旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧


無限大

昨日深夜0:00からWOWOWで先日デルレイビーチで行われた
錦織圭選手 対 ジェームス・ブレーク選手の試合が放映されました。
f0145325_237954.jpg


優勝したその日に各メディアで取り上げられ話題になりました。

対戦相手のブレーク選手は以前からよくテレビで見たことがあります。

強烈なショットとずば抜けた身体能力。

熱い胸板。跳ね上がったお尻。

こんな選手には日本人は絶対勝てるわけがないとずっと私は思っていました。

試合を見終わって決してまぐれではないと思いました。

日本人プレーヤーの試合とは思えないようなラリーでした。

ブレーク選手と互格以上に打ち合い、ドロップショットなどを織り込み、奇襲のサービスダッシュなど相手を翻弄させていました。

フォアハンドストロークのスライスエースにはビックリしました。

とても18才のしかも日本人の試合だとは思えませんでした。

試合中きっと錦織選手は勝つこと以外、頭になかったのだろうなぁ。

すごいですよね。

日本人に勝てっこないと勝手に思いこんでいた自分が恥ずかしいです。

「人生の目標を達成しようとするとき、限界がたった一つある。
                      それは自分が決めた限界である。」

                                   D・ウェイトリー

人間の秘めた可能性は無限大なんですね。

自分で勝手に限界を決めていただけなんですね。

錦織選手、どうもありがとう。そしておめでとうございます。

次のデビスカップの日本代表メンバーにも選ばれました。
もっともっと活躍して多くのテニスプレーヤーに感動と勇気を与えてください。

私は今月16日(日)にあざみ野LTCで行われるベテランテニストーナメントに出場することになりました。

限界を決めずに最善をつくしたいと思います。

そうすれば、きっと、、、

いいことがある。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-03-11 23:28

ドロー会議

今日は横浜市民大会ダブルスのドロー会議に出席してきました。

横浜市民大会は日本一の市民大会です。(と私は思っています。)

まず、エントリー数。
今回は一般男子、一般女子、~ベテランまで17のクラスでエントリー合計836組です。
f0145325_6245382.jpg


そして参加選手のレベルの高さ。
全日本出場選手などセミプロも多く出場しています。

大会期間も長いです。
約2ヶ月、土日・祭日を使って行われます。
選手のスケジュール調整も大変だと思います。

これほどの大会ですから優勝することはすごく名誉なことだと思います。

私はほぼ毎年、ドロー作りの手伝いをしてますが、これがまた手間がかかります。
f0145325_625657.jpg


エントリー数の確認、参加資格の確認、シード抜き、抽選、ドローを手書きで作成、読み合わせ、など行います。途中で一つ狂えば時間を取られます。

しかし、昨年の秋からコンピューターで組み込めるようになりました。

シード抜きだけすればあとはコンピューターが行ってくれます。
f0145325_6251711.jpg


時間もいつもは朝9:30~15:00か16:00くらいまでかかってましたが、今回はお昼過ぎには終了しました。

市民ダブルスは4月から始まります。

各市営コートには桜がちょうど咲く頃です。

春の訪れと共に行われる市民ダブルスが私は大好きです。

私は45才以上で出場します。

出場選手のみなさん、優勝目指し頑張りましょう!
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-03-08 20:08

ビギナークラス第3戦

今日午前中はフロント前のショーケースの商品の整理をしました。
ダンロップの新商品などをアップしました。

キャップ、バイザー、グローブなどお買い得価格です。

グローブはフルタイプ、半指タイプに加え今回から指先だけ出るネイルスルータイプの3ラインナップ。
お値段、なんと両手で1600円~2000円。金利はWSSが負担(ウソです)。今すぐご来店ください。

男性用の文字ソックス(集中、庭球命、一球入魂)もあります。
1足¥800。2足で¥1500。

午後はビギナークラスが開催されました。
今回は9組のエントリーでした。

熱い闘いを制したのはグレイステニススクールの下田・金沢ペアでした。
ホームでの優勝おめでとうございます。
決勝は大変接戦で、勝った瞬間は信じられないように驚いていました。
さあ、アドバンスクラスへチャレンジしましょう。
f0145325_557339.jpg


日々、暖かくなってきました。
朝晩は少し寒いかな?

大空の下でテニスをするには最適な季節がやってきます。
花粉なんて気になりません。(???)

今日は一昨年他界した母の誕生日。
生きてたら78歳。

などと思いつつ感謝です。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-03-06 22:40

小嶋 俊平コーチ

今日の午後、小嶋俊平さんがグレイスに来てくれたので1時間ほどでしたが練習をしました。
f0145325_033747.jpg

小嶋俊平さんは日吉テニススクールのコーチです。

私と同じく日大出身です。
そして、私と同じウサギ年生まれです。(一回り違いですよ。)
素敵な奥さまと日吉TSの横で暮らしています。

彼のテニスの武器は、、、フォアハンドストロークだと私は思ってます。
あとサービスがいいですね。

何度か、私とダブルスの試合にも出たことがあります。(ラビットコンビ)
元インカレの選手にも勝ったことがあるんですよ。(自慢)
彼はネットですばしっこく動きます。
彼のポーチボレーには何度も助けられました。

年が一回りも違う私に、彼は「ダブルスでましょう。」と声をかけてくれます。
どうもありがとう。感謝です。とても嬉しいです。

最近はレッスンが忙しくあまり試合に出ていないようです。
でも5月からまた出ると言ってました。

私も4月からトーナメント活動開始です。

俊平さん、私と共に努力し頑張りましょう!
また練習しましょう。

そして、輝きましょう!
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-03-06 00:53

勝ち、、、負け。。。

ひな祭りも終わりました。
我が家のひな人形はまだ出しっぱなしです。
嫁に行き遅れるように。。。
ずっと、パパのそばにいるように。。。
馬の骨には渡さん。。。
f0145325_172967.jpg


さて、レッスンをしていて上達してきた(アベレージが上がってきた)人達に

「是非、機会があったら試合に出場してみてください。もっと、テニスが上達しますよ。」

と提案すると

「えっ?まだまだ私なんか無理ですよ。そんなレベルじゃありません。」

という応えがよく返ってきます。

以前のブログに書きましたが、人間には例外なく5つの基本的欲求があります。

その中の1つに「力の欲求」というのがあります。

達成したい、自己承認、認めてもらいたい。といった欲求です。

誰でも勝つと気分がいいし、負けると気分が悪いですよね。

負けて気分が悪くなるくらいなら、最初から勝負はしないほうがいい。

ということになりますね。

私にもちゃんと力の欲求があります。
特に学生の頃はものすごく強かったと思います。

試合に出始めた頃は、連戦連敗、参加賞だけが増えていきました。
もうテニスなんか辞めようと思ったことも何度もありました。

ですが、その経験が今の私のテニスの源です。

「人が目標に向かい、挑戦した結果起こる可能性は二つある。 一つは、
成功する(うまくいく)可能性、 そしてもう一つは学ぶ可能性である。」

                                     佐藤英郎氏

普通、「成功」の反対は「失敗」となりますよね。

「成功」するか「学ぶ」か?だったらチャレンジする勇気がでてきませんか?

佐藤英郎氏の言葉を借りれば、結果を恐れて挑戦しないことが本当の「失敗」だということです。

ここで、重要なのは「目標に向かい」ということです。

遠くに目標を持ち、それに向かっての挑戦であれば負けた試合など経験にすぎないと思います。

性格を変えることはできないと思いますが、考え方は変えられるはずです。

プラスの考え方を持ってチャレンジしませんか?

一度きりのテニスライフです。いつかテニスができなくなる日はくるのです。

私もまだまだ道半ばです。未熟です。

もっともっと多くのことを学ぶためにも挑戦し続けます。

共に学びましょう!

                              <見事な股下キャッチ>
f0145325_112295.jpg

                  <我が家から見た朝焼けの中のベイブリッジ>         
f0145325_19577.jpg
      
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-03-05 01:00

クォリティースクール

暖かくなったり、また寒くなったりの日々が続きます。
春はそこまで来てます。花粉はとっくに来てます。

最近グレイステニススクールのリトル・ジュニアクラスでちょっとした試みをしています。

リトルクラスは小学生がメインで16:30~17:25の55分間(ほぼ1時間)です。
ジュニアクラスは中・高校生がメインで17:30~19:00の90分間です。
もちろん経験や能力によって変わります。

ジュニアクラスの生徒で能力的にも認められた子に、リトルクラスのコーチのアシスタントをしてもらいます。
f0145325_1254310.jpg
f0145325_1255359.jpg

小学生と笑顔で関わる松本匡平君(写真上)と西尾里菜さん(写真下)

これは、アメリカにあるグラッサー・クォリティー・スクールを真似て導入してみました。

グラッサー・クォリティー・スクールは七つの致命的習慣(批判をする、責める、文句をいう、ガミガミいう、脅す、罰する、ほうびでつる)を追放し、外的コントロールを使わない学校です。

そして、一切の強制がないそうです。

そのクォリティー・スクールでは、テストを手際よく「できる」というレベルで終える生徒は、勉強を続けるための励ましとして、自ら進んで教師見習いになり、手助けを必要としている生徒を教えることができるそうです。

「教えることほど、効果的な学習方法はない。」

「教える生徒はたくさんのことを学ぶ。」

<参考文献 「あなたの子どもが学校生活で必ず成功する法」 アチーブメント出版>

確かに、私の記憶でも小学生の頃、学校を休んだ友達に勉強を教えたとき自分でも良く理解できたのをうっすらと覚えています。

テニスでも大学1年生のときに、アルバイトコーチを始めましたがスクール生に指導するようになってから自分のテニスも上達しました。

あと、「エドガーデールの学習の法則」があります。

読んで……………10%
聞いて……………20%
見て………………30%
見てかつ聞いて…50%
言うか書いて……70%
教えて……………90%        自分のものにできるそうです。

以上のことから、今後もこういった試みをしていきたいと思ってます。

リトルクラスの子供達のほうが上手にできる練習もあったりして、逆に教わったりしている姿が微笑ましかったです。

f0145325_2251354.jpg

f0145325_2252714.jpg


目指すはクォリティー・テニス・スクール!

子供の笑顔はいつも輝いてとてもまぶしいです。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-03-01 01:26