「ほっ」と。キャンペーン

旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧


3セットマッチ

先日、ジュニアの選手とマッチをしました。
女子中学生相手に遠慮なくサービスを打ち、おまけにドロップショットもオプションでつけちゃいました。
6-1で私の勝利。

握手をしようとネットまで行くと彼女がニヤニヤしながら

「あれ?3セットマッチじゃないんですか?3セットマッチですよね?」

と言ってきました。

「わかったよ。2ndはダンゴつけてやる。」

と相手の要望に応えた私でした。

ダンゴの予定が1つ取られ4-1アップ。
まあ1stと同じかな。と思っておりました。

ところが、その辺りから変化がありました。

彼女のリターンが私のサービスに合ってきました。
元々サービスリターンが得意な選手なのですが、1stみたいに簡単にポイントが取れなくなりました。

リターンエースで4-4になってしまいました。

まあ、いつかは私が敵わなくなるときがくるのでしょうが、まだ早いだろう。
と、根性出して6-4で逃げ切りました。

やっぱり、テニスはこれなんだな。とつくづく思いました。

同じ相手から2セットを奪って初めて勝利と言えるんだろうな。

今回のマッチも2ndを彼女が取っていたら、ファイナルはどうなっていたかな?
だんだんショットも冴えてきていたし、私の打つ手はなかったかもしれません。

最近の草試合の主流は、1セットマッチのリーグ戦を戦ってから順位トーナメントというスタイルです。

最低2~3試合はできることを売りにしています。

まあ、練習試合みたいなもんでしょうね。

もちろん、そういう試合にたくさん出て経験を積むことは大切だと思います。

更なる向上を目指すなら、ときには3セットマッチのトーナメントに出ることも必要です。

試合とは、読んで字の如く「ためしあい」です。
日頃の練習の成果を試す場だと考えていいはずです。

先月のグレイス女子ダブルスオープンもそういうこだわりから3セットマッチにしています。

10月頃に行われる「田園ダブルス」も3セットマッチです。
探せばあるはずです。

テニスのもっともっと奥深い部分を知るためにも是非3セットマッチにチャレンジしてください。

私もチャレンジします。
フルセットになるとだいたい足が痙攣します。
でも頑張ります。

明日は仕事が早めに終わります。
その後、保育園に子供を迎えに行く予定です。
今日の朝から子供達はパパが迎えに来てくれるのを楽しみにしています。

早く、明日にな~れ。
おやすみなさい。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-02-28 01:42

発表会

2月23日土曜日に私達夫婦の宝物、子供達の保育園の発表会がありました。
f0145325_534530.jpg

5つのグループが5分くらいづつ歌を唄ったりお遊戯を披露してくれます。

最初は0才児。
幕が開いた瞬間でした。
たくさんのパパやママは一気に身を乗り出します。
ビデオカメラが子供達に集中します。

子供達(赤ちゃん達)はポカーン。
「何やってんだぁ?」
みたいな顔をしてます。
パパ&ママは必死です。

次は1才児でした。
幕が開き、大勢の大人たちが現れカメラを向けられ、驚いて泣き出す子もいます。
そりゃそーだよなぁ。
ビックリするよね。

次はいよいよハル君(晴俊2才)の出番です。
周りのパパさん達に負けないように私もカメラを構えます。
テニスのサービスリターンのようです。

幕が開きました。
ハル君見っけ。カメラはアップで捕らえます。
出だし10秒程、笑顔。
おじぎもバッチリ。
。。。。。。
固まる。硬まる。
あっけにとられながら終了。
まぁ、泣き出さなかっただけ立派だと思います。

最後のグループでノンちゃん(希愛【のぞみ】3才)登場。
ディズニーランドに行ってもミッキーと握手するのを怖がるノンちゃん。
泣き出すのではないかと心配してました。

ところが、、、、、
堂々としかも満面の笑顔で歌を唄ってます。私がビックリ。
歌のあとはお遊戯(ダンス)。
笑顔がはじけて輝いて眩しい。
最後の決めポーズも決まりました。最高~!

感激・感動。

親ばかというか自分の子供以外は全く目に入らなかった時間でした。

5つのグループ全て終了。
時間にして1時間くらいの発表会でした。

子供達は上手に踊ろうとか、かっこよくみせようとか一切してませんでした。
何も恐れずただただ、楽しんでいました。
笑顔が輝いてました。

映画「コーチカーター」の私の好きなセリフ

「小さな子供達のように輝こう!」

を思い出しました。

ハル君、ノンちゃん、感動をありがとう。

パパもママも輝けるように頑張ります。

横浜に春一番が吹き荒れたこの日、私の心の中でも春一番が吹きました。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-02-24 06:03

りぼん

少しづつ春が近づいてきたようです。
(まだ寒くもなるのかな?)

ここ数日は天気も良く、最高気温も10度を越え暖かい日が続いてます。

そして、やってきます。

春と共に。。。

花粉が。。。

私は花粉症です。特に薬も注射もしません。花粉とガチンコ勝負です。
毎年負けてます。連敗中です。
今年もたぶん負けます。(←ネガです。)

さて、最近ジュニアの選手に行っている簡単な練習を紹介します。

サービスとスマッシュのためのトレーニング。

リボンです。

廻したり、S字を書いたりします。
新体操をイメージするとわかりやすいと思います。

f0145325_6244051.jpg

f0145325_6251582.jpg

f0145325_6253392.jpg

写真は西尾里菜選手です。
1月からグレイスで練習してます。春から高校1年生。
昨年、中学2年生で横浜ジュニアの高校生の部で優勝したすごい選手です。
これからが楽しみなテニス大好き少女です。ご期待ください。

このリボン振りをすると、肩の内旋・外旋の動きがよくなります。
そして肩の稼動域を拡げられます。

女性の方には効果あると思いますよ。是非試してください。

昨日はキッズ用の軽いラケットでメルトンボール(キッズ用の軽いボール)を使い練習しました。
f0145325_633278.jpg

f0145325_6332359.jpg


里菜選手は3月に神奈川ジュニアに出場します。
がんばれ~!!!

テニスは試合中、気持ちが変化します。
自分の思いどおりになったり、相手の思いどおりになったtり。
気分が良くなったり、落ち込んだり、むかついたり。
アドバイスは一切受けることができません。

それら気持ちの変化は、全て自分の選択です。

勝ってても、負けてても、競ってても、最後までベストを尽くす、一生懸命プレイすることを選択したいですね。

いよいよテニス本番のシーズンです。

さあ、今日も一生懸命を選択しよう!

ということで、洗濯物を干してきます。。。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-02-22 06:40

春が好き!

2月になり寒さもピークになってきました。

私は、寒いのが苦手です。この時期の夜のレッスンは大変寒いです。

硬い身体が更に硬くなります。

f0145325_69395.jpg

私のナイターレッスン仕様です。

ニット帽、ネックウォーマー、左手は普通の手袋。

右手は愛妻お手製の手袋です。古いトレーナーの袖を使って作ってくれました。
直接ラケットが握れて、暖かくて、うっすらと汗もかくので肌荒れ防止にもなります。

寒さ対策バッチリで、気持ちは熱くテニスをします。

あと1,2週で春を迎える準備が始まりそうです。

私は、毎朝洗濯担当です。

正確にいうと、洗濯物をたたみ、洗濯物を干します。

洗濯をしていると、子供達の服のサイズが大きくなっていることや、御飯などの付着が減ってきていることなど、成長がわかります。

あと季節の移り変わりを感じることもできます。

早く春よ来い。

1年の中で、私が一番好きな春よ来い。
f0145325_621635.jpg

我が家ではハル(晴俊2才)が毎日、台風をおこしております。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-02-19 06:23

シルバーホルダー

市民ミックス大会は進行中ですが、4月にはダブルス大会が開催されます。
エントリーの受付が始まりました。

今年から、私は45才以上に出場します。
パートナーは、なんと大学時代からの偉大な先輩、金子信也さんです。
恐れおおいのですが、ずうずうしく私からお願いしちゃいました。
金子さんから出場OKの返事をいただき、嬉しさの中緊張してきました。(早っ)

グレイスの大門コーチは、同じくグレイスのナイター会員の柏木さんと40才以上に出場します。

渡邊朋子コーチは諸事情により現在出場検討中です。

DeepBlueからは、昨年の私のパートナー芦野選手は石井選手とエントリー。
昨年ベスト16の江淵・久利生組。
リーマンペア大野・山田組。
あと岩本・伊藤組もエントリー予定。

女子では昨年優勝の石田妙子選手が伊藤千奈津選手とエントリー。2連覇目指します。

市民ダブルスは日も長くなり始めるころで季候も暖かくなり気分的にもワクワクします。

私は21才のときから出場しています。1回だけ出場しなかった年がありましたが、ずっと一般でやってきました。

準優勝がなぜか3回。優勝は0回。ガクッ。
ちなみに愛妻は単準優勝2回、複準優勝2回、義父60才以上単準優勝1回です。

呪われているかのように優勝できません。

横浜のシルバーホルダーと言われた頃もありました。(うれしくない)

いやなことを思い出してしまいました。

まあ「過去は虚」

過去と他人は変えられない。

市民ダブルスが始まり、4月下旬には東京オープンにエントリー。
関東オープン、東京毎日へとつながります。

練習量は減ってます。限られた時間の中でトレーニングしてコンディション万全にして挑みたいですね。

何かいいことがありそうな2008年。これからが本番です。

ワクワクする気持ちのような青空をどうぞ!
f0145325_54755100.jpg

[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-02-17 05:53

基本的欲求

昨日、ビギナークラス第2戦が行われました。
天気は朝は快晴でした。
優勝は佐藤・田中組でした。おめでとうございます。
f0145325_539748.jpg


突然ですが、「基本的欲求」についてレポートしたいと思います。

アメリカの精神科医ウィリアム・グラッサー博士が提唱する「選択理論」によると人はみな例外なく遺伝子の指示によって生まれながら基本的欲求を持っています。

基本的欲求は5つあります。

1.生存の欲求…健康でありたい、長生きいたい、食べたい、飲みたい、休みたい

2.愛・所属の欲求…愛し愛されたい、仲間の一員でありたい

3.力の欲求…認められたい、達成したい、人の役に立ちたい

4.自由の欲求…自分で選びたい、強制されたくない

5.楽しみの欲求…自分の好きな事をして楽しみたい

人はこれらの欲求を満たそうとして行動します。

5つの欲求が一つでも満たされると、気分が良くなります。

気分がよくなる人、物、状況、などが入ったイメージの世界が人の脳にはあるということです。
それを、上質世界と言います。シンプルに言うと願望です。

相手の上質世界に何があるのかを知り、その願望を満たす援助をすることで人間関係がよくなります。

<参考文献 『幸せを育む素敵な人間関係』 柿谷寿美江著>

以上のことを私が学んで感じたことはコーチと生徒・選手との人間関係を構築することがパフォーマンスの向上につながるのではないかということです。

相手の願望にないことを強制したりすると、相手は不快感(苦痛)になります。

今思えば選択理論と出会う前の私は、自分の頭の中にあるものが正しいと決めつけ相手に押し付けていました。

子供達にしても、自分の気に入らない態度の子は厳しく注意してました。しまくっていました。

相手の願望にフォーカスすることを第一に考えるようにしてから変わってきました。

ラリーをしていても、気持ちよくキープしたいと思う人(愛・所属の欲求の強い方)がいたり、思いっきりひっぱたきたい人(力の欲求の強い方)がいたりします。

思いっきり打ちたい人に「ゆっくりキープしましょう。」と強制すると、その人は苦痛感情を感じます。当然、私に対して不信を持ちます。
ですから、そのまま打たせてあげることが重要になります。ただこの場合、危険性がないことが前提です。

このことを実践し始めると相手の長所を認めることができます。

「短所指摘法よりも長所進展法に徹する」(青木仁志氏)

これは、不思議で相手の長所を見ていると私自身も気分がよくなります。

長所を伸ばせばテニスが楽しくなります。
もっともっとテニスが好きになります。
もっともっとテニスを(練習)する時間が増えます。
上達します。
ヤッタ~!

このような上達の仕組みがあってもいいのではないでしょうか?

ダブルスのペアも「もっと、ああしたほうがいい。」「こうしたほうがいい。」
と指摘する人より「あなたはここが素晴らしいね。」「ここをもっと活かそうね。」
という人と組んだ方が気持ちも高まるのではないでしょうか?

テニス(スポーツ)は自分一人の力では向上しません。
周囲の人との素敵な関係が上達のキーワード
かもしれません。

今日も気持ちよくテニスを楽しみましょう!
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-02-15 06:36

横浜ジュニア優勝!

本日、長浜コートで横浜ジュニアの決勝が行われました。

高校生女子の部で、我がグレイスTC所属の高校2年生、二ノ宮沙梧(さぎり)選手が
6-3、3-6、6-3で見事優勝しました。

やりました。私も超嬉しいです。
f0145325_5424052.jpg

私の後ろに(かぶってしまいましたが)移ってる顔写真は二ノ宮選手のもう一人のコーチ・長峰久征(しさまさ)コーチです。

二ノ宮選手を指導するようになってから3年目になります。
ここ1年の彼女の成長は著しいものがあります。

私と出会った頃も上手でしたが、フットワークがかなり向上したと思います。
バックハンドストロークがやや不安定でした。
私はあえて無視しました。
それよりも彼女の魅力・武器は何かを考えました。
それは、フォアハンドストロークとサービスでした。

「完璧・完全を目指すのではねく改善・最善を目指す。」(青木仁志氏)

「自分にないものより、あるものに焦点をあわせる。」(佐藤英郎氏)

そして一切の強制をしませんでした。
話合い、彼女の願望に注目しました。

私自身の中で、以前と違う試みでした。
でも、そうやって行っていくうちで、これでいいんだなと感じるようになったのは
二ノ宮選手のテニスの練習に取り組んでいく姿勢でした。
テニスが大好きで、コートに立っている時間が一番心地よいといったように受け取れました。

テニスの向上よりも、コーチと選手の関係を大切にしました。
「信頼」こそが向上の本質なのかもしれません。
私はそう信じます。

そして、選手が「改善・最善」を目指し、努力できる環境を造ってあげることも重要だと思います。

沙梧選手、本当におめでとうございます。これからの活躍を期待します。

彼女の可能性はまだまだこんなものではありません。まだほんの5%くらいだと私は思ってます。

彼女だけではありません。グレイスに来ているジュニア達、日本中の子供達、世界中の子供達。
子供達の秘めている可能性は計り知れないものがあります。

大人は、それを引き出せるサポートがしたいものです。

ただ残念ながら。。。
「うちの子は無理よ。」
「まあうちの子ならせいぜい、こんなもんでしょ。」
と言われるご父兄は多いです。

子供の可能性に蓋をしているのは、実は一番身近な親なのではないでしょうか?

「あなたはできる子なんだよ。」
「あなたは素晴らしいんだよ。」
と大人がいつも声をかけてあげたら子供達はどうなるでしょうか?
想像してみてください。

私は今年、あることにチャレンジします。
それは「親」の「子」に対する関わり方や声がけがどれだけ子供の成長に関係してるかを多くの大人(親)に知ってもらうことです。

「わからせる」というと外的コントロールになるので、あくまで情報を提供させていただこうと考えています。
みなさん、楽しみにしてください。そして是非参加してください。

2008年も早2月。
市民ダブルスの申し込みも始まりました。

今年もきっと多くの素敵な出来事が起こりそうです。
とても楽しみです。

最後にもう一度。

沙梧~おめでとう~!
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-02-10 21:39

スタートクラス&アドバンスクラス

1月31日スタートクラス、2月7日アドバンスクラス。

どちらも今年の第1戦が開催されました。

寒い中、参加選手のみなさん、熱い戦いを繰り広げていました。

今年から初めて参加いただく方、常連の方、そして昨年のクラスからステップアップした方。
多くの方がいらっしゃいます。

それぞれの目標もお持ちだと思います。
目標達成のためにも、練習と試合を繰り返し繰り返し実行してください。

先日参加したセミナーで講師の先生が言っていました。

目標達成、いわゆる成功するための第1ステップは

「絶対、自分は○○○をやる。(する。)」
と、自分自身と約束すること。決めること。


だそうです。

これが「~なれたらいいな。」「~したい。」だと
意思が弱くなってしまうそうです。

この差は行動にでてくるそうです。

私も、今年の目標を「こうする。」と決めています。
が、まだまだ弱いです。
行動が不安定になります。

言うのは簡単ですが、強く思い込むことはけっこう大変です。

だから、毎日紙に書いた自分の目標を見ます。
これも繰り返し反復ですね。

テニスの上達する方法は昔も今もこれからも
「できるまでやり続ける」
これしかないと思います。

みなさん、共に頑張りましょう。

話を女子ダブルスシリーズに戻します。
スタートクラス優勝は阿部・内野ペア(OTS)。
ビギナークラスへチャレンジしてください。

アドバンスクラス優勝は古橋・吉村ペア(中央林間・南林間)
でした。

すみません。写真を撮影するのを忘れました。
優勝したみなさん、おめでとうございます。

写真がないので、我が家の夕食の写真です。
愛妻の創ったハンバーグは超最高においしいです。
今日は子供達もコネコネしました。
f0145325_71925.jpg

[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-02-08 06:53

ジョギング&メンテナンス

本日、天気はスッキリ!

朝のレッスンの後、ジョギングしました。
鶴見川の土手を鴨居駅まで往復約4キロを走ります。
風もなく快晴でとても気分良く走りました。

火・金はジョギングの日でしたが、最近、金曜日は時間がなくなりました。
週2日走りたいですね。

ジョギングする目的は体力アップもありますが、身体のメンテナンスのためでもあります。

昨年10月頃から通っている整体院の先生に、とにかく身体がガタガタだと言われました。
現在も言われ続けてます。
要は「硬い」「固い」ということです。

メンテナンス不足。
コーチになって24年(学生アルバイト時代含)、テニスのあとのストレッチ不足ですね。

そして、その先生に「走ったほうがいいよ」と言われました。
走ることはあらゆるスポーツの基本ですからね。

ジョギングのあとは、身体が非常にHOTなのでストレッチを入念にやりました。
股関節を中心に20分位。
私の身体は、股関節の硬さから膝と腰に相当負担がかかってるらしいです。

着替えてランチ。
運動後、30分以内に食事を摂ります。
食後は、なんだか気分が良くウトウト。。。
15分ほど午睡。

う~ん、運動・栄養・休養ですな。

午睡後はレッスンを終えた愛妻との練習相手。
1時間ほど球出しや振り回しなど行いました。

愛妻、全日本ベテランに向け頑張っております。
振り回しではヘロヘロになるまで走ってました。
ガンバレ!美紀ちゃん!

夕方はジュニアのレッスン。女子選手3名のクラス。
女の子だけど、打ってくる球は激しいです。
しごくつもりがしごかれちゃいます。

みんなテニス大好きです。
私は、テニス大好きな人が大好きです。

さて、明日はまた雪?

明日もベストを選択しよう!

おやすみなさい。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-02-05 22:40

予測

今日はとっても気持ちのいい天気でした。
晴天の日のグレイステニスクラブは最高ですよ。
f0145325_1271574.jpg


今日のゲームレッスンをしているときでした。
私は予測の話をしました。

「テニスは予測、予測は経験値」
という言葉があります。

経験値という表現はピンとこないかもしれません。

多くの方は普段の生活で予測を使っていると思います。

例えば、
新聞にスーパーの安売りの折込が入っていれば、きっとその日スーパーは混むんだろうな。とか。

テレビのサスペンスドラマを見ながら、きっとこの人が犯人だろうな。とか。

みのもんたがいってたから、きっとどのお店でも売り切れてるんだろうな。とか。

水戸黄門がそろそろ印籠だすな。とか。

これらは自分の経験から推測できることですね。

テニスは常に相手のショットを予測します。そして反応します。
予測してからの反応と予測なしの反応ではそのスピードに差がでます。

これは頭で覚えることはできません。

”なんとなく”感じるのが大切だと思います

さらに予測が発展してくると、
「ここへ打って来い。」
「ここへ来たらこうしよう。」
などの次のプレイを組み立てやすくなります。

いわゆる、誘う、呼び込む、ということでしょうか。

そして、「相手は何を予測してるのか(待っているのか)」を予測します。
将棋、囲碁、オセロなどのゲームが好きな人は得意だと思いますよ。

これもテニスの楽しいところですね。

みなさんも是非、日頃の経験を活かしてテニスのプレイに役立ててください。

PS.先週からフジテレビで「救急救命24時」の再放送が始まってます。
   DVDに録画して一人見てます。
   一人感動し泣いてる私です。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-02-01 22:33