「ほっ」と。キャンペーン

旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧


打ち上げ

随分、遅くなりましたがDeepBlueの今年の団体戦の打ち上げをしました。
f0145325_715344.jpg

久しぶりのBEST4。
久しぶりの最終日でした。

春の個人ダブルスでは、芦野・石井ペアが一般の部でBEST4。
45歳以上で金子・窪田(私)ペアがBEST4。

BEST4づくしでしたね。

打ち上げは私の家でガーデンBBQを予定してましたが、あまりに雨が激しいので室内に変更。
炭焼きが食べたかった。という声もありましたが、天気にはかないません。

子供4人、大人10名が集まり焼肉を食べました。
いろいろな話で盛り上がり、そして子供達は暴れまくりの楽しい時間を過ごしました。

また来年もやりたいね。
団体戦、優勝して打ち上げをやりたいね。

DeepBLueのメンバーとの時間は上質です。
素晴らしい仲間に恵まれ幸せです。

最近、集まる回数は減りましたがたまにはこうやって集まろうね。

来年の団体戦目指して日々精進していきましょう。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-08-31 07:06

存在承認

相手の行動が気になることってよくありますね。

もっと、こうしてほしい。それがあなたのため。

と思うとすぐ口に出してしまう。

でも、もし逆の立場だったらどう思うでしょうか?

自分は一生懸命やっていることを認めてもらえなかったら、、、

あまり気分はよくありませんね。

先日、あるお方から聞いた体験談。

その方はある勉強会に出席してました。
月に一度の勉強会。
毎回、次回への課題が出されるそうです。

その月、その方は前回からの課題を全くできてない状態で参加したそうです。

発表があるのですが、自分のグループの人の資料を借りて行ったそうです。

発表後、グループのメンバーやトレーナーからフィードバックがあるそうです。

その方は、きっとみんなから怒られるんだろうなぁ、まずいなぁ、と思っていたそうです。

ところが、グループのメンバーもトレーナーもその人の良かったところだけを指摘してきたそうです。
本人はビックリしたそうです。
そして、自分の中でものすごく自己評価がおきたそうです。

「課題も何もやってこなかったこんな自分を認めてくれた。
 次回は万全の準備をしてこよう。
 私のことを認めてくれたメンバーのためにも課題はきっちりやってこよう。」

もっと、こうすべきだとか、ああすべきだとか、実は自分の中でフィードバックは起きているんですね。
それを、周りの人が指摘しなくても本人はわかってるんですね。

この話を聞いて私は、もしいきなり課題をやってこなかったことに焦点を当ててフィードバックしてたら、その方は勉強会に来なくなってしまったんだろうな、と思いました。

課題をやってこなくても、ちゃんと勉強会に参加してくれた。
今日、一緒に学ぶことができる。
あなたが来てくれたことに感謝。
あなたがいてくれるだけで感謝。

これなんだな。存在承認

私の子供達は全く私にはコントロールできません。
ときどき、イライラします。

そんなとき、大声出して子供の行動を変えようとするより、
「私の子供として生まれてきてくれてありがとう。」
「あなたがいてくれるだけで私は幸せなんだよ。」
という存在承認が大切なんですね。

アチキッズに参加しても、このことは強く感じました。

今日は朝からすごい雷でした。
今は落ち着いたようです。

今日もテニスをしに来てくれるみなさんを承認していきます。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-08-29 06:12

ベーシック・プロ・スピーカー

8月26日(火)に私と親しくしてる村岡民子さんがJPSAのプロスピーカー試験を受験し見事合格しました。
f0145325_1532294.jpg

JPSAとは日本プロスピーカー協会のことです。
私も会員です。
この協会の会長は青木仁志氏。
目的は世の中から、いじめ・差別・虐待をなくすことです。
そして、お気づきだとは思いますがこの協会の根本には選択理論心理学があります。
選択理論を世の中に普及することで、いじめ・差別・虐待をなくしていきたいのです。

村岡さんは今年の3月にボース・ウィン・マネジメント・アドバンスを一緒に受講した仲間です。
ものすごくリーダーシップがある情熱家です。

プロスピーカー試験は五反田のアチーブメント高輪研修センターで行われました。
10:00から論文試験、13:00から実技(プレゼン)試験が行われました。

私は同ビルで13:00からアシスタント・トレーニングに参加してました。
今回は「フィードバック」についていろいろな気付きがありました。
2人1組でロールプレイをしたり、楽しい研修でした。

16:00にアシスタント・トレーニングは終了。

私はもう合格発表されてるはずだと思い、社員の人に訊きました。
すると今回は3名の方が受験し全員合格とのことでした。
ホッとして力が抜けました。

少し受講生仲間と時間をつぶし、18:00からのJPSA研究会に参加しそのときやっと村岡さんに会うことができました。
なんと試験前日まで仕事の関係でスイスに行っていたそうです。
それでも、やれることにベストを尽くし見事ベーシック・プロ・スピーカーになりました。

その研究会で村岡さんのプレゼンを聴きました。
身体が震えるくらい魂のこもった感動のプレゼンでした。
素晴らしかった。これがプロなんだ、と感じました。

テニスコーチの私がなぜプロスピーカーを目指すのか?
不思議ですね。

でも伝わる技術は誰にでも必要なことだと思います。

コーチに必要なことは指導する技術。いわゆるやり方。
それともう一つは人としての相手との関わり方。これは「在り方」です。

以前の私はやり方一辺倒でした。
もちろんやり方も重要です。

でも、土台となるのは生徒(選手)との関わり方、「在り方」だと思ってます。
選択理論に出会いこのことの重要性を感じました。

もっともっと選択理論を学んでいきたいと思います。

そして選択理論をスポーツの世界に普及したいと思ってます。

村岡さん(通称・たみちゃん)合格おめでとうございます。
プロ・スピーカーとしてのご活躍を期待しまた応援してます。
私も共に努力を継続したいと思います。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-08-28 15:53

グレイスミックス・Bクラスは雨天順延となりました。
都合悪いペアも多く、どうなることやら。。。
でも天気は私にはコントロールできません。
コントロールできることに焦点を当て、みなさんに楽しんでもらう大会にしたいと思います。

さてタイトルの「空」ですが。。。

私の好きなケツメイシのアルバム「ケツノポリス6」に収録されている歌のタイトルです。

この歌の中に
「やらないで後悔なら、やっちまった後悔」
という詞がでてきます。

最近、気に入ってます。
車で繰り返し繰り返し聴いているうちに耳についてしまいました。

先日のミックスダブルスの試合中、何度も
「ポーチにいこうか、ステイしようか。」
と迷いました。

そのとき「やらないで後悔より、やっちまった後悔だな。」
と自分に言い聞かせ、行ってしまいました。

もちろん、力んでボレーミス、相手の冷静なストレート・パス、ロブとポーチ成功率は10%もなかったと思います。
レシーバーが私を気にしてリターンをガシャッてくれたポイントのほうが多かったですね。
私がボールに触ると、かなりの確率で相手にポイントがいってました。

でも、ポーチにいってミスをしても、「やっぱり、出なきゃよかった。」という後悔はあまりしませんでした。
それよりも、次はもっとこうしようというアイデアがでてきました。

試合が終わって数日経ちますが、これなんだな、と自己評価がおきています。

「あのときポーチにいってれば・・・」という後悔はしたくありませんね。

「またやっちまった。ヘボだなぁ。よ~し、次はこうしよう。」
一生懸命プレイした結果起きたことは必ず自分にプラスになると感じました。

「やらなかった後悔より、やっちまった後悔」

マイブームです。

みなさんも、是非迷ったときは

やっちまってください。

私は今日も、ベストを尽くしてやっちまいます
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-08-26 06:13

ミックスダブルス Aクラス終了

グレイステニスクラブ・ハーフデイ・ミックスダブルスAクラスが終了しました。
7組に参加で行われました。

私も参加です。
パートナーは堀田広美(旧姓・鈴木)選手です。
元全国レディース神奈川代表で私の愛妻とのダブルスでローズカップでも優勝してます。
いつも笑顔で元気いっぱいのママです。

15:00から予選スタート。
Aブロック3組、Bブロック4組で行いました。

私は最近の練習不足もあるので、一戦一戦を練習のつもりで一生懸命戦おうと決めてました。
パートナーの堀田選手も出産後初めての試合なので、楽しんでやろうと話しました。
練習不足と関係ありませんが、私は予選で2度も転倒し肘、膝、腰を打つという悲惨なスタートでした。
それでも堀田選手の素晴らしいネットプレーと励ましに支えられ2位で通過しました。
大門コーチはAブロック2位で通過しました。

そして決勝トーナメント。私はAブロック1位の梅田・岡本組と対戦。
梅田選手はご存知の方も多いと思いますが、元全国レディース神奈川代表選手です。
最近もバリバリ活躍してます。
パートナーの岡本選手は元二地代体育会。

2-5ダウンだったのですが、粘りがでちゃって7-5で大逆転勝ちしました。

もう一つの準決勝の田村・大門組 VS 星野・常川組も大接戦。
タイブレークに突入し8-6で星野・常川組が勝利しました。

そして決勝、予選でも対戦して負けてる星野・常川組です。
後半頑張ったのですが、、、残念。負けました。
6-4で星野・常川組が優勝しました。

優勝の星野・常川組。グレイスホテルのお食事券を1万円分づつゲットです。
f0145325_7301721.jpg

ベスト4の梅田・岡本組。
f0145325_7305140.jpg

同じくベスト4の田村・大門組。
f0145325_7312813.jpg

そして準優勝の堀田・窪田組。
f0145325_7321737.jpg

ご参加いただきましたみなさん、雨の中の試合で大変でしたが、ありがとうございました。
またの参加をお待ちしております。

私も練習に励みたいと思いました。
頑張ります。継続です。

Bクラスへ   つづく
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-08-24 07:33

アチキッズ2008東京

8月19日(火)20日(水)の2日間、五反田で(株)アチーブメントが開く「アチキッズ2008」にアシスタントとして参加してきました。
f0145325_6375973.jpg

アチキッズに関してはこのブログ上でも何度もご案内してます。
子供向けの研修です。対象年齢は小学校1年生~高校3年生。
元気いっぱいの子供もいれば、ちょっとおとなしい子もいます。
みんな個性があります。
f0145325_6383958.jpg

アチキッズでまなぶことです。
○くつをそろえよう。
○感謝しよう。
○自分のよいところを知ろう。
○人と仲良くしよう。
○挨拶をしよう。
○ありがとうを言おう。

これは大人にとっても大切なことですね。
忘れないようにしたいです。

研修なので、授業があります。
そして休憩時間は休むというより、「遊び」の時間です。

大縄跳び、キャッチボール、風船、サッカー、ハンカチ落とし、折り紙などなどみんな夢中で遊びます。遊びまくります。
先生(アシスタント)も汗かきまくって、走りまくりです。
ほとんどの子供はこの時間が一番楽しいと言ってくれます。

グループに分かれてチーム名を決めてポスターを書きます。
絵のセンスも子供達は豊かです。

最後は子供達から親へ、自分で作った感謝状を渡します。
これがたまらん。
子供達の純粋な気持ちが伝わってきます。
途中で泣いてしまい読めなくなってしまう子供もいます。
感動です。超感動です。
汗拭きのために用意しておいたタオルが役に立ちます。必需品です。

2日間で感じたことは、「選択理論を生きる」ということは「自分の器の拡張」だなと思いました。
子供達がやるべきことをやってないとき、私はつい「ダメだよ。」「いけないよ。」と注意してしまいます。正そうとしてしまいます。
大事なのは質問だと思います。
「どうしたの?」「何がしたいの?」

私が考えていることと違うことをしている場合が多いです。
それをいきなり「ダメだよ。」って言われたら子供は離れていくと思います。

本当にたくさんのことを子供達から教えてもらいました。

佐藤英郎先生の指導は素晴らしかった。
一切の強制を使わず、子供達をリードしてました。

サポートの村田MG、社員のみなさん、共にアシスタントをした09年アチーブメント内定者の大学生のみなさん、私と同じ受講生から参加のアシスタントのみなさん、みんな子供達と一緒に輝いてました。
ありがとうございました。

そしてセミナー終了後、なんとまたまた3月に受講したボース・ウィン・マネジメント・アドバンスの1期生一同から私に花束が届きました。
うれしかった。感動が倍増でした。
f0145325_74726.jpg

1期生のみなさん、ありがとうございました。

たくさんの「感動」をいただきました。

みなさん、ありがとうございました。

また、来年アシスタントで参加します。
3年後、長女・希愛と参加するのが目標です。
(感謝状のときはヤバイな。。。)
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-08-21 07:04

横浜親子ダブルストーナメント

先週から横浜開港150周年記念の親子ダブルストーナメントが開催されてました。
16日の土曜日に全日程が終了しました。

高校生女子の部でグレイスTCの二ノ宮沙梧選手とお母様で見事優勝しました。
決勝はタイブレークとなり大接戦だったようです
最近、タフになってきましたね。
今後の活躍が楽しみです。

また高校生混合の部で井上朋美選手とお父様がエントリーしてましたが、準決勝をWO(欠席)となりベスト4という結果でした。

中学生混合ではグレイスTCのナイター会員の柏木さんがお嬢様と出場しこれまた見事優勝。
スコアをみると圧倒的に強かったようです。

来年横浜の港は開港150周年を迎えます。
歴史ある街に住めて大変うれしいです。

横浜市民であることを誇りに思います。

これからもずっと横浜でテニスを続けていきたいです。

頑張れ!ジュニア選手達!!!
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-08-20 00:38

家族旅行 ~熱海~

2泊3日で熱海へ旅行に行ってきました。
f0145325_6514136.jpg

熱かった。
やっぱり夏は海ですね。
私は山より海派です。
ギンギラの太陽と真っ青な空、そして広い海が大好きです。
f0145325_6561759.jpg

2年前にも来たのですが、子供達は記憶にないようです。
まあ、初めての海ですね。

熱海の海水浴場は並も高くなく、そんなに怖くもないかな?
と思ったのですが、最初のうちはやはり怖がりました。

浮き輪をつけて徐々に沖へ。。。
楽しんでくれました。

夜はでっかい花火を目の前で見ることができ、これも少し怖がりながら楽しみました。

温泉に入って、ご飯はバイキング。
会場内を暴れまくる子供二人にヒヤヒヤ、後半はイライラ。

選択理論も影を薄める。
いい実践場でした。

さて今日から仕事再開です。

輝いていきましょう!!!
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-08-18 07:05

北京五輪

毎日盛り上がっていますね、オリンピック。

4年に一度の大イベント。

アテネ五輪の年に娘・希愛は誕生しました。

あれから4年経ちました。

選手のみなさん同様、希愛も成長しております。

水泳の北島選手はすごいですね。
種目2冠。100Mは世界新記録樹立。
おめでとうございます。

読売新聞のスポーツ面に北島選手の100M優勝の写真が大きく出ていました。
ハンセン選手と2位のオーエン選手との3ショット。

2位のオーエン選手の笑顔に引き込まれました。
惜しくも敗れたのに、さわやかな笑顔をしてました。
北島選手を讃えてました。

すごい。
もし、私だったら悔しくてがっかりした顔をしていると思います。

ゴールした瞬間、レースは過去の話になります。
過去を変えることはできない。

きっと、オーエン選手はもうすでに未来を見据えているのかもしれませんね。

考えてみると、私は試合で負けたときどんな顔をして握手をしているんだろう?
まあ、たぶんがっかりしていい加減な握手をしているんだろうな。

一流のアスリートは負けたときも堂々としてますね。

私もそういうアスリートを育成していきたいと思いました。
そのためには、私が器を大きくならなければいけない。

アスリートとしての「在り方」。

また、指導が楽しくなりそうです。

オーエン選手の表情は間違いなく金メダルより輝いていました。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-08-15 05:16

人の話はよく聴きましょう

よく親から言われたことです。
みなさんも記憶にあるのではないでしょうか?

以外と聴いてないんですよね。

「傾聴」という言葉があります。
自分の意見を持たずに聞き入ることだそうです。

相手の話を聴いている途中で自分の意見を言いたくなってしまう。
相手の話をさえぎったら悪いから後で話そう。と思ったところからもう話はほとんど聴いてませんね。

私はよくやります。
よくないですねぇ、これは。。。
愛妻にもよく注意されます。

「話すのは技術。聴くのは。」(青木仁志氏)

話上手よりも聴き上手になれ。なんて言いますね。

そしてこの「聴く」なんですが、テニスをする方で勘違いをしてる方も多いようです。

子供達は親に「コーチの話をよく聞きなさい。」と言われます。

このとき、子供によってはこう解釈します。
「コーチにいわれたとおりにやりなさい。」

これは大きな間違いだとおもいます。

なぜ話をよく聴く必要があるのか?
それは自分で判断し選択するためです。

コーチが言ったことでも、自分の目指すテニスに不要なことがあるかもしれません。
もちろん必要かもしれません。

そのための判断をするためにも話はよく聴く必要があります。

今の自分の目標には不要なことだったら、ノートに書いておくのがいいと思います。
いつか、必要になるときがあるかもしれません。

コーチの言ったことをなんでもかんでも、いわれたとおりに行う必要はないと思ってます。
子供達には常に話しています。

「コーチにいわれたとおりにやらなくていいんだよ。
 自分で選んでね。そのためにも、コーチの話はよく聴いてね。
 コーチもみんなの話はよく聴きたいと思ってます。
 コーチがちゃんと聴いてなかったら注意してね。」

昨日のブログの「自立と自律」に大きな影響を与えてくると思います。

話すときの3倍のエネルギーで聴くことが必要らしいです。

私は今2分の1くらいのエネルギーかな?
「傾聴」にはエネルギーが必要ですね。

頑張りま~す。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-08-12 06:50