旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧


テニスと選択理論

火曜日の昼過ぎでした。
携帯が鳴り、でてみるとテニスコーチで自身も選手活動をしている田倉弘子さんからでした。
彼女と出会ったのは、アチーブメントのショート・セミナーでした。

途中で電話を変わると今度は昔からのコーチ仲間で、これまた選手としても実績のある渋谷浩之さんでした。

渋谷コーチ(ここからコーチと表現させていただきます。)は田倉さんが所属するテニスクラブのヘッドコーチをしています。
以前、横浜市民大会の一般シングルスで優勝もしたことがある実力派です。
サウスポーで“切れ”のあるプレーが素晴らしいです。
私とダブルスを組んでくれたこともあります。

グレイスの近くに来ているので会いに来てくれるとのことでした。
場所をグレイス近くのココス(ファミレス)に移し、再会を喜びました。

渋谷コーチも田倉選手も私と同じくアチーブメントの「新・頂点への道」を受講してます。
渋谷コーチはよく自己啓発セミナーに行っていて、ある居酒屋の朝礼(こちらの居酒屋「てっぺん」の朝礼は有名なのです。)でアチーブメントのコンサルタントと出会ったのがきっかけだったそうです。

渋谷コーチのクラブのコーチは約10名ほどこちらの研修に参加しているそうです。すごい。

3人で、自分が受講するようになってからどう変わってきたかをシェア(分かち合い)しました。
やはり選択理論心理学の学びの影響が大きいようでした。
目的・目標をもつことの大切さ。
良好な人間関係があっての技術や体力の向上。
ジュニア選手とコーチ、そして親との関わり方。声のかけ方。
強制をしないで相手の願望に焦点を当てる。
相手の長所を見つけて、そこを承認する。

などなど熱く、熱く、語り合いました。

選択理論はテニスに絶対必要な心理学だとの考えは完全に一致しました。
同じ考えや、同じを持つ人といると勇気がでてきます。
嬉しい、ワクワクする時間を過ごしました。

「新・頂点への道」シリーズにはたくさんのコースがあります。
その中でも、私は渋谷コーチにはボース・ウィン・マネジメントの受講を薦めました。
このコースは「信頼と尊敬」のマネジメントを学びます。
「敗者なき双方勝利のマネジメント」というサブタイトルも付いてます。

私は、このコースを受講して自分のコーチとしての役割が明確になりました。

コーチの役割というと、選手(生徒)を上達させること。
が第一にでてくると思います。

そのために、コーチは生徒や選手にアドバイスをします。
「~しなさい。」「~しないといけない。」
などと強制的になることもあります。

でも私の解釈は変わりました。(あくまでもの選択です)

コーチの一番の役割。。。

それは、、、「相手(生徒・選手)を信頼すること。」でした。

相手を信頼するために非常に重要なことは、自己承認です。
自分を認め、他者を認める。

自分を認めていない人が、他者を認めることはできないのです。
私がボース・ウィンで一番学んだことです。

ボース・ウィンを受講して、私は自分が大好きになれました。
と同時に今は亡き両親に感謝しました。
私は素敵な宝物をお二人から授かっていました。
それに、気付くことができました。

このことをけっこう強くお二人にメッセージしてしまいました。

渋谷コーチ、ボース・ウィンに興味津々でした。(是非、受けてね。)

選択理論を知るテニスコーチが増えることはすごい嬉しいことです。

「もっともっと、選択理論を拡げていこう。」と誓い合いました。

あっという間のクォリティタイムでした。

外は雨、レッスン中止でしたが私の中にまた新たな“何か”が芽生えました。

渋谷さん、田倉さん、ありがとうございました。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-02-26 06:53

習慣

人には誰でも習慣があると思います。
私にもありますが、振り返ると習慣になってしまった、という感じです。

よく「習慣とは恐ろしい。」などと言いますね。

私は朝5時に起きます。
休みの日も同じです。
5時より前に起きることもあります。

好きになってしまったんですね、早起きが。
最初は好きではありませんでした。

でも、起きてからすることを決めておくと早起きが楽しくなってきます。
読書、洗濯、スケジュールの確認、ブログを書く、そしてコーヒーを飲む。などなど。
いいですよ、朝は。気持ちがよくて。。。

早起きをしようとすると前の晩、寝るのが楽しくなってきます。
朝食もおいしく食べれます。
f0145325_6553597.jpg


誰にでも、やりたいことやるべきことがあります。
やりたいことを権利、やるべきことを義務と言い換えられるでしょうか。

>子供によく「宿題をやってから、遊びなさい。」といいますね。
  「義務を行ってから権利を主張しろ。」ということだと思います。
  義務が先で権利があとになります。

このやりたいこととやるべきことが一致したときに、人は最高のパフォーマンスを発揮するそうです。

私は能力開発研修に参加するようになって、早起きは成功の条件の一つだと学びました。
ですから最初は、早起きはやるべきことでした。
やらなきゃいけないんだ、と思っていました。

最初は6時起きもきつかったですね。
でも継続しているうちに段々と変わってきました。

早起きすると、こんなにいいことがたくさんあるんだということを知ったからだと思います。
早起きが好きになりました。大好きになりました。
いつのまにか早起きはやりたいことになっていました。

もちろん早寝もしようと思ってます。
12時前に寝たいですね。
でも、そういかないときもあります。
週に半分位?

睡眠時間が少なかったときは、昼食後やはり睡魔が襲ってきます。
そういうときは、10分位車で横になります。午睡を取ります。(携帯でタイマーセット)
この10分間で後はスッキリです。

習慣への第一歩は、とにかく継続すること。
そうすると、徐々に好きになっていってやるべきことやりたいことへシフトしてきます。

今週は天気がパッとしないようです。
それでも朝は気持ちいい。

みなさん、ベストを尽くしましょう。
f0145325_655233.jpg

[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-02-24 06:57

写真撮影

クラブハウスに飾るコーチの写真を撮影しました。
あと、ホームページにも載せます。
撮影は私がデジカメで撮りました。(プロには頼みません)

まず、大門コーチ、バックハンドストロークヴァージョン。
f0145325_0581249.jpg


続いてフォアハンドストロークヴァージョン。
f0145325_0591160.jpg


福本コーチ、フォアハンドストロークヴァージョン。
f0145325_0595233.jpg


バックハンドストロークヴァージョン。
f0145325_10278.jpg


橋山(窪田)美紀コーチ、バックハンドストロークヴァージョン。
f0145325_174235.jpg


私はなぜかバックハンドボレー。
f0145325_183581.jpg


ついでにサービスも撮りました。
f0145325_192155.jpg

誰だかわかりません。

バックハンドストロークの写真が一番、カッコいいですね。
どれをHPに載せるかはこれから検討します。

ちょっと、ブログで早めに掲載してみました。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-02-23 01:11

アドバイス

コーチは生徒(選手)にアドバイスをします。

アドバイスにも、いろいろあります。
励ます。褒める。認める。矯正する。
たまに、挑発する。など、他にもたくさんあると思います。

私は選択理論心理学を学ぶようになってから、相手に自分の考えを強制しなくなりました。
まず、相手のいい所(長所、武器)を探すようにしています。
そこを承認して、質問をするように心がけています。

でも、それでは納得いかない方がほとんどです。

上手くできないのには理由があるはずだ。
原因を見つけて直したい。
そうすれば、上達して試合でも勝てるようになるはずだ。

ごもっともだと思います。

医者ならそれでいいと思います。
命が掛かってきますからね。

テニスで自分の悪い所を直さなくても命に別状はありません。
どこかに転移したりもしません。
(自分の弱点と)仲良くすればいいのです。(多分みなさん、いやですよね?)

選択理論心理学では「問題に焦点を当てない。」とあります。
なぜ?

解決しないからです。
コーチが相手の悪い所に焦点を当ててしまうと、コーチが泥沼にはまってしまうのです。
当然、生徒(選手)もはまります。
ものすごいストレスが生まれます。イライラします。

もし、仮に矯正されて直ったとしてもコーチに見てもらっているときだけの一時的なものかもしれません。
(違う場合もあるかも?)

アドバイスに関して大切なことは、「言われたことを鵜呑みにしない。」ことです。
相手のことを思って言ってくれている多くのテニスコーチに怒られてしまいそうですが、、、

まず「信じない」

そして、「疑わない」ことです。

じゃあ、どうすればいいのでしょう?

「確かめる」「試す」です。

コーチはあくまでも提案をしてるにすぎません。
必ず、相手に合っていることとは限らないのです。

まず「確かめて」、自分で選択してください。
コートで実際にプレーするのはコーチではなくみなさん自身なのですから。

ジュニアでは素直にコーチの言うことを良く聞く子と、ちょっと天邪鬼(あまのじゃく)っぽい子がいます。

コーチにとっては実は天邪鬼な子の方がアドバイスをしやすいのです。
自分の気にいらないことはやりませんから。

素直で何でもコーチのいった通りにやってしまう子の方が、アドバイスは慎重になります。
そして最後に一言、言います。
「コーチの言った通りにやらなくていいんだよ。」

是非、みなさんの自分らしい、自分なりのテニスライフを構築していってください。

今日も花粉とガチンコです。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-02-19 06:50

無料体験レッスン

たまにはグレイステニススクールの宣伝でもしようと思います。

というのも、この時期退会されるスクール生が多くなるので営業をしようと思います。

グレイステニススクールは大きく分けると3つのクラスのなります。

①平日昼間(一般・ゲーム)クラス
②土日・ナイタークラス
③ジュニア(リトル)クラス

①平日昼間は、やはり主婦の方が多いですね。
基本練習からゲームを楽しむ一般クラスと実践的なゲームの練習をするゲームクラスに分かれます。
特にゲームクラスは試合の出場している方に人気があります。

②土日・ナイタークラスは、男性と昼間働いているいる女性が多く在籍されています。
テニスをする回数が少ない方、いわゆる週一テニスの方がメインなのでとにかく球数を多く打つレッスンメニューになっています。もちろん、ゲームもやりますよ。

③小学校低学年からのリトルクラスと小学校高学年や中・高校生のジュニアクラスです。
経験年数や能力によっても変わってきますが、判断はコーチがさせていただきます。

随時、入校可能です。
通常のスクールに入って受講していただく無料体験レッスンも行なっています。
お電話で予約・申し込みいただき、是非お気軽にお越しください。
TEL 045-931-3111
ホームページからスケジュール(時間帯)などは確認してください。

体験レッスンというのは、受講したら入校しないといけない。みたいな雰囲気もあると思いますが、全く気にしてませんので一度遊びに行く程度の感覚で来てみてください。
(お一人様一回限りとさせていただいてます。)

花粉が飛ぶ季節になってきました。
私は薬を飲みません。
ガチで勝負します。
そして、負けます。

何の深みもない話ですみません。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-02-17 07:14

振り返り

試合のあと、多くの方は振り返りをします。
自然と自己評価がおこります。

自己評価の特徴が、勝った試合のあとは良かった所、負けた試合では悪かった所を振り返る点です。
まあ、勝った試合のあとで次の試合ではこうしようと改善点も考えたりしますが。。。

私がレッスンでマッチ練習を終えた人に質問します。
「どうでしたか?」
ほとんどの人が
「ダメでした。」「〇〇が悪かった。」
と答えます。

そこで、私は質問を変えます。
「何が上手くできましたか?」
すると、
「何も上手くできなかった。」
と答えます。

なるほど、、、と思います。

最近、私はそこでプロ野球大リーガーのイチロー選手の話をします。

イチロー選手は打率がいい、出塁率もいい、盗塁もできる(足が早い)、守備が上手い、強肩。
誰もが認める超一流選手、一流アスリート。

でも、ホームランの数はどうでしょうか?
年間10本打ってますか?

イチロー選手に足りないものはホームラン。
そこでどうでしょう?

イチロー選手はホームランを打つ、または打てるような練習をするのでしょうか?

私の勝手な想像ですが、していないと思います。

ファンもイチロー選手にホームランを期待していないし、イチロー選手自信も自分に必要ないと思っているはずです。

自分の武器、長所、強みを活かせる努力をしているのだと思います。

試合(ゲーム)の後、「何が上手くできたか?」を振り返ってほしいですね。
そして、自分の強みを知って、そこを活かしていきたいです。

たら、れば、は虚の話。

けど、から、は実の話。

自分にできたこと、できることに焦点を当てて、次にプレーするときはどうしたいかを考えましょう。

きっと、いいことがあるはずです。(と、思い込んでください。)

f0145325_873178.jpg

載せる写真がないので、陽のヒカリを感じてください。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-02-15 08:08

ビギナー・クラス第2戦~花粉

2月12日、ビギナークラス第2戦が開催されました。
天気は快晴、風もなくテニスにはいい陽気でした。

予選ブロックから好ゲームがあり時間が大幅に遅れました。
でも参加選手のみなさまのご協力のおかげで無事終了できました。

激戦を勝ち抜き見事優勝されたのは木村・遠藤(フリー)ペアでした。
f0145325_6242190.jpg

おめでとうございます。
アドバンスクラスでのご活躍を期待します。

今回のビギナークラスの選手のみなさんのプレーを見て思ったのは、とても丁寧にプレーされてますね。
そして、チャンスには豪快なプレーもあり素晴らしかったです。

試合を戦っていれば、途中イージーミスもあるでしょう。
でも、そんなことはミスをした時点で過去の話です。

「他人と過去は変えられない。自分と未来は変えられる。」(選択理論心理学)

変えられる未来に焦点を当てたほうが上達がグッと早まります。

是非、試合で上手くできたことを振り返ってください。

昨日は暖かい日ではあったのですが、花粉も飛びまくっていたようで、鼻がムズムズし、クシャミを連発。

そして、今日13日の金曜日は早くも春一番が吹くそうです。
強風の中、立っているのも大変なのに、来るか花粉。。。みたいな感じです。

それでもテニスは楽しいのです。

かかってこい、花粉。
f0145325_6321217.jpg

[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-02-13 06:32

日本人に生まれてよかった

本を紹介したいと思います。
f0145325_63324.jpg

「アホは神の望み」という本です。
筑波大学名誉教授の村上和雄さんの書いた本です。(サンマーク出版)
村上教授は遺伝子の研究をされています。

JPSA(日本プロスピーカー協会)の柏木プロスピーカーの薦めで読みました。

素晴らしい本です。是非、読んでいただきたい本です。

タイトルを見て「なんだ?」と思った方もいると思いますが、お笑いの本ではありません。

こじんまりと生きるより、素直で正直な器の大きい人生を歩もうといったものです。
それを「アホ」と表現しています。

私達は生きている。
でも一人では生きていけない。
何かや、誰かに生かされている。

そして、外国語に訳せない日本の言葉。「ひらがな」の言葉。

「ありがとう」
「いただきます」
「もったいない」
「おかげさま」

私達が普段何気につかっているこの言葉ですが、他の国に相当する言葉がないそうです。

「ありがとう」はサンキューの意味ではないそうです。

あまり私が書き過ぎるとまずいので、興味ある方は是非購入して読んでください。

勇気とやる気をもらえます。

日本人に生まれてきて良かった。
日本人であることを誇りに思おう。
器をでっかくしよう。
感謝の気持ちを大切にしよう。

などと、感じました。

指導するジュニア選手達にも、これからぶつかる“壁”をくじけずあきらめずに突破していってほしいです。

ご両親に常に感謝をしてほしいです。
自分自身を大好きになってほしいです。

現在、外はきれいな朝焼けです。
今日もベストを尽くしましょう。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-02-12 06:51

春近し

昼間は暖かく、夜はしんみり寒い。
風に強い日もあります。
春が近づいて来てますね。

テニスコーチにとって辛いのは、寒さもありますが、やはり強風の日でしょうね。
テニスはどんな強風でも試合はあります。
テニススクールも当然あります。

グレイステニススクールはアウトドアスクールなので、太陽の陽射しや風を思う存分感じてプレーしていただきたいですね。

さて、市民大会ミックスダブルスは順調に進んでます。
DeepBlueの石井・高橋(エバーグリーン)ペア、芦野・古川(メガロス)ペアは揃って4回戦進出しました。
次戦は14日土曜日のようです。
頑張っていただきたい。

ミックスダブルス期間中ですが、4月から開催の市民大会ダブルスの部もエントリーが始まってます。

私は昨年同様、金子信也さんと45才以上にエントリーします。
でる以上は優勝目指します。

桜の花咲く頃、また多くのドラマが生まれるんでしょうね。
楽しみです。

みなさん、是非参加しましょう。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-02-11 06:42

横浜市民大会ミックスダブルス初日・三ツ沢会場

最近、ブログへの訪問が増えてきて嬉しいです。
金曜日、過去最高の63件の訪問をいただきました。

いつも、ブログを読んでくれているみなさま、ありがとうございます。
これからもコツコツ更新していきますのでよろしくお願いします。

さて昨日2月7日土曜日。
横浜市民大会ミックスダブルスの初日でした。
私は三ツ沢公園で大会レフリーに行ってきました。
14面を使用し、予定試合数は100試合以上。。。恐ろしい。
毎年レフリーをやってますが、今回ほど多い試合数の運営をしたことはありません。
9時のエントリーで本部前は大混雑。
f0145325_636565.jpg

8面側と6面側にロービングアンパイアは別れ、トランシーバーで連絡を取り合いました。
f0145325_637018.jpg

3分のウィーミングアップの時間を計り、フットフォルトのチェック、ウェアのチェックをスコアのチェックをしながらコートを巡回。
まあ、ウェアのチェックは解釈が様々。着替えさせるようなことはなく、次回から気をつけてくださいと啓蒙するくらい。

友人達も多くエントリーしてました。
f0145325_6402965.jpg

写真向かって左から、井口選手、山口選手、星野選手、栗田選手。
みなさんメガロス横濱のコーチです。
星野・栗田ペアは過去2回本大会で優勝しております。強いです。
f0145325_6422078.jpg

手前でPC叩いているのが小林穂高選手。奥でサングラスをしてるのがワイフのまゆみ選手。
DeepBlueからのエントリー。頑張ってくれい。

応援の方も熱が入っておりました。
f0145325_644279.jpg

是非、来年は出場してくださいね。

写真を撮り忘れましたが、グレイスTCジュニアの井上朋美選手がお父さまとのペアで3回戦突破しました。ナイスゲームでした。ミスが少なかった。
次回は14日です。頑張ってください。

もう一組、写真なしですが松田みさき選手が長瀬選手とのペアで3回戦を抜け、次回は星野・栗田ペアとの対戦。おもしろいカードです。

10数組のWO(欠席)もあり16:30頃無事終了しました。

あっちいったりこっちいったり、選手もレフリーも大忙しでしたが、ご協力をいただき無事予定を消化できました。

文句など一切なく、選手のみなさまのマナーの良さに感謝です。
横浜は日本テニス発祥の地。
その横浜でテニスをされている方はやはり素晴らしい方達ばかりだなぁと感じました。
ありがとうございました。

選手のみなさん、お疲れ様でした。
勝ち残った方は次戦またベストを尽くしてください。好ゲームを期待します。
惜しくも敗れてしまった方はまたチャレンジしてください。
「継続は力なり」です。応援してます。

私を含め5名のレフリーで運営しました。
レフリーのみなさん、お疲れ様でした。
ありがとうございました。

帰宅し子供二人と入浴、家族で食事、、、そして一緒に寝ました。
充実した一日でした。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-02-08 06:57