旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧


ベストを尽くす

DO MY BEST.
スポーツでも勉強でもよく聞く言葉ですね。

テニスでもやはり大事なキーワードだと思います。

ただ、、、ベストって何?
何のベストなの?
と疑問に思ったことはないでしょうか?

自分のベスト・プレイをすることなのか。
ベスト・ショットを打つことなのか。
べストなマナーで行うことなのか。

人それぞれいろいろとあると思います。

正解もそれぞれだと思います。

私の場合のベストは・・・・・

そのときのベスト・チョイス(選択)をすることです。
テニスは常に状況が変化します。
リードしたり、されたり。
一進一退だったり。
気分がよくなったり、むかついたり。

相手も同じように状況が変化しています。

今自分が何をしたらいいかという判断と選択を大事にしています。

相手は気分が乗っているのか?それとも落ちこんなでいるのか?
相手の顔色を見ることも判断基準になります。

さてあなたのベスト・チョイスは・・・?
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-09-30 22:53

上質なひととき

先週土曜日、午前中は愛妻がテニスの練習のため子供達と遊ぶ。
愛妻が帰宅してランチ。
子供はお昼寝。私は高輪台へ。。。

この日はアチーブメントの学生向けプログラム「マイセルフ」の最終日(4日間のプログラム)です。
最終日には、受講した学生のみなさんが自分の夢をプレゼンをします。
そのプレゼンを聴きました。

いや~、素晴らしかったです。
超感動でした。泣けました。
氣のこもった熱意溢れるメッセージでした。

つい、学生時代の自分と比較してしまいます。
私の大学生時代はテニスオンリーでしたからね。
将来の目標もなんとなくは持っていましたが、この日プレゼンした学生さん達ほど明確ではありませんでした。
まあ、比較しても何も生まれないのでこれからの自分の在り方を考えます。

そしてその受講生を支えるアシスタントの学生さん(先輩受講生)もとても素敵でした。
真剣に親身になって、自分の時間を割いて人の役に立とうとするアシスタントさんにも感動しました。
みなさん、ありがとうございました。

その後は五反田駅近くの居酒屋でボース・ウィン・マネジメント・アドバンスの受講生の集まりに行きました。
3月、6月、8月と3回開催されたそれぞれの受講生達が集まり、思いを語り合いました。
f0145325_5571226.jpg

篠田トレーナーからは最新の情報をシェアしていただきました。
新しいプログラムの開催の話もありました。必ず受講しますよ。

選択理論心理学を学び、実践しようとしてる人達との時間は上質です。
傾聴と質問が飛び交っていました。
時間を忘れて語り合っちゃいました。
f0145325_681133.jpg

記念撮影。
お開きになった後、仕事を終えてから駈けつけた仲間を駅で待ち、感動の再会。
f0145325_6111580.jpg

うれしいですよね~。

帰りの横浜線はなくなってしまったので、新子安駅から歩きで帰りました。
まだ寒くもないので、夜風がとても気持ち良かった。
また会いたいな。

上質な仲間と上質な時間。そして上質な1日でした。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-09-29 06:07

スタートクラス第5戦

昨日はスタートクラス第5戦が開催されました。
12組のペアに参加していただきました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

3組1ブロックのリーグ戦後のトーナメント。
見事優勝されたのは飯田・堂下(ウィンフィールド・KTS)ペアでした。
準決勝・決勝を6-0で勝利。強かった。
f0145325_556423.jpg

さあ、ビギナークラスにチャレンジしてください。

さて、話題が変わりますが、、、、、
試合でのポイント(ラリー)中、状況は変わります。
有利になったり不利になったりします。

自分の打ったボールが甘くなって「まずい」って思うことはよくあると思います。
でも、この捉え方を変えてみるのはどうでしょうか?

「まずい」を「相手コートに返った。よしっ。」と考えればどうでしょうか?
「まだプレイができる。」とかいろいろプラスに考えることができますね。

つい未来のことを想像してしまいます。
「決められてしまう。」「やられちゃう。」とか。。。

「今」という瞬間に焦点を当てることは大切ですね。
結果に完璧を求めるのではなく今という経過に集中することですね。

「今、この瞬間にベストを尽くす。」

選手達に最も伝えたいテーマです。

そのためにも、自分の長所や何がうまくできたかということを振り返ることが重要ですね。
悪い所を直そうとすると「完璧」に走ってしまします。
「完璧」を求めると、途中で「あきらめる」ということを選択したりします。
自分の長所や武器に磨きをかけましょう。

今日も、完璧よりも最善目指して頑張りましょう。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-09-26 06:20

2008テニスの日~輝く子供達

昨日、9月23日は日本全国「テニスの日」でした。
横浜市テニス協会では冨岡西公園で2部に分かれイベントが開催されました。
f0145325_6135691.jpg

参加者のみなさん。
f0145325_623895.jpg

このイベントは毎年行われています。
私はコーチとして参加しました。
ここ数年は子供の担当です。
私を含め8名のコーチングスタッフ。
有名選手ばかりです。
f0145325_61682.jpg

山田会長の挨拶のあと選手によるデモンストレーション。
リコーの山口選手のサービス。かっこいいでしょ。
スピードもきれもある素晴らしいサービスでした。
f0145325_617194.jpg

同じくリコーの北條選手。選抜室内で何度も優勝してる実力者。
f0145325_617951.jpg

横尾選手のサービス。毎日選手権35才以上準優勝です。
f0145325_6172352.jpg

松田選手のサービス。私が彼女に出会ったときは17才でした。
現在23才と言ってます。たぶん嘘です。
f0145325_6173134.jpg

伊藤選手のボレー。市民大会3冠です。
f0145325_6173955.jpg

栗田選手と梅田選手。梅田選手は2児のママ。栗田選手は大きいケガから気合いの復活です。
f0145325_6241893.jpg

長谷場選手。彼がジュニア時代からの付き合いです。パワフルショットの持ち主。
f0145325_6251761.jpg


前半は4面に分かれてレッスンです。
f0145325_626446.jpg

毎年来てくれる子。今年初めて来てくれた子。みんな、元気です。
1年振りに会う子は、身体の成長にビックリ。
もちろん、テニスもものすごく上達しています。
彼達の未来が楽しみです。

後半は、「コーチにチャレンジ」「的当て」「スピードガン・コンテスト」を各コートでやります。
賞品もゲットできます。
参加者全員、夢中になって頑張ります。
f0145325_6332146.jpg
f0145325_6333192.jpg

みなさん、楽しんでいただけたと思います。
また来年も会いましょう。

終了後のスタッフミーティングでは山田会長からいろいろな話がありました。
私達コーチングスタッフのことも褒めてくれました。

横浜は日本テニス発祥の地です。
私は横浜でテニスをすること、テニスコーチをすることにこだわっています。
これからもずっーと横浜でテニスをします。
そしてこの横浜から世界のトップジュニア、トップの選手が生まれてくることを願い、信じます。

自立と自律をした選手の育成を今後も目指します。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-09-24 06:39

篠田真宏先生の勉強会

昨日は朝8:00から代行レッスンでした。
昼の空き時間に桜木町へ行き勉強会に出席してきました。

勉強会は別名「ランチミーティング」。
参加者全員のショート・シェア(発表)を交えながら選択理論を学んでいきます。

後半は食事をしながら意見交換。
自分の現場でのこととかを話し、質問し、話し合います。
選択理論ですから、一切の強制はありません。
私の話も、みなさん真剣に聴いてくれます。
私も参加者の話を氣を込めて傾聴します。

参加者のほとんどは大学生と社会人1~3年生の素晴らしい若者達です。
篠田先生を「マサパパ」と呼びます。
上質な関係です。

その「マサパパ」こと篠田真宏先生を紹介します。
f0145325_629532.jpg

写真向かって右側が先生です。

アチーブメント株式会社トレーナー。
現実行動マネジメント研究所 カウンセリングセンター センター長代理。
日本選択理論心理学会 常任理事。
日本選択理論心理学会 選択理論心理士。
アドベンチャーラーニング ファシリテーター。

私が篠田先生に出会ったのは昨年の7月です。
ダイナミックアドバンスコースでサポートしていただきました。

そして今年の1月のボース・ウィンマネジメントを受講。
3月に同アドバンスコースを受講しました。

篠田先生のリードは私に常に「安心」を与えてくれます。
研修と聞くと、何か厳しくやりたくないことも無理してやるようなイメージがありますが、そういう不安をなくして受講することができます。

篠田先生はブログを書いています。
興味のある方は是非読んでください。
そして、ブログランキングのクリックをお願いします。

私は篠田先生のブログを読んでくれる人が増えることを願っています。

先生のアドバイスで私のテニスの指導もかなり変わってきたと思います。
やり方⇒あり方。
篠田先生の影響です。

これからも継続学習していきたいと思います。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-09-22 06:41

全日本ベテラン&市民シングルス

秋ですね~。
まだ少し暑かったりもしますが、みなさん体調崩さないようにご注意ください。

私は今日の午前中、娘と息子の保育園の「わいわいまつり」に行ってきました。
おみこし担いで、出店があって子供達と楽しい時間を過ごすことができました。
先生方、お手伝いをしてくださったご父兄の方、ありがとうございました。

帰宅し子供達はお昼寝。愛妻も一緒にお昼寝。

昼寝の後、娘の希愛は発熱。
8度近くありました。
今、保育園では「プール熱」がはやっているそうです。
移されるかなぁ。わいわいまつりで間接キッスあったしなぁ。多分移るな。
過去と他人は変えられない。(選択理論心理学)
変えられることに焦点を当てましょう。

さて、全日本ベテランと横浜市民シングルスのドローが発表になりました。
愛妻・美紀は40才以上で見事本戦ストレートイン。
10月13日より名古屋で開催されます。

横浜市民シングルスは美紀は一般にエントリー。
今回は第2シードになりました。
11月30日よりスタートです。
両大会での活躍を期待します。頑張ってね!

私は市民大会45才以上にエントリー。
11月16日からスタートです。
第1シードは我がDeepBlueの金子信也選手です。春のダブルスではペアを組んでいただきました。
他にもDeepBlueのメンバーも大勢参戦してます。
グレイスの大門コーチは40歳以上にエントリー。
みなさん、コンディションを万全にして挑みましょう。

約3ヶ月に渡って行われる市民大会。
参加選手のスケジュール調整も大変だと思います。
日本一の規模の横浜市民大会です。
参加できることを誇りに思います。

私は横浜でテニスをすることにこだわりを持っています。
これから楽しみです。

エントリーされてるみなさん、共に頑張りましょう!
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-09-21 00:22

ウィニング・アグリー

今回は久しぶりに本を紹介します。
「ウィニング・アグリー」ブラッド・ギルバート  スティーブ・ジェイミソン共著
日本文化出版
f0145325_626224.jpg

この本を読んで私の考えは大きく変わりました。
試合に出場するときの事前準備や試合中、試合後のことなど大変多くの気付きを得ました。
あと練習するときの注意点など参考になりました。

著者のギルバートさんは最高ランキング・世界4位まで行った方です。
これといったすごい武器があったわけではありません。
でもいわゆる試合巧者だったのです。
米テニスマガジンのアラン・フォックス氏は
「ギルバートは世界一ずる賢い観察眼の持ち主である。」と言っています。

別にずる賢くテニスをしましょうと言ってるのではなく、ズバ抜けた身体能力や技術がなくてもテニスは勝てるスポーツだということです。

テニスには多くのプレイスタイルやタイプがあります。
いろいろなタイプのプレイヤーに対する戦い方が書いてあります。

そして彼は
「『どんな相手と対戦しても自分のテニスをするだけ』ということなど、私にとってはありえないことである。」
とキッパリ言っています。

相撲の横綱とかは、インタビューによく「自分の相撲をとるだけです。」応えてますね。
私は「横綱だからだろう。」と思って聞いてました。
それでも、やはり翌日の対戦相手のビデオとかはよく見るそうです。

テニスは相手のいるスポーツです。
戦略、作戦は非常に重要です。
次の対戦相手のプレーを見ておくことは大事ですね。
(試合時間が重なりみれないことのほうが多いかもしれませんが。。。)

試合に出ているが結果がでないとお悩みの方がいらっしゃいましたら是非ご一読ください。
お勧めの一冊です。

私は10月に田園ダブルス、11月に横浜市民シングルスがあります。

みなさん、共に頑張りましょう!
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-09-17 06:51

クラブ対抗テニストーナメント

本日、クラブ対抗テニストーナメントが長浜公園テニスコートで開催されました。
今年で31回目になる歴史ある大会です。
私はテニス協会理事で担当のためレフリーとして参加しました。

参加は7チーム。
55才以上男子、45才以上男子、45才以上女子、35以上男子、35才以上女子、フリー男子、フリー女子の7本で競います。全てダブルスです。

9:00から開始して終了は17:00ギリギリでした。
進行にご協力いただいた選手のみなさま、ありがとうございました。

優勝はエバーグリーンTFでした。昨年に引き続き連覇です。
f0145325_6341840.jpg

f0145325_6343313.jpg

横浜市代表クラブとして県大会に進出です。
頑張ってください!

各クラブから選ばれた選手のみなさんの試合は素晴らしかったです。
どのコートも好ゲームばかりでした。
前述しましたが、コートは17:00までしか押さえてないので、最後は終わるかどうかハラハラしました。
大接戦を途中で打ち切りにするのはやだなぁ、とドキドキしながら試合を観戦してました。

このクラブ対抗は市民団体戦とは違い営業テニスクラブしか出場できません。
実業団、サークルは出場できません。

そうやってみると、20代の方はほとんどいなかったように思えます。
クラブの会員になる層は決まってきているのかもしれませんね。

大会終了後は即帰宅。
昨日は丸1日家族に会えなかったので4人で食事。
相変わらず子供達はうるさく、落ち着きなく、にぎやかな夕食となりました。
メニューは私の大好きな愛妻カレーでした。

ここのところ寝不足です。
たっぷり寝てきま~す。
おやすみなさい。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-09-15 21:27

08グレイスオープン男子ダブルス

本日、グレイステニスクラブオープン男子ダブルスが開催されました。
エントリーは10組。
大門コーチは市民ダブルス40才以上優勝ペアの柏木さんと出場。
私は会員の渋谷さんと出場しました。(10月の田園オープンに出ます。)

予選はごちゃ混ぜリーグ戦?で1ペア4試合を行いました。
予選の結果、4戦全勝1ペア。3勝1敗3ペアの4ペアで決勝トーナメントを行いました。

何と私と渋谷さんペアも決勝トーナメントに残りました。

が、準決勝の相手は予選でも対戦している石井・岩波(横浜DeepBlue・とつかTC)ペア。
予選はハードコートで0-6で敗退。準決勝はオムニコート。
何とかなるかなと粘りましたが4-6で敗退。ベスト4にて終了。
f0145325_165579.jpg


もう一つの準決勝は芦野・ジェームス(横浜DeepBlue・メガロス横濱)ペアと谷口・溝口(エバーグリーン・PCB)ペアの対戦でした。
後半もつれるものの6-3で芦野・ジェームスペアの勝利。
ベスト4の谷口・溝口ペアです。
f0145325_18353.jpg


決勝はタイブレークにもつれもこむ大接戦。
f0145325_144035.jpg


結果は3度の相手のマッチポイントをしのいでタイブレーク8-6で制した石井・岩波ペアが見事優勝しました。おめでとうございます!
石井選手は2度めの優勝です。
f0145325_18268.jpg


惜しくも(2度目の)準優勝の芦野・ジェームスペア。
がっかりしてるのに笑顔を作ってくれました。
f0145325_194452.jpg


出場していただいた選手のみなさん、本当にありがとうございました。
おかげさまで無事、本大会を終えることができました。
来年は16組を集めたいと思います。
告知をもっとしっかり行わないといけないなぁ、と自己評価。
ブログをご覧のみなさま、来年も9月に男子ダブルスを開催する予定です。
よろしければスケジュールに入れておいてください。よろしくお願いします。

宣伝は早めにということで、次は来年1月に開催のオープン女子ダブルスです。
詳細は9月下旬頃に決定します。
年々レベルがアップしている本大会。
来年も32組の完全トーナメント方式で行います。
女子選手のみなさま、日頃の練習の成果を発揮するべく是非ご参加ください。
みなさまの参加お待ちしております。

10月からは市民シングルスがスタートします。
1年中テニス盛りの横浜です。
横浜でテニスができることが本当にうれしいです。

明日は協会理事の仕事でクラブ対抗テニストーナメントのレフリーのため長浜公園です。
おやすみなさい。。。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-09-14 21:45

五輪ソフトボールチームに学ぶ

日本プロスピーカー協会の柏木ベーシックプロスピーカーの日記を読んで思ったことがあります。
日記の内容を一部抜粋させていただきます。

9月12日号「週刊ポスト」の記事からです。

ソフトボール女子チームを金メダルへ導いた西田文朗先生の記事が載っています。

西田先生は、選手達にまず統一された目的と目標を持たせたそうです。

目標:「金メダル」 これはとっても明確です。

しかし、、もっと大事で明確でなければならないのは、「何のために」「誰のために」
金メダルを取らなければいけないのかという目的です。

彼女達の明確な目的とは、、、

「ソフトボールをやっている子供達に夢を与えること」

だそうです。

明確な目的と目標。

これは、結果を出すためには必須のことです。


という内容でした。

私自身、目標を持つようにしています。

明確な目的となると少し考えます。

まずテニスの普及ですね。
そして多くの人にテニスを好きになってもらいたい。
できれば子供達(ジュニア)が選手として育っていってほしい。

ん~、でもこれではまだ少し自分の考えをおしつけているかな?

私も今日までよくテニスをやってきたなぁと思います。
何度も止めようと思ったことはあります。
でも結局続けることで、まずまずの戦績もできましたし、何より多くの素晴らしい人達に出うことができました。(愛妻ともテニスで知り合いました。)

そう、あきらめないこと。継続すること。自分の可能性を信じること。
大切なことをたくさん学ぶことができました。

そのことを伝えて行きたいですね。

ソフトボール日本チームだけではなく一流アスリートの目的は、例外なく「与える」「貢献する」「役に立つ」という根拠からきています。

その目的のために達成するべく目標を設定してます。

目標の土台となる目的の大切さを知りました。

目的を強く持っていれば、未達成がおきてもあきらめずに何度も改善を繰り返し、挑戦し続けることができるのでしょうね。

そういう選手を育成することが私の夢です。
その選手がさらに後輩に伝えていってほしいと願います。

ソフトボール日本代表チームのみなさん、大きな感動と学びをありがとうございました。

まだまだ、頑張れる気がしてきました。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2008-09-13 02:07