旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧


正しさ

私達は行動を起こすとき選択をしています。

私達は選択するときに判断をし、そして決断をしています。

この決断をするとき、基準となるのが自分の価値観やこだわりや優先順位なんだと思います。


判断基準はひとそれぞれ、みな違うんですね。


他人の行動を見て、

「何でそんなことをするんだろう?」

「何でこういう風にできないの?」

なんて、思ったことはありませんか?


それは自分の基準は「(絶対)正しい」という思いがあるからではないでしょうか?

誰でも思ってることだと思います。
ある意味必要なことだと思います。

でも、自分の判断基準を他者に当てはめてしまうとどうなるでしょうか?

私の場合、外的コントロールの東の横綱「批判する」が登場してきます。



違いを認め合う。。。深いですね~。

私にとって永遠のテーマになりそうです。

だから、テニスと同じでトレーニングをしようと思えるのです。
f0145325_6203595.jpg




盆休み中、心友・原田心(しん)コーチと話をしました。

原田コーチはあることがきっかけで仏教の浄土真宗を学んだそうです。

うまく文章にできるかわかりませんが、こんな感じで話をしてくれました。

「悪いことをした人は成仏できる。なぜなら、『自分は正しい』と言ってる人でさえ成仏できるんですから。」

さあ、どうでしょう?

えっ?って思いましたか?

親鸞は「私は正しい」という考えは間違っていると言ってるのです。
(原田コーチはもうちょっと詳しく話してくれたのですが、ちょっと文章にできません。また聞いておきます。)

じゃあ、悪いことをしろと言ってるのでしょうか?

当然、違います。

正しさは、自分だけのものなのかもしれませんね。

ということは、他者の行動も正しいということになります。

自分とは違う「正しさ」を承認し合えることができたら、、、

自分の「正しさ」と共有できたら、、、

他者を変えることなんて、本当の意味で不要になるんだろうなぁと思います。



信念を持つことは大変重要だと思います。

でも、自分の信念を他人に押し付けていたらどうなるでしょうか?

もし、自分に相手の信念を押し付けられたら、強制されたら、どんな気分でしょうか?



私も、子供と(仕事でもプライベートでも)関わる中で、「正しさ」とはなんだろう?と思うことがよくあります。

自分も経験している子供の頃。

どんな価値観を持っていたでしょうか?

今とは違っています。



やはり、相手の願望「何をしたいのか?」「どうなりたいのか?」を共有することだと思います。

夫婦、親子、職場、コーチと生徒、ダブルスのパートナー、親友、いろいろな人間関係があります。



相手の「正しさ」を承認して、素敵な人間関係を、素敵なパートナーシップを構築していきましょう!
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-08-19 06:05

素敵な、、、ゆかいな仲間達

盆休み無事終了しました。
8月後半です。

朝起きて思うことは、少しづつ(当たり前ですが)日が短くなってきてること。
暑すぎるのは辛いですが、でもやっぱり夏が好き。
自然とテンション上がります。

盆休みを振り返ってみると、わざわざ人混みによく行ったなぁ、と思います。

でも子供達にはいい経験だったと思います。
楽しい思い出になったと思います。(忘れてしまうと思いますが。)

義兄一家、原田一家、小林一家。
私達家族にとって大切な人達。
いつもたくさん支えてくれる人達。
元気を与えてくれる人達。

そして、16日の日曜日の夜、私はメガロスのビアパーティーに参加。
(美紀ちゃん、ノンちゃん、ハルくん、パパだけでごめんね。)
f0145325_6154639.jpg


夏の夜、涼しい風を感じながら飲むビールは最高に美味しかったです。

何よりも、気の合う仲間といるだけで気分は良くなります。

ついつい飲み過ぎてしまいます。


前日に誕生日を迎えた栗田菜津子コーチへサプライズのプレゼント。
ビアガーデンで演奏していた『おしゃれ泥棒』という3人組のみなさん。
幹事の星野ひとみコーチが頼んでハッピーバースデーを演奏してもらいました。
そして、全員からお花をプレゼント。
喜んでもらえました。
f0145325_9154822.jpg


なっちゃん(栗田コーチ)、素敵な誕生日になってよかったね。
なっちゃんが、あのとき私に言ってくれたあの一言。
私は一生忘れません・・・ありがとう。

そして、誕生日おめでとう!



私や私の家族は、いつも素敵なゆかいな仲間達に囲まれています。

感謝・感謝・感謝です。

ありがとうございます。

これからも、共に。。。
f0145325_9162269.jpg

[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-08-18 06:29

こどもの国

14日は義兄一家と義両親とお墓参り。
それから昼食を一緒にとり、義兄一家は帰っていきました。
ノンちゃん、ハルくん、少し寂しそう。

でも、元気です。
それは、夕方から私達家族の心友・原田一家と小林一家が我が家へ泊まりにくるからです。

原田家はパパ、ママ、男の子2人。
小林家はママと男の子1人。(パパは明日合流)

前日までの女の子3人、男の子1人から女の子一人、男の子4人という状況に変わりました。

いや~、到着するなり暴走です。
大暴れです。
格闘技系が多く、風船で殴りあったりしてました。

昨日、八景島で買った1500円もするイルカや魚の形をした風船も、ものの見事に割ってくれました。

「物を大切にしようね。」という提案も聞き入れてもらえるはずもなく、更に暴走は続きました。


食事は穏やかな雰囲気で食べるかな?

うんうん、上手、ちゃんと座って食べてるね。

ん?スープをこぼした。

いいよ、いいよ。ふけば済むこと。


ん?ジュースをこぼした。

はいはい、ちゃんと拭こうね。


フローリングっていいですね。。。


翌朝、子供達は5:30頃起きてきました。
パパやママは夢の中。。。

「もう少し寝てろよ~。」パパとママ達の無言のメッセージ。。。

届かず。(汗)


『こどもの国』のプールへ出発。

混んでました。
f0145325_718219.jpg


ポニーがいました。
f0145325_7183118.jpg




楽しい思い出になってくれたかな?

家族ぐるみの付き合いは大切にしていきたいですね。

子供の教育にとってもいいことだと思ってます。

パパやママの友人との関わりを感じてもらると思います。

きっと、友達を大切にする人になってくれると信じてます。
f0145325_7211342.jpg

[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-08-16 07:21

八景島シーパラダイス

8月13日(木)、義兄一家と八景島シーパラダイスへ遊びに行きました。
f0145325_6551115.jpg


8名での行動。団体行動。

暑い。日差し、陽射し、日射し、どれだ?

駐車場渋滞。食事する場所も満席。人。人。人。

アクア・ミュージアム(水族館)も人だらけ。

私はサメとエイが好き。
f0145325_658227.jpg


アクア・チューブという水槽の中を通るエスカレーター。
海の中にいるようです。

ニモがいました。
f0145325_6594986.jpg


海亀。子供達は浦島太郎の話で亀が好きです。
f0145325_703919.jpg


魚観賞のあとはアトラクション。

アクアライドという、流れの早い渓流下りのような感じのアトラクションへチャレンジ。

ノンちゃんと義兄親子と4人で乗りました。
多少濡れるとのこと。

以前、一度乗ったことがあります。
15年くらい前かな?

そのときはカッパを着ました。

今日は暑いし多少濡れてもいいか。と気楽に乗車?乗船?

ところが、多少どころではなく、ガッツリ水をかぶりました。
私とノンちゃん。

ノンちゃんは、それ以前に乗る前から弱冠恐怖があったようで顔は硬直。
一言もしゃべりません。
まさに、固まっていました。

降りてみると、、、ハーフパンツもシャツもグショグショ。

シャツの変えはありましたが、パンツの変えはなく。
まあ、この暑さなら着てれば乾くだろう。

その後も、乗り物乗って、アイスやかき氷を食べて家路につきました。

暑い中、子供達は弱音を吐かずよく歩きました。
ノンちゃんもハルくんも「抱っこ」とは一度も言いませんでした。

よく、頑張ったね!パパ、嬉しいよ。

帰りの車では、当然爆睡。

いとこのユウカちゃんともたくさん遊べました。

夏休みのいい思い出になりました。
f0145325_715243.jpg

[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-08-14 07:10

お盆

今日からグレイステニススクールは4日間盆休み(夏休み)です。

休みということは、家族と共に、、、過ごす。
子供と遊ぶ。。。

休めません。

まあ、のんびりするのは最近好きではないので家族と遊びたいと思います。

義兄一家が遊びに来ているので、今日は10名での行動となります。

昨晩の食事から大騒ぎでした。

ちょっと気分のいい私は少し飲み過ぎました。


話は変わりますが、先日の地震は恐かったですね。

静岡には義父の兄弟がいます。
無事でよかったです。

選択理論のインストラクターの渡邊夫妻もいます。
事務所の本棚の本が散乱していたそうです。

でもその程度でよかったです。

横浜もけっこう揺れましたね。

ついに来たか!
みたいな覚悟もしました。

みなさんは緊急避難用のリュックとかは準備されてますか?

私はまだしてません。

事前対応。。。

大事ですね。準備しようと思います。



地震に比べれば、日頃の子供の起こすとんでもない行動は、まだ少し予測ができますね。

ん?できないか?


盆休み中、子供の行動に戸惑わないように対処していきたいです。

日々、トレーニング。

素敵な夏休みにしましょう。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-08-13 06:31

何が上手くできましたか?

「何が上手くできましたか?」

「あなたの長所は何ですか?(どこですか?)」


私がよく使う質問です。

この質問をすると、相手の願望(選択理論では上質世界と言います。)に入るきっかけとなります。

この質問をすると、私が相手に対して肯定的な関心を持っていることが伝わります。

この質問が相手の上達(成長)に役に立ちます。(と信じてます。)



更に、「今度行うとしたらどうしたいですか?」という質問をします。

この質問は、ものすごく自己評価を促します。

私が、こうしたほうがいい、ああしたほうがいい、などとは言いません。

あえて言うならば「私ならこうするかな?」「こうやってる人もいるよ。」みたいな情報提供です。

選択肢を与えて、選んでもらいます。



この質問が、選手たちの創造性を養います。



試合で上手くできなかったことを反省し、練習で改善して、また試合に挑む。

というのもありますね。

私はあまりお薦めしませんが。。。

なぜなら、、、

練習でできたことが、試合でできるとは限らないからです。


「上手くできたこと」は、すでに「できていること」です。「やっていること」です。

試合で実際にできていることを振り返り、さらにそこを伸ばすのはいかかでしょうか?


う~ん、どうもなぁ?そうかなぁ?

「自分の弱点を攻められたら勝てないじゃないか。」

って思いますか?



確かにそんな気もしますね。

そう思う方には、こんな考え方はいかがでしょう。

「私が相手の弱点を攻める。」

こう考えたら自分の弱点(短所)を矯正する必要はないですね。



それに「弱点を攻められる」ということは、相手が攻めてくるパターンもわかるということです。

対応はいくらでもあるはずです。

創造性が大事ですね。



テニス以外でも、自分のいいところ、良かったところを振り返る習慣をつけたいですね。

私も努力しています。


自分にも、他人にも訊いてみてください。

「何が上手くできましたか?」

「あなたの長所はどこですか?」

f0145325_6193580.jpg

[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-08-12 06:12

行動の選択

私達は毎日、たくさんの行動をします。
朝起きる、食事をする、顔を洗う、車を運転する、など。
たくさんの行動の連続です。(選択理論では全行動といいます)

その行動は、私達が選択して行っています。

私達は行動を選択するときに、決断をしています。

私達は自分で決めた行動をしています。

その行動を少し振り返ってみたいと思います。



というのも、先日の『アチキッズ』には6つのテーマがありました。

①挨拶をしよう。
②「ありがとう」を言おう。
③クツをそろえよう。
④親に感謝しよう。
⑤自分の良い所をたくさん見つけよう。
⑥友達と仲良くしよう。


どうでしょうか?

子供に教育するという前に、自分の普段の行動を振り返ってみるのにいい機会だと思いました。

④の『親に感謝しよう。』は『子供に感謝しよう。』にもなりますね。

子供達に教える、やらせるという前に自分がしているか?

う~ん、当然ですが私は100%完璧ではありません。
また、完璧に行う必要もないと思います。

「大人にできてないことが、子供にできるわけがないだろう。」
という声が聞こえてきそうです。

そうですよね。ごもっとも。。。

しかし、100%完璧は存在しないと思います。

私はときどき、挨拶を忘れます。
「ありがとう。」を言わずに、よく愛妻に怒られます。
クツをそろえるのを忘れます。

でも行う努力は続けています。



パパと一緒に学び続けよう。

一生学び続けよう


というメッセージでいいと思うのです。

ですから、「やりなさい。」という強制は必要ないんですね。



黄金律…何事でも自分がしてほしいと思うことを、他の人にもそのようにしなさい。



があります。

挨拶する子に育って欲しかったら、大人から挨拶することですね。
「ありがとう」を積極的に大人が使うことですね。
親から子供に感謝することですね。



私達は日々、行動を選択し決断をしています。

行動はその瞬間、過去になります。

責任ある行動を選択していきましょう。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-08-11 06:01

ビーチテニス

昨日、川崎の東扇島東公園でビーチテニスの大会がありました。
f0145325_648435.jpg

愛妻・美紀は堀田広美選手とエントリー。
私は子守&応援&海水浴。と思いましたが遊泳禁止でした。

ラケット部門(通常のテニスラケットを使用。キッズラケットは禁止。)とパドル部門(卓球のラケット?羽子板?にいくつかの穴を開けたキッズサイズのラケットを使用。)の2部門で行われました。

ネットの高さはバレーボール位ではないでしょうか。

足は裸足だと砂で熱くなるので、足袋のようなものを履いたり、普通のテニスシューズを履いたり選手のみなさんもいろいろ工夫していました。

愛妻はラケット部門にエントリー。

会場入りし、この日のために購入したテントを張りました。
参加選手が集まってきます。
知ってる人達も多く楽しくなってきます。

暑かったです。更に熱い男・小林穂高さんまで現れ会場は熱さが増します。
f0145325_64958.jpg



そんな昼間のビーチです。

私は休みです。


となると、、、泡の出る冷た~いのが飲みたくなります。

美味い。気分がいい。

いつの間にか昼寝してました。(子守はどうなったんだ?)

今回、横浜市テニス協会理事としての視察も兼ねていたので、ちょっと体験したかったのですが、、、忘れました。

でも見ていた感想は、バドミントン的かな?
(私は小学校時代、母のママさんバドミントンへ連れていかれました。中学では一時期バドミントン部でした。)

ドロップとハイクリア。そしてスマッシュ。

ただ、サービスがベースラインからなのでドロップのサービスはないです。

サービスリターンはバレーボール的でしたね。

リーグ戦で愛妻は1敗と1不戦敗(待っているのが大変なので帰ってきました。)

今日は決勝トーナメントがあるそうです。
頑張ってきてね。

私にも「次は出てみたら?」と言われましたが、、、考えます。

子供達は遊び疲れ、グッスリでした。

まだまだ夏は続きます。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-08-09 06:48

佐藤英郎トレーナー&橋本拓也トレーナー

アチキッズの二人のトレーナーを紹介します。
f0145325_62693.jpg

佐藤英郎トレーナーです。
私は大ファンなんです。

国際コーチ連盟のマスター認定コーチです。
日本には現在14名しかいません。

英郎先生の研修はとにかく楽しい
締めるところはビシッと私達に自己評価を促してくれます。

そして感動があります。

私が能力開発が大好きになったのも英郎先生の研修を受講してからです。

英郎先生はよく私達受講生に自分の失敗談を話してくれます。

私は完璧じゃないんだよ。
だから、学び続けているんだよ。
いっしょに学び続けましょう。

というメッセージに感じています。

今、英郎先生は英語を猛勉強中だそうです。

毎日1~2時間、休みの日は5~6時間勉強しているそうです。
とっても熱心ですよね。流石です。

私もコーチです。
英郎先生のような学び続けるコーチで在りたいと思います。

今回のアチキッズからサブトレーナーとしてリードしてくれた橋本卓也先生。
f0145325_6331293.jpg

弱冠25才。

現在家庭教師派遣の「スターズ」という事業の責任者でもある方です。
すごい。私は25才の頃。。。比較はやめよう。

大学生を対象とした「マイセルフ」という研修のメイントレーナーもされています。

彼の子供達との関わり方は素晴らしいです。
どんなにヤンチャをしても、怒らないし、叱らないし、怒鳴りません。
存在そのものを受け止めているように見えます。



子供達がアチキッズに参加してくれたこと。
子供達と出会うことができたこと。

当たり前ではないですね。

出会いに感謝ですね~。

まだまだアチキッズの余韻から覚めない夏の朝です。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-08-07 06:41

アチキッズ2009、無事終了!

行ってきました、アチキッズ。
今年も感動のフィナーレでした。
f0145325_685644.jpg


そして、今朝は猛烈な筋肉痛です。

アチキッズは小学校1年生~高校3年生までの子供達が一緒に学びます。
共同学習ですね。
年齢がバラバラの6~7人のグループに別れ私達アシスタント(先生)が二人づつ担任をします。

アチキッズの名物はなんといっても休憩時間。
でも休憩なんてできません。
子供と一緒に身体と身体でガチで遊びます。
f0145325_6154286.jpg

f0145325_616733.jpg


今回、アシスタントに入るのに、自分なりに決めていたことがあります。

それは、、、

とにかく子供達の身体を触りまくる。。。

変な意味に解釈しないでください。

ハグですね。
しまくろうと思って行きました。

もちろん、小学校高学年以上の女の子にはしてませんよ。(退場させられちゃいますからね。)

頭をなでたり、肩を組んだり、抱きしめたり、頬を押し付けたり。。。

メイントレーナーの佐藤英郎先生の話をきくとき、グループで地面に座って聞きます。
このときも、子供達は誰かしら私の膝にやってきます。
後半は取り合いになります。

膝に座った子供を後ろからムギューします。
いやがる子供は一人もいません。
f0145325_5555542.jpg


遊びの時間は、風船、大縄跳び、鬼ごっこ、ハンカチ落とし、野球、おんぶに肩車、などなど。
先生は子供達のシモベのように頑張ります。

私は何故か、肩車が人気。
肩車の状態で激走し、急停止し、左右、前後と乱暴に振り回します。
これが以外と子供達に大人気。(後悔)

次々と、「カントク、やってやって!」とチビッコ達がやってきます。
(私のアチキッズのニックネームはカントク先生です。)

アチキッズは授業中のほうが休めます。
カリキュラムが進むに連れ後頭部に違和感。
股関節が悲鳴をあげていきます。
明日、仕事できるかな?と不安にもなりました。

今朝は予想通り(以上)の筋肉痛。

よく「テニスコーチやってるのに筋肉痛になるんですね。」
と不思議がられますが、テニスとは行ってる行動が全く違います。

背中全体も痛い。股関節が。。。年かなぁ?
来年もアチキッズ・アシスタント行きたいけど、、、これじゃ無理かなぁ?

でもなぁ。。。

エンディングが近づくに連れて一人の男の子が私に言いました。
とってもヤンチャで私の言うことなど全く聞いてくれないかわいい男の子。
「もうすぐ、カントクとお別れだね。大好きだよ、カントク。来年も来る?」

嬉しかったです。(泣かせるんじゃねー。)と思いました。

「どうかな?多分来るんじゃないかな?」

「じゃあ、僕も来れるようにお母さんにたのむね。」

言葉が出ない。。。ありがとう。

素敵な出会いがたくさんありました。

子供達に多くのことを教えてもらいました。

全ての子供がそのままでいいということ。

子供は待っているということ。

子供は認めてもらうのが大好きなこと。

大人が余計な強制を用いて変えようとしないこと。

まだまだあります。

メイントレーナーの佐藤英郎先生とサブトレーナーの橋本拓也先生。
f0145325_643230.jpg

お二人のことは次回、ゆっくり書きたいと思います。

残りの夏休みも子供達にもらったパワーで突っ走ります。
f0145325_655717.jpg

みなさん、ありがとうございました。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-08-06 06:06