、のんちゃん(3才)も家の中で遊ぶことに。
ハル君は熱(7.7度位)があっても元気に暴れまくります。
負けずにのんちゃんもはじけます。

全てのおもちゃやぬいぐるみをぶちまけ
のんちゃん、「パパ、これプールだよ。」と言い服まで脱ぐ始末。
ハル君も服脱ぎたがりましたが、
「お熱あるからダメだよ。」と説得。

「お昼ごはんにするからみんなで片付けよう。」と私が提案。
「・・・・・」反応なし。
「いっしょに片付けよう。」
「・・・・・ヤダ・・・・・」

「片付けなさい。」は言ってはいけないのが我が家のルール。

「どうするの?ご飯、食べれないよ。」
「ご飯食べる。」
「じゃあ、いっしょに片付けしよう。」
「・・・・・・」

親の遺伝か大変便利な耳を持っているようです。
いやなことは聞こえないみたい。

だんだん、いらいらしてきたパパ(私)。
ついに、、、
「おもちゃ、どうすんのー。」
と大声出して足元にあったおもちゃを蹴りまくりました。
やってしまいました。
子供達は少しビックリした顔をしてました。

選択理論では
「私がこれをしたら、あるいは言ったら、相手と私の距離が接近するかもっと離れることになるか。」を考えて行動したほうがお互いによい結果になるとあります。

大声だしておもちゃ蹴ったら当然、子供達との距離は離れます。

自己嫌悪。反省しながら一人、おもちゃを片付ける。
すると、子供達も片付けを手伝いました。
結局、みんなで片付けしましたが、これは明らかに外的コントロール。
f0145325_612990.jpg


お昼ご飯食べながら、子供達にあやまりました。
「おもちゃにも、ごめんなさいしてね。」とのんちゃん。
「はい、ごめんなさい。」と私。

研修をどんなに受けても、「知る」「わかる」を「行う」「できる」に落とし込むのは大変です。
テニスといっしょですね。
でも、だから楽しいのかもしれません。

「継続は力なり」   継続学習しかない。
子育てもテニスも同じ「できるまでやる。」
これしか身体に落とし込む方法はないのだと改めて実感しました。

パパ年齢3歳8ヶ月の私。
子育てしているというより、どうやら子供達に「親育て」をしてもらっているようです。

のんちゃん、ハル君こんなパパですが、これからも親育てしてください。

3歩進んで、3歩下がるような日々ですが、くじけず楽しみたいと思います。

子供達といっしょに学びます。

テニスのブログなのにシャラポワの初優勝に全く触れずすみません。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-01-27 06:26

輝く

本日第4木曜日。
仕事は午前中で終了。
鴨居駅で郵便局と銀行で入金をして帰宅。

全豪オープン見ながらブログ更新。
集中できません。

昨日、一昨日と2日間私はアチーブメントの「ボースウィンマネジメント」という研修を受講してきました。

研修というと、テキストを見ながら講師の話を聴く。  

というイメージですよね。
ボースウィンは机に向かう時間のあれば、実習もある大変楽しい研修でした。
グループで行ったり、2人1組で行ったり、全員で行ったり。。。
体感することは大事だなぁ。と感じました。

さて、講師の篠田先生が何度も何度も口にした言葉。
f0145325_15193539.jpg


「輝く」
う~ん、最近使ってない言葉だなぁと思いました。

初日の昼休みに「コーチカーター」という映画のワンシーンを見せてくれました。
その言葉(セリフ)の中で特に印象に残ったのが

「小さなこどもとちと同じように輝こう!」

というフレーズでした。

私の3才と2才の子供達を見ていて感じます。
すごい集中力。
ひとつのものに対するこだわり。
失敗を恐れない。
行く先(目標)だけを見続けているので、途中の足元にある障害物に気付かずよく転びます。それでもまた立ち上がって目標だけを見ています。また転びます。決して障害物をよけたりしません。(よける方法を知らないのかもしれません。)
すごい、まさに輝いています。

私も子供の頃はきっと同じだったんだろうなぁ。
年月が経つに連れ、遠慮や謙遜さのようなものを覚えてしまったのかもしれない。

ジュニアの指導をしていても感じます。
学年の下の子は、練習の課題に対して「できる」という姿勢が感じられます。
学年が上がるにつれ「無理」「できない」を口にするようになります。
照れている部分もあると思います。
それでもいいと思います。

指導する私がもっともっと輝いて子供達に接したい。子供達と一緒に輝きたい。
初めてラケットを握って夢中になってボールを追いかけていた頃のように。

是非、ご父兄にも輝いていただきたいと思います。
「うちの子には、無理に決まっている。」
「まあこんなもんでしょ。」
みたいなことを思ってませんか?

親バカって思われるのはいやですか?
私は、思いっきり親バカを目指してます。
私しか、私の子供の親バカにはなってあげられないのですから。

親バカ上等!!!って感じかな。

話を研修に戻します。
「自分は正しい。相手は間違っている。」という間違った考えを自分の中から排除することも私には課題だと思いました。これは時間がかかりそう。
継続は力なり。まぁ、日々精進ですね。

トレーナーの篠田先生です。
f0145325_15453742.jpg

優しそうでしょ。見た感じそのままの先生です。
全身選択理論のような先生です。
たぶん、寝てるときも選択理論だと思います。
食べるのがメッチャ早いです。噛んでるのかなぁ?と思うくらい。

向かって右側の方は、内科医の福島先生です。
ドクターも受講にくる研修なんです。
医者にかかる側からすると、そういうドクターがいることはとっても安心します。

2日間、とても深く学べました。
篠田先生、田島トレーナー、村田さん、一緒に受講したみなさん。
ありがとうございました。

感謝です。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-01-24 16:05

テニス大好き

昨日はハードな1日でした。

9:30~13:00までメガロス横濱にてレッスン(2本)してからグレイスへ移動。

その途中、鴨居駅へ行き銀行と郵便局に寄る。

14:30~19:00までレッスン(2本)。レッスンの合い間に事務処理。

またまた移動。横浜国際プールへ。
f0145325_5543210.jpg

渡邊朋子コーチ、河村直子選手(全国レディース神奈川代表、選抜室内出場)、井上朋美選手、二ノ宮沙梧選手がコートに慣れるために練習中です。
f0145325_554994.jpg

私は見学と写真撮影。父兄と談合。

私も以前選抜室内に出場したことがあります。このコートでプレイしたことがあります。
大変球足の速いコートです。
でも練習を見てると、みんな普通に対応してます。さすが。
ダブルス1セット(河村・渡邊VS井上・二ノ宮)。シングルス1セット(井上VS二ノ宮)。
ゲームを見ていて、みんな上手いなぁと思いました。ジュニア2名も確実に実力をつけています。また本人も自信がついてきてるようです。

このような「テニス大好きな」な人達が私のモチベーションの源です。
毎日テニスばっかりなのに飽きません。
支えてもらっているなぁと感じます。
ありがとうございます。感謝です。

21:30終了。コート整備はブラシではなくモップ掛け。
f0145325_675535.jpg


次のコート利用者も選抜室内出場者でした。
みなさん、選抜に向け燃えてますね。

ご活躍を期待してます。

一部ドローが変更になりました。
井上・二ノ宮ペアのダブルスは井上選手が有明で東京都の試合のため出場できなくなったため→星野ひとみ(メガロス横濱)・二ノ宮に変更になりました。

また、愛妻美紀もシングルスのみの出場予定でしたが、やはり欠席ペアがでたため松田みさき選手(YSC)と急遽出場が決まりました。ただなんと相手が渡邊朋子・高野陽子ペア。グレイス同士の対戦になってしまいました。う~ん、複雑。どっちも頑張れ!
ということで愛妻の写真。
f0145325_6305114.jpg


さて本日は五反田にて研修を受講してきます。
楽しみです。
今日も寒そうですが気持ちはHOTに、、、行って来ます。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-01-22 06:18

横浜選抜室内選手権

今週25日(金)~27日(日)の3日間、横浜国際プールで横浜選抜室内選手権が開催されます。
横浜市から昨年1年の戦績から選抜された選手がジュニアからベテランまで集まります。
ジュニアは一般に組み込まれます。

今回の選抜室内、以前このブログ上でも紹介したと思いますが、
我がグレイステニスクラブからは、
全国レディース神奈川県代表の渡邊朋子選手。
横浜市民大会ベスト4の窪田美紀選手。
ジュニアから高校2年生の井上朋美選手。
同じく高校2年生の二ノ宮沙梧選手。
計4選手が出場します。

これは大変嬉しいことです。

そして、私の所属するテニスサークル・横浜DeepBlueからは
一般男子に横山督選手。
45才以上男子に金子信也選手。
一般女子に石田妙子選手。
計3選手が出場します。

45才以上の金子信也選手は私の大学時代の先輩です。
もう24年のお付き合いになります。
正直、大学1年のときにこの方に出会ってなかったら私はこれほどテニスに夢中になってなかったと思います。練習もよくしていただきました。
マッチでの対戦成績は多分私の1勝50敗位だと思います。負けもほとんどダンゴです。
ホント強いんです。グラウンドストロークが激しいんです。

金子さんの更に1学年上に尾崎健長さんという先輩もいて、今思うとこのお二人が私に与えた影響は大きかったです。
尾崎健長さんは、この選抜室内選手権でシングルス4連覇を達成してます。
すごい人なんです。

尾崎さんと金子さんは今でも私のテニスのHEROです。
写真がないので今度撮影してきて載せます。

選抜室内出場のみなさん、頑張ってください。
私も来年は出場できるように頑張ります。

今日は雪の予報でしたが、降りませんでした。積もりませんでした。良かった。

さあ、今日も1日気分良く、悔いなく突っ走ります。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-01-21 06:12

「夢のかなえ方」セミナー

1月19日(土)午後1時から3時半まで五反田のアチーブメント高輪研修センターで開催された「夢のかなえ方」セミナーに出席してきました。

このセミナ-は青木社長と佐藤取締役(主席トレーナー)お二人の講演です。
2部制で行われました。

12時半頃会場到着。知ってる社員の方たちとちょっと遅めの年始挨拶。
いつ行ってもみなさん笑顔、笑顔、笑顔。そして元気、元気、元気。すんごい。

2Fと5Fの2会場で行われ、私は5Fでした。
1部は青木社長。2部は佐藤取締役。

1部、青木社長の講演。
シンプルに、夢をかなえるためには夢を描くこと。とありました。
しかし、夢を描くことをしない人は多い。ということです。

確かにそうかもしれません。
私も能力開発というものに出会ってなければ、まあほどほどそこそこの人生送れればいいいなと思っていました。
「夢」なんて、まさに夢にも思ってませんでした。
今はありますよ。

テニスを通して選択理論を普及することです。
選択理論を土台としたテニススクールを創ることです。
多くの子供達に選択理論で関わり、その親に選択理論を知ってもらいたい。素晴らしい親子関係を築いて欲しい。(私は父親年齢3才と8ヶ月の若輩者です。生意気なのは重々承知です。)
学校に行かない子も通いたくなるテニススクール。その子が学校にも行くようになるテニススクール。
う~ん、語りだすと長いのでこの辺で止めます。

でもまだまだ、ときどきいや頻繁に外的な私が登場します。
もっともっと学ばなければなりません。

話を戻して1部終了。30分の休憩。
手帳を見ながらスケジュールをチェックしていたそのときです。
信じられないことがおきたのです。

な、な、なんと2部講演の佐藤取締役から私に声をかけてきてくれたのです。
私を見つけ、笑顔で近づいてきてくれました。
私はビックリして動揺。(今ブログを書くキーボードを叩く手が震えてます。)

f0145325_6224124.jpg

<中央が佐藤取締役>

実は、私は佐藤取締役の研修を受講後、大ファンとなり、佐藤とりすまり約(←キーボードを叩く手が興奮してます。訂正→)取締役のブログにほぼ毎回コメントをしてるのです。
佐藤取締役は、その礼を言うために私に声をかけてくれたのです。
嬉しくて感激して握手をしました。

「とっても励みになってます。」と佐藤鳥島s利益(←まだ興奮してます。訂正→)取締役。
「これからもコメントしまくります。」と私。

そういえば、先日のグレイスオープンのときに出場選手や応援に来た方に「コーチのブログ、いつも読んでます。楽しみにしてます。」と声をかけていただきました。
すごく嬉しかったのを思いだしました。

興奮、動揺の中2部スタート。
佐藤取締役のお話は、本当に聞き手を引き込みます。メモを取るのを忘れて聞き入ってしまいました。

「夢を持ち夢に向かって行動して起こることは、

成功するか学ぶかのどっちかです。」

深い言葉。私の好きな言葉。

この言葉を知る前は成功するか失敗するかのどっちかだと思っていました。
失敗はないのだと知りました。

そして佐藤取締役にも影響を与えたという言葉

「逆境は成功の前奏曲」

勇気のでる言葉です。

あっという間の2時間半でした。

激写した写真を掲載します。

f0145325_621181.jpg


f0145325_6211166.jpg


f0145325_6212286.jpg

最後の1枚はアチーブメントの藤田さんです。通称、がちゃぴん。
可愛い素敵な笑顔で迎えてくれます。
20代前半の彼女の笑顔の奥に秘めた思いは大変強いものを持っているように感じます。
エネルギッシュ!

私にとっては大興奮の2時間半でした。
今年もたくさんのテニス愛好家のみなさんの役に立てるように努力します。とコミットできた時間と空間でした。

帰宅は5時過ぎ。家族との楽しい(格闘の)時間を過ごしました。

月曜日は雪?
そんなの関係ない。

毎日、最高の気分を選択し最高の1日にします。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-01-20 06:34

第12回グレイスオープン女子ダブルストーナメント

1月17日(木)18日(金)の2日間、グレイステニスクラブでは恒例のオープン女子ダブルスが開催されました。

天候は晴れましたが、両日共今年一番の冷え込みとなりました。
早朝7:30より準備を始めましたが、とにかく寒かった。
ネットのセンターストラップも固まっていて修正するのに一苦労しました。

f0145325_5244823.jpg














f0145325_5251120.jpg










32ドロー、フルエントリーの今大会。
9:00より試合開始です。
ウォーミングアップはサービスのみの予定でしたが、あまりにも寒いので3分間(グラウンドストロークとサービスのみ)に変更しました。

初戦、2R、決勝は3セットマッチ。
各コートでは寒い中、熱い女の戦いが繰り広げられました。

初日を終え、ベスト8に残ったのは第1~8シードまでのペアでした。波乱なし。

2日目準々決勝は8ゲームマッチ。
どの試合も超接戦となりました。リードしても追いつかれのシーソーゲーム。
観戦していてドキドキしました。
レフリーとして見ていて、「3セットマッチで見たかったなぁ。」とつくづく感じました。
来年は、もう一工夫してみようかな?

惜しくも敗退しベスト8の青木・中島ペアからは試合終了後、少しお話もさせていただき学ばせていただきました。青木選手は昨年関東オープン40才以上女子シングルス準優勝、中島選手は昨年全日本ベテラン45才以上女子ダブルス優勝と二人共実力者です。
ありがとうございました。

準決勝も8ゲームマッチ。
2試合共素晴らしい試合でした。これも3セットマッチで見たかった。

ベスト4の高野(右)・渡邊(左)ペア。
高野選手のサービスと渡邊選手のグラウンドストロークが素敵でした。
f0145325_5413984.jpg


同じくベスト4の梅田(右)・永重(左)ペア。
二人目の子を出産してから復帰の梅田選手。スマッシュの切れがすごかった。
タッチのいいショットで試合をうまく組み立てていました永重選手。
f0145325_5415911.jpg


さて決勝に残ったのは、第1シードの小野・橋本ペアと第6シードの高橋・宮田ペアでした。
高橋・宮田ペアは準決勝で昨年準優勝の梅田・永重ペアをタイブレークの末破り決勝に進出しました。
二人共、終始ニコニコプレーですごく楽しそうでした。
f0145325_6491930.jpg










結果、優勝は小野(左)・橋本(右)ペアでした。大会史上初の2連覇です。おめでとうございます。
スロースターターなのか、挽回のテニスでしたがきっちり追いつき競り勝つところはさすがです。
小野選手のネット際でのボールさばきは見事でした。
橋本選手の常に冷静なプレーとディフェンスが光ってました。
f0145325_5521143.jpg


準優勝の高橋(左)・宮田(右)ペア。
高橋選手の緩急使い分けたグラウンドストロークと宮田選手の器用なプレーの組み合わせにしびれました。
f0145325_643814.jpg

宮田選手のウェアは決して私服ではありません。

今大会を振り返ってみると、またレベルが上がってきたことを感じました。
基本技術は当然ですが、ネット際のボール(こぼれ球)の処理などオールラウンドにこなすことは必須条件のように思えました。

そしてみなさん、とにかくタフでした。
体力消耗による休憩は一人一回3分を今回から認めましたが、結局そのメディカルタイムをとる選手は一人もいませんでした。
3セットマッチ1試合で足が痙攣してしまう私から見ると、今回の上位入賞者は皆スーパーマンです。

ご参加いただいた選手のみなさん、ありがとうございました。
毎年参加の選手、初参加の選手、本当に感謝です。
また、大会にご協賛いただきました(株)グレイスホテル、(株)ダンロップスポーツ、(株)ワーク代表の渋谷さん、いつもありがとうございます。
クラブ営業日の金曜日、大会のためにオムニコートを空けていただいたグレイステニスクラブ会員のみなさま、ありがとうございました。
そして、寒い中応援にきてくださった多くの方に感謝です。来年は是非出場してください。

多くの方々にご協力をいただいているグレイスオープンです。
毎年、楽しみにしていただけるような大会にしていきたいとスタッフ一同思っております。

来年は更に、タフマッチを期待します。
一回戦、QF,SF,Fを3セットマッチ。2回戦は6ゲームマッチ。
初日に1回戦からQFまで、二日目にSFとF。
こんなのはどうかな?と考えております。

来年、更にパワーアップした選手のみなさんにお会いできることを楽しみにしています。

ありがとうございました。感謝!
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-01-19 06:37

ビギナークラス&気分

昨日、今年初のビギナークラスが開催されました。
今年も多くの方から申し込みをいただきありがとうございます。
今年からアドバンスクラスとビギナークラスが毎月開催になりました。
たくさんの方にグレイステニスクラブに足を運んでいただきたいと思います。

さて今年の第1戦。
予選からタイブレークにもつれる試合もあり接戦が多く展開されました。

その混戦を制したのは高橋・森組(フリー)でした。
f0145325_6405831.jpg

おめでとうございます。
さあアドバンスへチャレンジです。頑張ってください。
更なる飛躍を期待します。

話は変わりますが昨日、私は主婦の方7名のグループレッスンをしました。
そのレッスン中、試合中の「気分」の話をしました。

相手に決められたとき、どんな気持ちになりますか?
「悔しい。」「やり返す。」極端になると「ムカつく。」などがあると思います。
私もそうです。

ここで重要なことは、相手がウィナーを決めたことが原因で自分がそういう気分にさせられているのではないということです。

自分が自らそういう気分を選んでいるということです。

ですから、相手に決められても「私は大丈夫。」という気分を選ぶことはできるのです。

勝者はそういう気分を選ぶ人です。相手のマッチポイントになっても「挽回できる。」と信じられる人です。

書いたり、言ったりするのは簡単です。(私のように)

自分の身体に落とし込むには”習慣化”がテーマですね。

練習試合とかで「気分の選択」のトレーニングをするといいでしょうね。
これは、私もやっています。

テニスで厄介なのはポイント間の時間「間」だと思います。
この時間に色々な考えや気分が頭を駆け巡ります。

自分にプラスになる気分を選びましょう。
きっとテニスがもっともっと楽しくなると思いますよ。

今日から天気は下り坂らしいです。

私は、「きっといいことがある」といういい気分を選びます。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-01-11 06:57

テニスコーチの役割

テニスコーチに求められるものとは何でしょう?

いきなり気難しい始まりですみません。

最近、コートで指導しながら思うことがあります。
一番はスクール生を上達させること。なのでしょうか?
テニスを楽しんでもらうこと。もそうでしょう。

野球、サッカー、バレーボールなどのコーチとテニスコーチの大きな違いは「試合中」にあると思います。
前者は試合中、アドバイスができます。試合中にいろいろなアイデア(情報)を提供できます。

後者(テニスコーチ)は選手の試合中はただ見守るだけです。アドバイスをすれば選手は失格となります。コーチは選手の試合後「おめでとう。」「お疲れ様」と声をかけるて振り返りをします。

この違いは大きいなと感じています。

心・技・体を伝えることは重要です。
そして何よりも選手には「自分自身を知る」ことが最重要テーマになると思います。

試合中、自分が「できること」と「やりたいこと」をしっかり区別できること。
背伸びせず、萎縮せず「等身大」でプレイすること。

これはわかっていても、なかなか実践できることではありません。
事実、私がそうです。

競った試合で勝利できたことを思いだすと、その試合は「等身大」でプレイしていたと思います。

エンジョイ・プレーヤーと選手ではこの辺を使い分けて指導することが大事だなと思っております。

エンジョイ・プレーヤーにはぜひ「やってみたい」プレーを体験していただきたいし、選手には試合当日の自分の「できること」を理解してプレーすることを身につけてもらいたいと思います。

プレーヤーの目標を明確にしていただきレッスンに参加いただければ上達度も変わってくると思います。

今年もみなさまの素晴らしいテニスライフに貢献します。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-01-09 07:10

2008年グレイステニススクール・スタート

今年の第1期がスタートしました。
スクール生のみなさま、今年もよろしくお願いいたします。
f0145325_634661.jpg

昨今、テニススクール事情はインドア化が進んでおります。
私達のアウトドアテニススクールを継続いただいてるスクール生には本当に感謝です。

グレイステニスクラブは緑に囲まれた素晴らしい環境の中にあります。
晴天の日は、かなり気分良くテニスをプレイできます。
インドアでは味わえない部分と思っています。
もちろん、天候に左右されずにプレイできるというインドアの利点もあります。

多少の小雨ならレッスンは実施します。
これからの季節は強風の日もあります。
こういう環境もテニスには必要なことだと思ってます。

実際、多くの大会はアウトドアで行われます。日差し、風向き、気候といった自然環境がプレイに影響を与えます。

試合に参加する方は、アウトドアでの練習が必ず必要となります。

このようなニーズがあるので、私達のスクールは成り立っていると思います。

ゲームクラスは定員8名のクラスです。試合経験豊富なコーチ陣がお相手します。

そして、グレイステニススクールのもう一つの特長は、4週間でスクールボール(ダンロップ・プラクティス)を全てニューボールに交換することです。1面、300個使用します。

今年もいろいろなことがあると思います。楽しみです。

テニス(スポーツ全て)は「笑顔」と共にプレイすることが上達のコツと考えます。
元々、スポーツというものは、「楽しむ」ために生まれたものです。
このことは、忘れてしまいそうですがずっと大切に持っていたいですね。

オリンピック代表選手とかに言わせると
「日の丸を背負って、楽しむなんてできない。」
と言います。

これは代表選手にしかわからないことなのかもしれません。

楽しみ方は千差万別です。

みなさんにとって今年も素晴らしい1年になりますように。
テニスを通じて素晴らしい人達と出会えますように。

グレイステニススクールスタッフ一同望んでいます。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-01-07 19:21