「ほっ」と。キャンペーン

旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧


祝!東京オープン準優勝

またまた久しぶりの更新です。

先週月曜日、愛妻・美紀が東京オープン女子40才以上シングルスで見事(本人は悔しがってますが)準優勝しました!
f0145325_611884.jpg

今大会ノーシードで出場した愛妻。
シード選手を数名破り決勝へ進出しました。

今年の東京オープンはファイネルセットはスーパータイブレーク決戦方式でした。
1セットオールの場合、ファイネルセットは10ポイント先取のタイブレークを行います。

美紀は決勝を含め、3回スーパータイブレークを戦いました。
惜しくも決勝だけ敗れてしましました。

が、ノーシードからここまでやったのだから立派(拍手)。
これで5月の関東オープン出場は確実です。

関東オープンで上位入賞すれば10月の全日本ベテラン出場も可能だと思います。

二人の子供(おまけにもう一人いますが)に振り回されながら、練習時間を創り頑張ってきた甲斐がありました。
おめでとう!更なる活躍を期待します。

余談ですが、、、私の東京オープン(45才以上)は4R敗退でした。
またまた両足痙攣。
途中、奇跡的に回復。
しかし、スーパータイブレーク4-10で力尽きました。
関東オープンは多分出れると思うので、そこでまた頑張ります。

義父の中村杯優勝&義母の東京オープン女子65才以上ダブルス・ベスト8報告が遅くなってますが、写真を入手しだいブログに掲載します。

今、我が家にはテニスの「氣」が充満しております。

今日は雨みたいですね。

それでも。人は輝けるのです。

美紀ちゃん、ホントにおめでとう!
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-04-27 06:23

金子信也先輩&市民ダブルス

20日の日曜日、三ツ沢公園で横浜市民大会のダブルスが行われました。

私は45才以上に出場。パートナーは大学時代の先輩金子信也先輩です。

結果は残念ながら準決勝で敗退、第3位でした。決勝進出はならず。くやし~。
f0145325_234742.jpg

パートナーの金子さんを紹介します。

私が大学時代在籍したテニスサークル・日大LEGの1年上の先輩です。

私は高校時代からテニス部で活動してました。高校時代、両親にかなり迷惑をかけたので大学ではまじめに勉強しようと思っていました。高校の教員の資格も取得しようと考えていました。テニスはそんなに真剣に行うつもりはありませんでした。

が、、、

LEGの夏合宿で金子さんと尾崎健長さん(さらに金子さんの1年上・大学時代から全日本選手権に出場)の試合を見た私は大変ショックを受けました。

「私も両先輩のようなテニスをしたい。」と思いました。そこから再びテニスにはまっていきました。

というわけで、金子さんが私に与えた影響はものすごく大きいのです。

昨年の市民45才以上シングルスではベスト4になりました。

今回のダブルスは残念でした。

また頑張りましょう!

速報!窪田美紀コーチが東京オープン女子40才以上シングルスで準優勝しました。

いよいよテニス最適な季節です。

みなさん、テニスをやって輝きましょう!
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-04-23 00:11

アンパンマンミュージアム&理事会

久しぶりの更新です。

先週、税務署の調査があり過去3年分の書類を探したり、最近の未作成分の書類作ったりで大変忙しく過ごさせていただきました。

調査していただき以外だったのは、清書した(パソコンに打ち込んだ)書類よりも最初の手書きの物が重要だということでした。私は手書きの入金台帳とかはPCに打ち込んだあと処分していましたが、税務署はそれが一番見たいらしいのです。今後は3年分は保存しておきます。

あと日頃からの整理整頓は大事ですね。

今後の課題もわかりいい経験でした。

が、、、その疲れか翌日(金曜日)に軽く発熱。天気は雨。レッスンは中止。

1日寝させていただきました。

溜まっていたガット張りは大門コーチにお願いしました。ありがとうございました。

おかげで土曜の朝はスッキリ。

午前中、子供二人を連れみなとみらいのアンパンマンミュージアムへ行きました。
f0145325_7105387.jpg

愛妻は東京オープンのQF。

子供二人連れての遠出(私にとっては遠出)は大冒険です。

メロンパンナちゃんの着ぐるみが来たとたん希愛(ノゾミ)は大喜び、、、のはずが
怖がってしがみついてきました。

でも最後に手を振ってバイバイだけできました。
f0145325_7195478.jpg

ポップコーンを食べて肉まん食べて帰ってきました。

子供達が昼寝をしてる間に私はグレイスまでやり残した仕事の処理へ。。。

帰宅してから今度は電車で石川町へ。横浜市テニス協会の理事会に出席。
f0145325_7193787.jpg

新規登録団体の審査や新年度の行事計画などの打ち合わせを行いました。

私の担当はジュニア、クラブ対抗、新横浜テニス教室となりました。

終わったのは21:00。

充実した休日でした。

愛妻は東京オープン勝利でベスト4。本日SF。

そして次回詳しくレポートしますが、義父の橋山立身ヤイヤイ(孫はヤイヤイと呼びます)が平塚で行われた中村杯65才以上シングルスで見事優勝しました。

今日はこれから、私が横浜市民ダブルスQF。家族の勢いをいただいて頑張ってきます。

それでは、今日も輝いてまいります。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-04-20 07:19

原田 心コーチ

私のコーチ仲間であり、DeepBlueの仲間であり、パパ友でもある原田心(しん、こころではない)コーチを紹介します。
f0145325_635170.jpg

原田心コーチは普段は、横浜インターナショナル・テニス・コミュニティーで指導をしています。
横浜インターナショナル・テニス・コミュニティーは山手にあり、日本のテニスの発祥の地として有名なテニスクラブです。クレーコートが6面あります。
二人の男の子のパパでもあります。
奥様もテニスをします。私の愛妻とも仲良く、家族ぐるみでお付き合いしています。
子供達も年齢が近いのでお互いの家へ遊びに行ったりして、大騒ぎしております。

心コーチはトーナメント活動も積極的に行っています。
現在35才以上のクラスで全日本目指し頑張っています。
ちょうど昨日、4月13日は彼の誕生日で39才になりました。
おめでとう!

ときどき、グレイスに練習しに来てくれます。
彼のテニスはベースラインプレイ主体ですが、まあオールラウンドプレーヤーでしょうね。
バックハンドのスライスは見事です。一度ご覧ください。

コーチをしながら試合を回るという点では私と同じ志の持ち主です。

そして、ジュニアの育成に対しても共通のものを感じます。

そんなわけで、彼とは非常に気が合います。
練習後、ファミレスで食事しながら話をしてると、あっという間に1時2時になってしまいます。

これからも家族共々よろしくお願いします。
お互いの”夢”を実現できるように頑張りましょう。

おまけですが、昨日私の試合(横浜市民大会ダブルス45才以上の初日)がありました。
1R BYE、2R 8-0、3R 8-4で無事突破。現在ベスト8、次の日曜日また頑張ります。
ペアの金子さん、ありがとうございました。素晴らしいサービスに助けられました。ポーチ出まくろうと思っていましたが、リターンはほとんど戻ってきませんでした。
次回、またがんばりましょう。

今日は、雨?4週連続月曜日は雨。
月曜日クラスがなかなか消化できない。
でも天気は私にはコントロールできない。

今日もいい気分全快でベストを尽くしましょう!
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-04-14 06:33

送別会&市民大会女子

金曜日、横浜でメガロス横濱のベテランアルバイト学生コーチ・天野君の送別会がありました。
f0145325_5274446.jpg

向かって左から2番目が天野君です。

ITのベンチャー企業で働くそうです。頑張ってください。

横浜国大の学生で、メガロス横濱がオープンしたときからの付き合いです。

天野君との一番の思い出は、2,3年前市民大会のシングルスで対戦たことです。。(私が8-3で勝利)

彼のメガロス・ヒストリーを聞いていると、いろいろと苦しい時期もあったようです。

それでも、周りの人の支えや本人の強い意志で乗り越えてきたようです。

素敵な送別会でよかったね、天野君。

翌日土曜日、子供二人を連れ本牧公園へ市民大会の女子の試合を観にいきました。
f0145325_5384560.jpg

まあ、子供の相手がメインなのでじっくり応援することはできませんでした。

そのせいか、、、。。。

みなこけた。。。

いいのです。よい学びがあったのだから。次の大会で頑張りましょう!

私の好きな格言

「勝利者はあきらめない。あきらめるものに勝利はない。」

今日もベストを尽くして輝きましょう!
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-04-13 05:38

ジグソーパズル

最近、私の愛娘はパズルでよく遊びます。

「パパ、いっしょにやろう。」と誘ってきます。
f0145325_6254254.jpg

「これどこかな?」といきなりピースを見せられとまどう私。

「はじからやろうよ。」などと言いつつ取り組んでいきます。

段々と私の方が夢中になっていきます。

気付くと娘は違う遊びをしていて私一人パズルにしがみついています。

パズルのピースを見て思うこと。

人みたいだな。凸った部分と凹んだ部分。長所と短所みたいだな。

その凸部分と凹部分がうまくかみ合って素晴らしい作品を創りだしている。

選択理論心理学にある創造性を思いだす。

人間関係ってこれでいいんだな。

お互いが委ね、支え合う関係。

他人の凹んだ部分を埋めさせようとすると人間関係がおかしくなるのだと思います。

万が一、凹みがなくなって真四角なピースになり、自分もそうなったら何も個性もありません。、言い換えればロボットと同じですね。

人はそれぞれ違うのです。

そのままでいいのです。凹んだ部よりも相手の凸った部分を活かすために自分は何をサポートできるかを考えたほうが生産的だと思います。

そして、自分の凹み部分も認め、さらけ出すことも大事だと思います。

そこを、他の人にサポートしてもらう。委ねるですね。

自分の凹みを修正することに目線をもっていくと未達がおこり「失敗のサイクル」に入ってしまうそうです。

さらに、「完全・完璧の罠」にはまってしまいます。

自分は不完全だということをを認めることは人間関係において最重要項目だと思います。

ダブルスのパートナーに対してどう接してますか?

パートナーの武器を活かすためのサポートとして何ができるでしょうか?

自分の長所も短所も知ってもらえているでしょうか?

お互いが完璧を目指してないでしょうか?

お互いの長所と短所が噛み合って素晴らしい作品(ダブルス)が出来上がるのだと思います。

先月受講したボース・ウィンの影響が強いです。
敗者なき双方勝利のマネジメントですからね。
f0145325_74032.jpg

などと思いながらパズルをしてるところへ娘がきて

あっ、、、

グシャグシャにされた。
f0145325_725263.jpg

ここでいい気分を選択するのは難しい。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-04-11 06:51

誕生日

本日、4月8日は私の45回目の誕生日でございます。

私は90まで生きる予定なので、ちょうど折り返しです。
f0145325_53603.jpg

家族で、焼肉とケーキでお祝いをしました。

写真は、愛妻からもらった財布(左手)、希愛(3才)がくれたハートの絵(口)、義理の両親からいただいたお小遣いで買ったCD(右手、木村カエラ&YUI)です。

撮影したのは希愛です。

お祝いメールや・mixiのメッセージをたくさんいただきました。

みなさん、ありがとうございました。嬉しかったです。

幸せを感じると共に、今は亡き両親に感謝です。

愛する両親からもらった大事なこの命、ハンパには扱えない。

私の好きなテレビドラマ「救急救命24時」の中で江口洋介さん演じる進藤先生が大切な人を震災で失った人へ言った言葉。

「今生きている者には生きる責任がある。そうでなければ、亡くなった方たちに申し訳がない。」
を思い出す。

生きる責任家族を守る責任を自分の中で再認識。

いつかは命は終わります。

いつかはコートに立てなくなります。

そのとき、悔いなくいられるように。

一日一生

一分一秒、一球一球を大切にします。

誕生日は両親と家族と私に関わってくれる全ての人達に改めて感謝する日です。

みなさん、いつもありがとうございます。

春の嵐も去り、今日は天気は回復するようです。

私は、いつも快晴な気分を選択します。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-04-08 20:37

上達のコツ

桜も散り始めています。

今日は午後から雨と風で”花散らし”となる予報です。

よくスクール生に訊かれる質問。
「コーチ、どうしたらテニスは上達できますか?」

まあ、努力とか継続とか、、、応えるのに戸惑います。

そこで、今回は学習の5段階を紹介します。

1.知る
2.わかる
3.行う
4.できる
5.分かち合う


「1.知る」と「2.わかる」は知識のレベル
「3.行う」と「4.できる」は技術のレベル
「5.分かち合う」は人格のレベル

となります。
<参考文献 「21世紀の成功心理学」  アチーブメント出版>

「2.わかる」から「3.行う」「4.できる」のレベルにあがるとき壁にぶつかります。

これもスクール生によく言われる言葉。
「コーチの言うことは、頭ではわかっているのに身体ではなかなかできない。」

そうなんですよね。これが一番厄介なことですね。

この壁を突破する方法、突破できる方法、それは、、、

書物を読んだり、経験・実績のあるプレーヤーの話を聴いたり、私の経験上をふまえると、、、

昔も今もこれからも、、、(やたらひっぱる)

繰り返し反復

これしかないのです。

な~んだ、そんなことか。なんて思った方はいらっしゃいませんか?

でも実際、やるとなるとけっこう大変ですよ。

「昨日はあの練習がうまくできたから、今日は違うこの練習をしよう。」

「昨日はあの練習がうまくできたから、今日も同じあの練習をしよう。」

さあ、Which?

上達を目指すならば後者を選択していただきたい。

継続は力なり

という有名な格言もあります。

そして、継続していてもなかなか進歩が見えない、感じられないとき、ある人物が自分の中に現れます。

その人物はあなたに対してこう囁きます。
「そんなことやったって無駄だよ。どうせできないんだからやめなさい。無理、無理。」

そのとき
「そうかぁ、やっぱり私にはできないのか。」と思うか

「私はできる。私は最後までやると決めている。」と思うかでも違ってきます。

自分自身と「やりきる」と約束をすること、決めることが重要です。

これが弱いから、途中で辞めてしまいます。

人は「あきらめる」という行動を選択したとき、ある快感を得ます。

この快感は一度選択すると癖になります。

できれば遠くに目標を持ち、その達成に快感を求め、日々の苦痛を乗り越えていきましょう。

最後に、多くの方の勘違いを紹介します。

テニス以外でもそうですが、新たなことを学び体得すということは自分の身体の外から吸収することとは限りません。

人間はみな例外なく可能性を元々自分の中に持っています。

外から得るのではなく自分の中から引き出すと考えましょう。

コーチは元々みなさんが持っている可能性を引き出すための指導をするのであって、教え込む存在ではありません。

大丈夫です。自信を持ってください。

長々と書きましたが(今回は熱いな)まとめると

○繰り返し反復
○目標達成を自分と約束すること
○自分の可能性を信じること


という感じでしょうか。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。長かったかな?

さあ、今日もベストを選択し輝こう!
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-04-07 06:04

横浜市民大会ダブルス

昨日から横浜市民大会のダブルスが始まりました。

春を感じるこの大会が大好きです。

私は、長坂谷公園で一般男子のレフリーをしてきました。
f0145325_5522271.jpg

もう随分昔から市民大会のレフリーはやっているのですが、ウォーミングアップの時間を計ったり、フットフォルトをチェックしたり、ウェアをチェックしたりと以外と大変なんです。

特に昨今、テニスウェアは変わってきました。

昔は横浜市民大会は白基調のテニスウェアを着用でした。

現在は色物もOKになりました。

そしてポロシャツでなくてもテニスウェアならOKなのです。

これがなかなか判断が難しいのです。

襟のないテニスウェアも多く販売されており、Tシャツとの区別が厄介です。

ルール上は、メーカーがテニスウェアとして発売してるものはテニスウェアとみなされるそうです。

人間がレフリーをするので、その人によって解釈も違ってくるとは思います。紛らわしい服装はしないのが一番無難かなぁと感じました。

まあ、市民大会なのでほのぼのと行うのもいいとは思うのですが、いわゆる草大会とは区別したい気持ちもあります。

我がDeepBlueから芦野・石井ペアが山手コートで初日を行い、無事勝ち残ったとメールも届きました。

おめでとう。来週も頑張って、とりあえず本戦入りお願しますよ。

5月中旬まで続く本大会。

今年の優勝は誰かな?全く予想のつかないデッドヒートになると思います。

私は13日の日曜日に初戦を迎えます。楽しみです。

桜も徐々に散っています。

いよいよシーズンイン。開幕って感じ。

今日も満開な気分を選択しよう!
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-04-06 06:10

別れ~旅立ち

今日は3月期の最終日でした。

ジュニアクラスでは新高校生や高卒生たちが去っていく寂しい日でもありました。
f0145325_1425575.jpg

f0145325_143762.jpg

それでも練習は一生懸命。写真ではスマイルです。
f0145325_1335541.jpg

高校生になる4人です。小学校4年生からテニスを始めました。
f0145325_1383330.jpg

みんなワンパクでうるさくて言うこときかなくて大変でした。
中学生になり、少し落ち着いてきました。なんとなく寂しい私でした。

高校生になっても少年のようにガムシャラに突っ走ってね。

失敗なんて恐れるな。

チャレンジして起こる結果は二つ。うまくいく(成功する)か学ぶかのどっちかだ。

チャレンジしないこと自体が失敗なんだ。

いつまでも少年のように輝いてください。

窪田コーチは「全力少年」です。

高校を卒業し、専門学校へ行く松本匡平君(下中央)、大学へ進学する上田泰裕君(下向かって左)です。
f0145325_1453774.jpg

多くの人々の役に立つ人になってください。

君達なら必ずできる。期待してます。

みんな、テニスをしてくれて、グレイスに来てくれて本当にありがとうございました。

みんなに出会えて私は輝けました。もちろん、、、これからも輝きます。

私も大門コーチもグレイスにいます。いつでも遊びにきてください。

もし、トッププレーヤーになってテレビでインタビューを受けたらカメラに向かって

「窪田コーチ、元気?」って言ってください。

その日を楽しみにしています。

また、いつか、どこかのコートで会おうね。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-04-04 22:31