旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧


五つの欲求

私達には例外なく五つの基本的欲求があります。
遺伝子に組み込まれてます。

①生存の欲求
②愛・所属の欲求
③力の欲求
④自由の欲求
⑤楽しみの欲求


この五つの基本的欲求を満たしてもらえるようなテニス・レッスンを目指しています。

そして、人それぞれ、みな違う存在です。
五つの基本的欲求の中で、どれが強くてどれが弱いか、バランスは違います。

ちなみに、私は愛・所属楽しみの欲求が強いです。

子供達のレッスンをしていると、この五つの欲求のどれが強いかを感じます。

特に、子供達は力の欲求が強い子が多いですね。

達成したい。
自分を周りの人に認めてもらいたい。という欲求。

子供達には大いに持ってもらいたいですね。

私達大人は子供の欲求を満たすためにも、子供達を認めます。

良い行動をしたとき、誉める。これも承認です。

そうではないとき、存在そのものを承認する。

生まれてきてくれてありがとう。
あなたは素晴らしいよ。
可能性がたくさんあるよ。

そんなメッセージを送ることができたら。。。

子供達の創造性は無限です。

私達大人は、子供達の創造性を引き出すお手伝いをしていきましょう。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-10-20 06:49

この時期の土・日

横浜市民大会が開催中です。
10月最初の土・日から始まり、全日程終了は12月の予定。
非常に実施期間の長い大会です。

一般男子、女子の予選が始まっています。
本戦に勝ち上がりの選手、惜しくも予選敗退の選手、連絡が入ってきます。

勝ち上がった選手の皆さん、本戦での活躍を期待します。
敗退してしまった選手のみなさん、まだB予選とラッキールーザーがありますからね。
あきらめずに努力を継続しましょう。

毎年、10~12月の週末は、市民大会の手伝いとか、レッスンを休んで試合に出るコーチの代行とか、ほとんど休めません。

でも、これが私の役割(ROLE)です。

横浜でテニスを学び成長してきたと思ってます。
横浜で出会った多くの方達のおかげで今日があります。

少しづつ、微力ですが恩返しをしていきたいと思ってます。

市民大会はまだまだ続きます。

役員も出場選手もいっしょに盛り上がって最高の大会にして行きましょう。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-10-19 06:27

メンテナンス

昨日は、グレイスTCの会員の親睦会に参加して来ました。
f0145325_631367.jpg

年に一度、コーチも参加して6チームに分かれての団体戦です。

6チームで総当りを行います。
ということは、、、5試合。5セット。

今の私には厳しい。

でもね、親睦ですからね。
リラックスして楽しくね。

と思いつつも、いざ試合が始まると頑張ってしまいます。

最近、練習不足。
右肩は張っていて、どうもサービスが飛んでくれません。

それでも、どうにかゲームにはなりました。

会員さんからは、
「コーチは少し手を抜いてね。」
と言われましたが、こういう機会はそうあるものでもありません。

私が一生懸命やったほうが、相手の方も楽しいだろうと思い、全力でやりました。
それでも、サービスは飛ばない。。。(市民大会、大丈夫かなぁ。)

結果、私のチームは4勝1敗で優勝しました。
やりました。

帰宅途中、私達夫婦がお世話になっている「妙蓮寺整骨院」へよりマッサージをしてもらいました。

先生:「うわぁ~、肩も腰もバキバキですね。」

ハイ、感じております。
ストレッチを増やしているんですけどね。

一人でのストレッチはどうしても部位に力を入れてしまいます。
だから、ペアストレッチは気持ちいいですね。

私は、たまに子供達に手伝ってもらってストレッチをします。
「そっ~と、やってね。」
と言ってるのに、、、まあその豪快なこと。
返って痛くなることもあります。




会員のみなさんとの交流とマッサージでリフレッシュできました。
身体と心のメンテナンス、大切な時間でした。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-10-18 06:15

感謝を“感じる”

愛妻が帰ってきて我が家はいつもの生活リズムに戻りました。
これを、『当たり前』と思ってしまいます。

『当たり前』と思うことが、感謝の気持ちを薄めていきます。

普段の生活の中で、私の知らないところで、多くのことが起きています。

たまには、愛妻不在の期間があるのはいいですね。

愛妻に感謝。
子供達に感謝。
義父母に感謝。

感謝の気持ちが自分の中から湧き出てきます。



理屈や原則は頭ではわかっていても、なかなかできない。

家族に感謝しよう。。。
感謝しなければならない。。。

と頭ではわかっている。
でも、忘れてしまう。できてないかな?


でも、普段の『当たり前』を客観的に捉えることができれば。。。
相手の立場にたつことができたら。。。
相手を共感できたら。。。

感謝が湧き出てきます。


テニスも同じですね。

頭でわかっていてもなかなかできない。

それよりも、試合にチャレンジして大敗したり、接戦で勝ったりすると、私達は自己評価をします。

何かを、感じます。

自分が変わっていきます。



現在、『共感性』に興味を持っている私です。

一ツ橋大学の野中教授の言葉。

「本質は感じろ!」

いい言葉ですね。
私はこの言葉が大好きです。

『感じる』ことが、私たちの成長や上達の近道なのかもしれません。

などと感じているところでタイムリーなブログ。
アチーブメント(株)の青木社長のブログ

私達があらゆることに感謝できたら。。。

想像してみてください。

そして、創造していきましょう。
f0145325_5571351.jpg

[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-10-17 05:57

帰ってきました。。。残念。

昨日の全日本ベテラン。
女子40才以上シングルス準々決勝。
愛妻・美紀ちゃん、惜しくも敗退。
昨年と同じ方に、ストレート負けでした。

私は子供を保育園へ迎えに行って、お風呂に入れ待機。
インフルエンザがこんな時期から流行っているので、子供達にはたくさん着させて、車では暖房を入れ、いざ新横浜へ。

私達が着くと、美紀ちゃんもう待っていました。

子供達は嬉しそうに、
「ママお帰り~。」

ハルくんは、
「ママに会いたかった~。」を連発。

ママも
「ノンちゃんとハルくんに会いたかったよ~。」

試合に負けたことなんて忘れてしまっているかのようでした。

まあ、全日本でベスト8ですからね。
私の視点では、育児して仕事して家事をして練習してこの結果。
立派だと思います。

他の選手と比較しても、何も生産されません。

いろいろと自己評価もあるでしょう。

次は横浜市民シングルス。
日本テニス発祥の地・横浜。
市民大会といえどもレベルはそこそこ高いです。

美紀ちゃんは過去、シングルス2回、ダブルス2回、合計4回の準優勝。
是非、シルバーホルダーの呪縛から解き放たれたい。

あまり優勝を期待するとプレッシャーをかけちゃうかもしれないので、、、やめておきます。

なので、、、優勝すると信じます。(もっと、プレッシャーか?)

まあ、いいか。
全日本お疲れ様でした。
ベスト8おめでとう。

また、忙しい日々になりますが、頑張ってね。。。美紀ちゃん。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-10-16 05:34

母は偉大

昨日、全日本ベテラン40才以上シングルスがありました。
美紀ちゃんは1RはBYEなので、2Rが初戦。

対戦相手は過去2回対戦して、1勝1敗の岩佐選手。

結果は、フルセットで勝利。
おめでとう!
今日のQFも頑張ってね。

私も留守番頑張ります。

昨日の朝は、子供を保育園へ送ってから出勤。
夕方、リトルのレッスン終了後、すっ飛んでお迎え。

帰宅後は義父母フロアーで夕食。
一休みしてからお風呂へ。
だいたい、お風呂で1回は兄弟喧嘩があります。

なだめながら洗って上げて、お風呂を出ると義母に着替えを手伝ってもらいます。
私が後から風呂を出て行くと、義母は子供達の歯磨きまでしてくれていました。
感謝です。

私もよく研修とかで外泊をしますが、私がいなくても、愛妻も義父母も子供達もいつもと同じ生活リズムだと思います。

でも、愛妻いないと。。。
私も義父母も普段と生活リズムが変わります。

毎日、それとなく過ごしていますが、母親の存在は偉大だなぁと感じます。

義両親とも同居してなかったら、大騒ぎだったでしょうね。

たまにはこういうこと(母親不在)がないと、感謝を忘れがちになります。

黄金律の本質・・・存在の承認を与えること。他者の存在を受け入れ認めること。

自分のすぐぞばに、黄金律を生きる人がいるんですよね。



さあ、今日も保育園の送迎と仕事です。

子供達はママに早く会いたいようですが。。。

もう少し帰って来なくていいからね。。。美紀ちゃん。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-10-15 06:12

評価なんて・・・

昨日午後、愛妻・美紀ちゃんは全日本ベテラン40才以上シングルス出場のため名古屋へ旅立ちました。
子供達は早く帰ってきてほしいでしょう。
でも、なるべく帰って来れない状況を望みます。
頑張ってベストを尽くしてほしいです。


さて、私の頭の中(思考)では。。。

まだのんちゃんの発表会の光景が頭の中でスクロールしています。

みんな、楽しそうに活き活きとした笑顔でした。
見ている私たちも自然と笑顔になりました。

ふと思ったこと。

それは、今回は『発表会』でした。
それが『コンクール』となると、また違ってくるのかもしれません。

『勝ち・負け』、『優・劣』、『上手・下手』などが絡んできます。

『楽しむ』を忘れがちになります。
テニスやダンス、もちろんそれ以外のスポーツは元々楽しむことから始まったものだと思います。

試合やコンクルールは、楽しさを更に増すために考えられたのではないでしょうか?

また、大会やコンクールなどがあるおかげで私達は目標設定を覚えます。
練習のスケジュールなどの計画を立てることも学べます。
そして、日々行動。。。練習をします。

これだけでも、私達は成長してるんでしょうね。

でも「勝ちたい。」「勝つことで周りから認められたい。」という思いが目指している道から外れる原因にもなります。

他者からの評価が気になります。
結果を出すことだけに縛られると、楽しめなくなります。

私達の『負け』という結果の解釈でいろいろ変わってきます。
そのときの出来事に過ぎないのに。。。

それを、自分の人としての価値まで劣っていると勘違いしたりしてしまいます。
長くその気持ちが続くと、、、いやになって辞めてしまいます。

勝つことで周りから認められたいと思う前に、
目標を達成しようと一生懸命に取り組んだ自分自身の存在を認めてあげたいですね。

私達は、誰でも唯一無二の存在です。
『勝ち』や『負け』じゃないんだ。
自分以上でも自分以下でもないんだ。

ありのままでいれたら。。。
楽しめるんでしょうね。



などと、笑顔いっぱいでキラキラしている子供達を見ていて感じました。
ちょっと、涙が出そうになりました。

いつまでも、その輝きを失わずに進んでいってほしいです。

頑張れ!子供達!
f0145325_674693.jpg

みんなには、無限の可能性がある!
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-10-14 06:07

ダンス発表会

昨日は、ノンちゃんのダンスの発表会がありました。
私は仕事でしたが、合い間を縫って見に行くことができました。
f0145325_683117.jpg


1年くらい前からノンちゃんはダンスを習い始めました。
突然、自分から「ダンスやりたい。」と言い出しました。

通い始めの頃は、なじめず見学ばかりでしたが、徐々に慣れてきました。
最近では、ダンスの日が楽しみで待ち遠しいようです。

ダンスのあった日、私は帰宅してすぐに訊きます。
「ダンス楽しかった?」

すると、ノンちゃんは
「ウン、楽しかった。ちょっとパパ見て。」
とバトンやポンポンを持ち出してきて、その日練習したことを見せてくれます。
発表会の前も一生懸命練習してました。

さて、発表会。。。
出番を待ちます。
ワクワクです。

他のチームの演技もとっても上手です。

いよいよ出番。
ノンちゃんを探す。

見っけ。。。ロックオン。。。

私の視線は釘付けとなります。

ノンちゃんの他はお姉ちゃんばかり。
みんな、少し大きいです。

一人小さいノンちゃん、頑張ります。
恥ずかしがりやのノンちゃんが堂々と踊ってました。

全ての子供達が一生懸命でした。
間違えたり、バトン落としても、笑顔で踊ります。
決してあきらめません。
ダンスが好きなんでしょうね。

キラキラ輝いてました。



ちょっとしたミスで、ガッカリしたりあきらめモードになってしまったりする私。
比較しちゃいますね。

コーチ・カーターの言葉が頭をよぎります。

「小さな子供達のように輝こう!」

子供達には大好きなことを一生懸命続けていってもらいたいと思います。


ノンちゃん、感動したよ、ありがとう。
f0145325_6385715.jpg

[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-10-13 06:39

6:4

黄金率(黄金比)

6(0.618):4(0.382)

自然界にある最も美しい比率。

自然体を現わす数字。



何言ってんだ?

どこからそんな数字が出てくるんだ?

と思われる方。

『人は無理数で生きる』を読んでいただければわかると思います。

読むのが面倒な方には、見て感じてください。
f0145325_671679.jpg

これが、6:4です。

8メートルの高さで、ワイヤーの上に立ち、お互いが寄りかかる状態でバランスをとります。

8メートルですからね。
とび職の方は別として、かなり恐怖感があります。

お互いが、一人で立つ状態・・・5:5は非常に不安定で恐いです。

相手を信頼し、自分を委ねて、そして、支え合う。

6:4はそんな状態でしょうか。

私達は、そんなダブルスをプレーしたいですね。

1+1=2が1+1=3になるような。。。

更に1+1=∞(無限大)になるような。。。

そういうダブルスを創造していきたいですね。



今日はやたらと数式がでてきましたが、数学が嫌いな人にはごめんなさい。
なんせ応用数学科出身なもんで。。。


本日、待ちに待った大イベント。

ノンちゃんのダンスの発表会です。

私は仕事ですが、絶妙な時間帯なので見に行くことができます。
仕事→発表会→仕事。。。
ワクワクして忙しい日になりそうです。

ちょっと、私が緊張しています。

ノンちゃん&みなさん、今日もベストを目指しましょう!
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-10-12 06:19

脳は出力依存

いつも、このブログに立ち寄っていただいてるみなさま、ありがとうございます。
みなさんの訪問が励みです。
けっこう、一日の訪問件数をチェックする私です。

ブログを始めた頃は、こんなに多くの人に読んでもらえるとは思ってなく、驚くと同時にブログを開くのが楽しくなってきました。

ブログを書いていて思うことは、自分の日々の記録にしたいこと。
それと、是非知っていただきたい情報を提供することです。

リアリティー・セラピー(選択理論を使ったカウンセリング手法)の学びの中で、「脳は出力依存」ということを学びました。

勉強した知識や情報は、インプットするだけでなく、アウトプットすることが大切らしいです。

アウトプットしていくことで、更に自分に深く落とし込めます。

学習の5段階があります。

①知る
②わかる
③行う
④できる
⑤分かち合う


⑤の分かち合うで初めて自分のものとなります。
このブログは私にとっては⑤の分かち合いになります。


私達はこの5段階を、日々の行動で感じています。

特に①②の『知る・わかる』から③④の『行う・できる』へのステップアップがなかなかできない。。。
なんて、よく思いませんか?

私はよく思っていました。

わかっているのにできない。

それが長く続くと、「わかっていたって、できなきゃ意味ないじゃん。」ってことになってきます。

確かにそうですね。

でも、本当に?

本当に意味ないのでしょうか?


私達はわかっているから、できるようになるために努力できるのではないでしょうか?

わかっていなかったら、それこそ努力すらしないのではないでしょうか?


「なんで、何度もやっているのにできないんだ。」と自分を責める前に、
「何度も何度も努力してるお前は素晴らしいぞ。」と、努力している自分を認めてあげましょう。

結果ばかりに目を奪われないようにしましょう。

選択理論心理学の上質の特徴・・・最善を尽くす。

Do my best.


横浜市民大会シングルスが先週から始まっています。
私は11月からです。
とてもタフな大会です。

試合中盤、足が痙攣したり、疲れを感じるとあきらめモードになってしまう私です。

最後まであきらめずに、ベストを尽くす。

市民大会での私の目標です。


参加選手みなさんの最善を期待します。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-10-11 05:58