旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧


7つの習慣

前回の外的コントロール心理学、どう感じられたでしょうか?

私は高校時代、部活で同じ学年の誰かが遅刻したり、無断で練習を休んだりすると連帯責任ということで、学年全員罰を与えられました。
ジュニア達に聞くと、今も部活ではあるそうです。(打たせてもらえなかったり、最悪は坊主頭にさせられたり。。。)

そうすることで、実際に遅刻してしまった人に、「周りに迷惑をかけた。次から気をつけよう。」と考えさせます。

でも、大切な人間関係はどうでしょうか?
周りにどこか引け目を感じたり、周りの人からは「こいつのせいで俺たちまで。。。」などと思われていたら。

多分、自分の欲求は満たされません。

そこで、以前(1年以上前)にも紹介しましたが、『7つの致命的習慣』と『身につけたい7つの習慣』を紹介します。

『7つの致命的習慣』
①批判する
②責める
③文句を言う
④ガミガミ言う
⑤脅す
⑥罰する
⑦褒美で釣る

『身につけたい7つの習慣』
①支援する
②励ます
③傾聴する
④受容する
⑤信頼する
⑥尊敬する
⑦違いを交渉する


さあ、自己評価してみましょう。

普段、自分が使っているのはどちらが多いでしょうか?

私は、選択理論に出会うまで、断然致命的なほうが多かったですね。
他人を変えられると思ってましたから。
私は正しい、相手は間違っていると思ってましたから。

今は意識して『身につけたい習慣』を使うようにしています。

「意識して」ですから、当然、ちょっとしたことで「致命的な習慣」がでてきてしまいます。

「致命的な習慣」を使ってしまうと、後でボディー・ブローをくらったようにグラグラ来ます。
落ち込みます。
でも、私は完璧ではない。最善を目指そうと思い、また頑張ります。
テニスの練習と同じですね。

私の子供達には、「パパの言い方が恐かったり、悪かったりしたら、パパを注意してね。」と言ってあります。
よく子供に注意されます(笑)。

ジュニアの子供達(全員ではありませんが)には「コーチが言ったことで気分が悪くなるようなことがあったら注意してね。」と言ってあります。

日々のちょっとしたことから「致命的な習慣」を排除するようにしています。

それから、みなさんは上記の2つの習慣ですが、使われる立場だったらどちらがいいですか?

私の勝手な想像ですが、『身につけたい習慣』のほうが嬉しいし気分もいいと思います。

コーチと選手の関係、ダブルスのパートナーとの関係、さらに親子関係、お互いがそう思い合っていたらどうでしょうか?

なんかワクワクしてきませんか?

そこには、自分達にか創造できない圧倒的な成果があったりするのではないでしょうか?
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-04-16 06:11

外的コントロール

私がこのブログ上で何度も紹介している選択理論心理学
言い方を代えると、内的コントロール心理学と言えます。

これと正反対の心理学が、外的コントロール心理学(刺激・反応理論)です。

どちらかというと、みなさんこちらの方がなじみが深いのではないでしょうか。

刺激・反応理論とは、外側から刺激を与え、それに反応させるといった考えです。

相手を自分の思い通りにコントロールできないと、文句を言ったり、批判をしたり、ときには体罰を与えたりします。刺激を与えます。

相手をコントロールしようして、強制をしたり、罰を与えたりします。

いわゆる「力」の心理学ですね。

それによって、上手く相手をコントロールしてるように勘違いをしてしまいますが、最も大切な人間関係が壊れていきます。

この外的コントロール。子供の教育に用いた場合、まあ上手くいっても小学校3,4年生位までではないでしょうか?
子供の身体も大きくなってきて、いつしか親より大きくなったりします。
そうなってくると、全くコントロールできなくなってきます。

外的コントロールは間違ってはいないそうですが、人間関係を悪くします。

選択理論は強制を使いません。
私達が他者に対してできることは、情報の提供だけだと言っています。
また、他者から得ることができるのも、情報だけだと言っています。

その情報に対して、行動を選択します。

テニスでいうと、コーチは選手(生徒)を変えることはできません。
情報の提供だけです。

ダブルスのパートナーを変えることはできません。
「もっとこうしてほしい。」
「私だったらこうやるのに、、、なんでそんなことするの?」

自分とは違うのですから、そんなことは当たり前なのです。

「あなたは、あなたのままで素晴らしい。」

この思いをお互いに持てるようなパートナーだったらどうでしょうか?

どのようなダブルスを創造できるでしょうか?

次回のブログで、少しづつ実践できる習慣を紹介したいと思います。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-04-15 06:12

桜・・・散る

昨日、4月12日(日)は横浜市民大会45才以上ダブルスの初日でした。
場所は新横浜公園。
私は、レフリーを兼任のため8:00にコートへ。

駐車場からコートまでけっこう遠いんです。
備品の搬入に3往復されたチーフ・レフリーの関さん、お疲れさまでした。

朝は気持ちひんやりしていたのですが、段々と暑くなってきて日中はTシャツ1枚で充分でした。

陽射しもきつかったですね。
前日の土曜日は、大門コーチが試合のためグレイスのレッスンを代行したのですが、約3時間半で腕と足は真っ赤になってしまいました。
ヒリヒリして痛かった。ヤバイ。来週からは、ちゃんと日焼け止めを塗ります。(もう、手遅れ???)

さて、市民大会ですが10面のコートをフルに使い行われました。
私の試合は12時ラウンドですが、レフリーの仕事をしているとあっという間に時間が過ぎ、自分の試合となりました。
いつもはジョギングしたり、入念にストレッチ(特に足首回し)、素振りなどをするのですが、あまりにも暖かかったのでちょっと軽めにしました。

今大会、私は第2シード。1ラウンドはBYEなので、2ラウンドから。
パートナーは昨年と同じく金子さんです。(ちょっと緊張します)
相手はラック港南台の島田・上間ペア。なんと全日本出場ペアです。

ははは、いきなりきましたよ。

でも以前のブログにも書きましたが、ランキングもシードも全て過去のデータからできています。

「過去は虚」です。

コートに立ったら50:50なのです。

と、自分に言い聞かせ「結果を恐れずベストを尽くそう。」と思いました。

試合はゲーム差が開かない競った展開となりました。
ゲームカウント4-2のとき5-2にできるドチャンス・ポーチを私がネット白帯にビンゴ。
結局ブレイクされて4-3。

島田さん、上間さん共にリターンからすばやくネットに詰めてきます。
こりゃ、ストレートを待ってはいけないなと思い、ポーチ出まくりました。
じっとしていたら、きっと試合後後悔すると思ったのです。

「やらないで後悔より、やっちまった後悔。」

言い方変えると

「やらないで後悔より、やっちまって学び」

ですね。

その後試合は5-7になりピンチ。6-7で相手のサービング・フォー・ザ・マッチ。
しかし、、、ブレイクバック7-7。

ところが、、、サービスダウンで7-8。

さらに、、、奇跡はおこらず7-9ゲームセット。

桜散りました。
ありがとうございました。

残念ですが、また頑張ればいいだけのこと。
「たら、れば」よりも「ても、けど」。

上手くできたことを振り返って次に活かしたいと思います。

レフリーの仕事に戻り、日程終了は4:45頃。

それから、グレイスにジュニアのレッスンに向かい、選手達と練習しました。

疲れたけど、充実した1日でした。

私は負けちゃったけど、勝ち残っている選手のみなさん、これから試合が始まるみなさん、頑張って横浜市民大会を盛り上げてください。期待してま~す。

来週は東京オープンのシングルスです。
ベストを尽くしてきます。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-04-13 06:40

私の周りの全ての人へ、、、感謝の日!

4月8日(水)、私の46回目の誕生日でした。
f0145325_6124094.jpg


今は亡き両親に、生んでもらい、育ててもらい、愛してもらいました。
私にしかない素敵な宝物を与えていただきました。

そして、多くの人に出会い、強い力に支えてもらい今日まできました。

これからも、よろしくお願いします。

当日は、たくさんのお祝いメール、メッセージ、日記へのコメントなどをいただきました。
夜まで仕事だったので、家族とのお祝いは9日(木)に行いました。

私の誕生日を自分のことのように、喜んでくれる二人の子供達。

そりゃそうです。誰の誕生日でもケーキが食べれるんだから大喜びです。

46回目の誕生日を愛妻と二人の子供と義理の両親と迎えることなんて、昔は想像もできなかったこと。

本当に、幸せを感じます。

まだまだ、現状は厳しいです。だから、やりがいもって努力を続けていきます。
きっと、いいことがある。。。

感謝されるより、感謝する人で在りたい。

信頼されるより、信頼する人で在りたい。

愛されるより、愛する人で在りたい。

これからも、在り方を追求していきます。

私の周りの全ての人との、出会いに感謝します。

ありがとうございます。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-04-12 06:16

プロスピーカー・崎本正俊さん

4月7日(火)、アチーブメント(株)でプロスピーカー試験が行われ、私の友人の崎本正俊さんが見事合格しました。

このプロスピーカーというのは日本プロスピーカー協会認定です。
多くの人に選択理論心理学とアチーブメント・テクノロジーを伝えることが目的となっています。

アチーブメント・テクノロジーというのは、まあ一言で言うと「達成哲学」みたいな感じでしょうか?

目標を持って生きることの大切さ。
そして、なぜその目標を達成しなければいけないのかという目的
目的を決めるには、自分自身の理念を構築していくこと。

などなどが含まれてます。
そうすることで、全ての人がより良い人生を生きれるようにという願いからできています。

今回合格の崎本さん。通称・サッキーです。
f0145325_6594770.jpg

彼とは昨年3月のボース・ウィン・マネジメント・アドバンスという研修で3日間を共にしました。
足柄での2泊3日。楽しかったですね~。

彼は、ものすごいリーダー・シップの持ち主です。
グイグイ引っ張っていってくれます。

以前はかなり強引なところもあったようです。
でも学び続けていくうちに、信頼することや、傾聴することの大切さを知り暖かいリーダーになってきたそうです。

そのことは、こう表現されてます。

ギラギラ・サッキーからキラキラ・サッキーへ変身した。

ということです。

彼との出会いに感謝です。
本当に素敵な方なんです。

プロスピーカーとしての活躍を期待して応援していきます。

おっと、私もプロスピーカーを目指しますよ~。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-04-11 07:05

ビギナークラス第4戦

4月は、順調に毎日ブログを更新してましたが、少し体調を崩してしまい久々の更新になります。

書きたいことがたくさんあります。
4月7日(火)は私も会員になっている日本プロスピーカー協会のプロスピーカー試験を友人が受験し、見事一発合格しました。

翌日8日は私の46回目の誕生日。
たくさんのお祝いメールをいただきました。ありがとうございました。
もちろん、家族でお祝いもしました。

この2件については後日、たっぷりと書きたいと思います。

そして、昨日9日木曜日。
13:00よりグレイスTC女子ダブルスシリーズのビギナークラスが開催されました。
12組のエントリーで行われる本大会。
3チーム1ブロックでのリーグ戦。それから1位トーナメント。2位と3位の方達は練習マッチを行います。

今回優勝されたのは、地元グレイスTCの会員の林・真野組でした。
f0145325_5563125.jpg

おめでとうございます。

お二人共、日頃から大変練習熱心で頑張っておられます。
継続してれば、努力は実るんですね。

さて、試合やゲーム練習をしていてパートナーのプレーに「???」って思ったことはありませんか?

または、パートナーに「今のはもっと、・・・・・・したほうがいいよ。」などと言われて頭が混乱してしまったことなど。。。

超当たり前ですが、ダブルスは一人ではできません。

選択理論心理学では「過去と他人は変えられない。」と言っています。

まず、パートナーを変えようとしないことが大事ですね。

そのためには、パートナーの良い所を承認してあげることが大切になります。

盗み聞きしてるわけではありませんが、試合後のペア同士の振り返りの話を聞いてると(聞いてしまうと)、ほとんどの方は悪かった所を振り返り修正をしようとされてます。

もちろん、間違いではないと思います。

「問題解決の秘訣は、問題点に焦点を当てないこと。」です。

じゃあどうすればいいの?って思いますよね。

「願望に焦点を当てましょう。」ということです。

自分はどうなりたいのか?
そのために、今何をしているのか?
その今していることで何が起きているか?
他に方法はないか?

などを、自己評価(セルフコントロール)するのはいかがでしょうか?

こうなったら、こうやって。ああなったら、ああやって。などの戦術、作戦は「やり方」ですね。大事だと思います。

でも、もっともっと大切なのは、パートナーを信頼し承認し、常に励ましあうような「在り方」だと思うのです。

「在り方」という土台があっての「やり方」だと思うのです。

「やり方」だけだと、勝てなくなってくると、、、ペア解消。。。悲しい。。。

恋愛と一緒だと思います。

出合って間近の頃は、相手は何を考えてるんだろう?何が好きなんだろう?同じものを共有したいなぁ。なんて思ったことがありませんか?(私はあります)
相手中心だったあの頃。。。懐かしい。。。

それが、付き合いが始まると、、、自分のペース。自分中心。(私の場合ですが。。。)

ELTの歌にありましたね「出会った頃のように」。。。
あの気持ちを常にお互いが持ち寄れば、素敵なパートナーシップが継続できるんでしょぅね。

みなさんは、パートナーのことを本気で信頼してますか?
私も、自分に問いただしたいと思います。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-04-10 06:36

お弁当

私の二人の子供の保育園では昼食時、ご飯だけお弁当を持参します。
おかずはみんなで同じものを食べます。

3月までは、4才の希愛(のぞみ)だけがお弁当でしたが、4月から二人共お弁当になりました。

ハル君は自分もお弁当になったので大喜びです。

さて、そのお弁当ですが、、、
f0145325_641660.jpg


毎週日曜日の朝放映されてる「侍戦隊シンケンジャー」バージョンです。

シンケン・グリーンが好きなハル君は「木」、シンケン・イエローが好きなノンちゃんは「土」です。

おかげさまで、二人共漢字が読めるようになりました。

他にも「火」「水」「天」が読めます。

ママは少し大変になってしまいましたが、子供達の嬉しそうな笑顔を見れるので、頑張ってます。

家族の支えは本当に大きいですね。

「ありがとう」「おはよう」「言ってらっしゃい」「お帰りなさい」
って笑顔で言われることが今の私の力の源です。

愛しちゃいますよね~。

今日から横浜市民大会ダヌルスが各市営コートで始まります。
DeepBlue、グレイスTC、メガロスTS,他テニス仲間のみなさん頑張ってください。

私は休日返上で代行レッスンへ行ってきます。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-04-04 06:49

09アドバンスクラス第3戦

4月2日(木)アドバンスクラス第3戦が開催されました。
朝から風が強かったですね。
その悪条件の中、選手のみなさんには頑張っていただきました。

初出場も方も何組かありました。
遠いところをありがとうございます。

優勝は金子・鈴木ペア(東急剣山SG・ケンウッドTC)でした。
f0145325_6214834.jpg

見事な粘りのテニスでしたね。

やはりアドバンスクラスの上位の方はディフェンスが上手ですね。
男子ダブルスを相手にしても、そう簡単にはウィナーを取れないのではないでしょうか。

さて、先月から女子ダブルス出場者を対象に、無料体験会を始めました。
ご参加いただいてるお礼と当スクールの宣伝を兼ねて、金曜日の11:20~12:50で行います。
日によって、レベル分け(スタート、ビギナー、アドバンス)してあります。
お一人様一回限りとなっています。

グレイスTC女子ダブルスシリーズにご参加のみなさま、ご都合つくようでしたら、是非ご参加ください。

明日の土曜日から、横浜市民大会のダブルスが始まります。
私はまだ出番ではありませんが、体調整えて挑みたいと思います。
最近、いきなりハードな練習をしたせいか、右肘と左膝が、、、痛い。
でも大丈夫、頑張ります。まかせてください。

あと、神奈川県で渋滞ワースト1の原宿交差点(国道1号と環状4号)の上り側の立体が開通するそうですね。
東俣野公園を利用するのに助かります。
工事をしてくれたみなさんに感謝です。

生活しやすくなる横浜市、感謝です。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-04-03 06:44

違いを認め合いましょう!

「違いは違いであって、間違いではない。」(青木仁志氏)

私達は、経験を重ねることで価値観を養っていきます。
価値観は人それぞれ違います。
多分、年が経つにつれみなさん自分の哲学(のようなもの)を持っているのではないでしょうか。

自分の価値観と違うことや真逆のことをやったり言ったりする人に出会うと、つい批判したり、否定したりしてしまいます。

ここから人間関係がおかしくなっていきます。

「なんでそんなことするんだ。」
「何やってんだよ。」

といった言葉が生まれてしまいます。

それを認めてあげることができるようになったらどうなるでしょうか?

人の行動には目的があります。
私達はそのときの最善を選択して行動しています。

ダブルスのゲーム中、大事なポイントでのパートナーのミス。
パートナーは最善を尽くしてプレーをしています。
さあ、あなたはどのような声をかけますか?

①「なんでミスするの?」(これは最近まず見かけませんね。)

②「今のは、○○だったから××にしたほうがいいよ。」(アドバイス、修正を計る。)

③「惜しい。ドンマイ。まだやれる。頑張ろうね。」(承認と励まし)

違いを認めることができれば③になると思います。

違いを認めるために大切なのは、

一つ目は、その人の良いところを見ることです。
悪い所に焦点が当たると、その人を変えようとしてしまいます。
(他人と過去は変えられません。)
良い所に焦点を当てると、励ましたり見習ったりできます。
「そうかぁ。」「なるほど。」をたくさん使ってますか?

二つ目は、「自分は正しい。」という考えを捨てることです。
信念を持つことは大切です。
でも、それを相手に押し付けたりはしてないでしょうか?

最後は、これが最重要なことですが、
信頼することです。
『あなたは、あなたのままで素晴らしい。』
の気持ちをパートナーに対して持っていますか?
相手の存在を認めていますか?

信頼がないと、②の修正などをして相手を変えようとします。



「違いは違いであって、間違いではない。」

当たり前の言葉ですが、実践するのはけっこう大変です。

私達は一人では生きていけません。

目の前にいる人を、承認し励ますことができたら。。。

隣にいるパートナーを信頼し尊敬できたら。。。

仕事は?

プライベートは?

そしてテニスライフは?

ワクワクしませんか?
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-04-02 07:14

新年度

雨の4月1日です。
FMヨコハマも番組編成が新しくなります。
まあ、朝は変わってませんが少し変化を感じながら聴いてます。

我が家のチビちゃん二人は今日から、一学級進級します。

同じように、スクールのジュニア達も進級します。
中学生になる多くの子供達は、寂しいですがスクールを去っていきます。

大学生になる(JD?)女子選手二人も、昨日で生徒としての受講は終了しました。
まあ、これからもレッスンを手伝ってもらったりしながら、大学での体育会生活をエンジョイしてもらいたい、そして輝いてほしいですね。

私の選手達との関わり方は選択理論心理学に出会ってから、ガラリと変わりました。

もし、5年前の私の指導を受けていたら、きっと今とは違う選手に育ってたんだろうなぁと感じます。

「ジュニア育成」と言いますが、指導者がジュニア選手を変えることはできません
ここ数年、育成とは相手を変えることではなく、相手を応援することだと私は解釈しています。

選手本人が、自分がどうなりたいのかを明確にしていかなければなりません。
目標を決めて、なぜその目標を達成したいのかという目的を明確にすることが大切になります。

目指すものに対して、自分の行動を選択していきます。

私達コーチはその援助をするにすぎません。
ときには選択肢を与えたり、私だったらこうするかな?みたいな提案をしたりしてきました。

今回、卒業していった二人の女子高生選手に対しては一切の強制をしませんでした。
自分達で選んでもらいました。
そして、彼女達の選んだものを私は応援しました。

それだけです。

二人共、テニスはものすごく上達しました。
最近では、私とゲームをやっても超ド本気でやらないといけません。
昔だったらなぁ、、、楽勝だったのになぁ。。。などと思いつつ。(私の体力も確実に衰えております。)

そして、テニスの技術同様、気持ちの面でも大人になったと思います。
これからの大学での彼女達の活躍に期待します。
そして、ず~っと応援し続けます。

私をコーチとして育ててくれてありがとう。

これからも多くの生徒(選手)達に育てていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

選択理論的なコーチング。
先日のリアリティー・セラピーの講師の渡邊 義さんから「チョイス・コーチング」という言葉をいただきました。

さあ新年度、「チョイス・コーチング」で頑張りま~す!!!
(って雨なんですが。。。)
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-04-01 06:50