旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧


いいことがある。

昨日は、レッスン中に雨が降り出してきて途中で中止になりました。
この時期の雨は、冷たい。。。当たり前ですが、冷たい。
風邪が流行る時期だけに、身体を冷さないように注意しましょう。

イベントのない第3木曜日。
昼から牧野記念病院へ。
インフルエンザ(A型)の予防注射をしてきました。
上手な方に注射をしていただき、痛くもなく終了。あ~、よかった。

それから、横浜で税理士さんと決算の打ち合わせ。
対前年比、、、落ち込んでおります。
私が落ち込んだところで、「過去は虚」です。
今年度をどう持ち直すかを計画・実行です。

私達はテニスの試合中、ミスをすると『落ち込み』を選択するときがあります。
でも、起こったミスはその時点で過去の出来事です。

『過去と他人は変えられない。』

変えることのできるものと、できないものを区別することは大事です。
変えられないことに目を奪われてしまうと、問題は解決しません。

変えることのできるもの。。。

それは、自分と未来。

不安と恐れを小脇に抱えてやる。(佐藤英郎氏)

私達は、未来をコントロールすることができます。

ミスで落ち込んでいる時間を減らすことで元気になれます。

是非、素敵な人間関係の中で成果を出していきましょう。

私達は、今日もコート(現場)に立つことができるのです。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-11-20 05:45

手帳のリフィルが届きました。

私の愛用の手帳。
アチーブメント・プランナー。

12月が更新なので来年分のリフィルが届きました。
f0145325_6245871.jpg

マンスリー、ウィークリー、デイリー、と分かれています。

私が最初に手をつけるのは、マンスリー・プランナーです。
自分をはじめ家族の誕生日を記入してマーキングします。
f0145325_630432.jpg


次は友人(先生、先輩含む)の誕生日。
最近は友人の子供が大変増えてきました。

それから、私や友人の記念日。
結婚記念日がメインですね。

最後は両親と故渡部省三氏の命日。

色分けしてマーキングします。

能力開発研修を受講するようになって誕生日の価値観が変わってきました。

私の誕生日は祝ってもらう日というより、両親に感謝する日

友人の誕生日は、その人と出会うきっかけとなった大切な日。
感謝の日ですね。

そういう大切な日を記入し終えてから、仕事の年間予定を記入します。

今年、生まれた新たな命もあります。
これから増える予定もあります。

師走近し、ラストスパートで頑張りましょう。

私は今日はインフルエンザの予防注射に行ってきます。
子供の頃から注射は大の苦手です。

逃げずに立ち向かいます。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-11-19 06:36

『格』

スポーツの世界には『格』があったりします。

格上、格下。

スポーツニュースで「格下の〇〇〇に苦戦。」とか言ってます。
相撲には横綱、大関、関脇、小結、、、と番付があります。

テニスにはランキングがあり、そのランキングや前年の成績からトーナメント・ドローのシードが決まります。

こういうところにも『格』があるように感じます。

シード選手がノーシード選手に敗れると、「番狂わせ」となります。
ノーシード選手からすると、『大金星』とか騒がれます。
シード選手が勝って当たり前、、、のような解釈がされがちです。

「勝って当たり前」というのは、大変プレッシャーがあります。

勝負の結果は、勝ちか負け。
私達が勝つ確率は誰でも例外なく50%です。(私の解釈です)

みんな同じなのでは???

だとしたら『格』に囚われずに、自由に楽しんだほうがいいのではないでしょうか?

ダブルスを組むとき、お互いの『格』なんて関係ないですね。
昨日のブログに書いた『尊敬する』

私達が、尊敬し合うパートナーとダブルスをプレイできたら、どんな気分でしょうか?

1+1=3になったら、、、

1+1=∞になったら、、、

意地やプライドなどを排除すれば、最高のテニスができるのではないでしょうか?

お互いが尊敬し合うダブルス。

どうです?ワクワクしませんか?



今年の横浜市民45才以上シングルス、私は第2シード。

妙なプライドよりも尊敬をテーマに戦ってます。

次回が楽しみです。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-11-18 06:09

尊敬する

選択理論心理学の【身につけたい7つの習慣】の一つに、『尊敬する』があります。

尊敬する人、、、みなさんにもいらっしゃると思います。

私の場合、小学生の頃は野口英世さんでした。

親に逆らい続けた中・高校時代。
高校2年で留年する有り様でした。

それでも「高校へ行き続けなさい。」と言ってくれた、、、今は亡き両親。
大学まで行かせてくれた両親。
思い返すと、私のやりたいことをいつも応援してくれた両親でした。

現在の私の尊敬する人は『両親』です。
永遠に辿り着けない存在です。



『尊敬する』という言葉。

目下の人が目上の人を尊敬する。。。
と、私は捉えていました。

選択理論、ボース・ウィン・マネジメント、サーバントリーダーシップ(後日書きます)などを学んで、間違っていたことに気づきました。

関係ないんですね。

年上と年下も、上司と部下も、教師と生徒も、先輩と後輩も、そしてコーチと選手も。。。

それらは全て役割なのかな?
役割を越えて、私達は尊敬し合うことで人間関係を良くしていくんでしょうね。

特に、自分の子供やスクールに通ってくるジュニア選手達。
以前は、上から目線バリバリでした。

レッスン中も、「早くボールを拾いなさい。」とか言いつけていました
自分が練習したボールは自分が集めるのが当たり前だろう。。。みたいな。

面白いですね。
今では、率先して私がボールを集めてます。
「今日も来てくれてありがとう。のんびり休んでいてね。」。。。変わってきました。

変わってきた自分を感じるとき、ワクワクします。




私達は、誰でも役割があります。
一つではないと思います。
(私の場合でいうと、コーチ、経営者、夫、父親、息子など)

そういった役割を越えたその人の存在を尊敬できたら。。。

信頼して、共感できたら。。。


私達は素敵な人間関係を築けるのではないでしょうか?
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-11-17 06:32

市民大会2日目・・・原宿交差点

昨日は、市民大会45才以上シングルス2日目でした。
4Rと5Rの予定でした。

場所は東俣野公園。
横浜新道から国道1号、『原宿交差点』よりも藤沢寄り。

神奈川をあまり知らない方のために。。。
横浜市戸塚区には「原宿」があります。

渋谷の隣のヤングの街の「原宿」とは違います。

その『原宿交差点』は神奈川県でワースト1の渋滞率?を誇ります。
f0145325_5474166.jpg

いばれることでありません。

現在、トンネル工事が進められています。
上り方面は開通しています。

この交差点の渋滞がなくなると嬉しいですね。

さて、『原宿交差点』、行きは少々渋滞しましたが、余裕を見て出発したので会場には1時間半早く到着。

ジョギングしながら、コートへ。
この会場も駐車場からコートは遠いのです。

一度車に戻りストレッチを済ませ、コロコロバッグで再びコートへ。

試合進行はスムーズで予定の13時より少し早めにスタート。

4-0リード。行けそうじゃん。
6-1リード。私けっこうやるじゃん。
6-4追いあげられる。そう簡単にはいかないね。

この辺でいつもなら、「やっぱり負けちゃうのかなぁ?」なんて考えたりもしてましたね。

でも、なんか違ったのです。
相手は一生懸命プレイしているのだから当然ありえること。

私にできること。。。

一生懸命プレイすること。

自分のためにも相手のためにも。

8-5でどうにか勝利できました。

5Rも4-0リード。さっきと同じか???
8-1で勝利しました。

足は攣りませんでした。大丈夫でした。
シャワーを浴びてストレッチ。

帰りの『原宿交差点』、、、上りなのに渋滞してました。
だから写真撮れました。
f0145325_602622.jpg


次回は12月12日とずいぶん先になります。
準々決勝の相手は、一昨年準優勝の宇津選手。

超強敵ですね。
テニスになるように頑張ります。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-11-16 06:04

ランチとおやつ・・・自由の欲求

私のおやつです。
f0145325_6301511.jpg

メロンパンが好きです。
コーヒーは砂糖なし、牛乳だけ入れます。カフェオレです。

私達は日々の行動の中で、食べたり着たりするものを選ぶことができます
この行動で自由の欲求が満たされます。

自由の欲求は人が誰でも例外なく持っている5つの基本的欲求のうちの一つです。

レストランに行って、自分の食べるものを他人に決められたらどう思いますか?

学校の制服は、ある意味自由の欲求を満たしてくれてないかもしれません。
だから、学生達は長い学ランや太いズボンをはいたり、ルーズソックスをはいたりするんでしょうね。

ちょっと、待った。時代錯誤。。。

学生達はパンツが見えるくらいズボンを下げてはいたり、化粧をしたりして自由の欲求を満たそうとするんでしょうね。

そして、もちろん私達はテニスをプレイするとき多くの選択をして、決断をしています。

ラケットは自分で選んだはずです。
ショップの店員さんやコーチに情報をもらい、自分で決めて購入されたはずです。

ゲーム中に、どのコースにどの球種で、強くか弱くか、なども自分で決めることができます。

ちゃんと、私達は自由の欲求を満たしています。

でも、たまにパートナーやコーチに
「今のときはこうやりなさい。」
「こうやったほうが君のためだよ」
と言われることもあります。

それを苦痛に感じなければかまいませんが、もし苦しいのであれば、
「どうも、ありがとう。」
と伝えて保留にしておきましょう。

言われたことを全て受け入れてしまうと自由がなくなります。

『自分が気分を悪くすることは、忘れる・無視する・気にしない』(青木仁志氏)

さて、今日のランチは何にしますか?
今日の服は何を着ましょうか?

本当に、人生は選択ですね。
楽しく自分の欲求を満たしていきましょう。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-11-14 06:51

アドバンスクラス最終戦

水曜日の大雨の名残もある空模様。
しかし、雨は降りませんでした。
2009年アドバンスクラス最終戦が無事開催されました。

ポイントをガッツリ稼いで賞品ゲットしてください。って感じでした。

今年最終戦ということもあってか強豪が集まりました。

つなぎ・攻め・守りの三拍子揃ったテニス。

素晴らしいゲームばかりでした。

最終戦の優勝ペアは阿部・屋敷ペア(YSC)でした。
f0145325_615672.jpg

おめでとうございます。
マスターズ出場も確定しました。
頑張ってください。期待してます。

ちょうどグレイスTCを訪問していた、くらしの友の伴社長から優勝カップを授与していただきました。
記念写真も社長と支配人と。。。最終戦だけに特別でした。
伴社長、ありがとうございました。

さて、最終戦は試合以外にも選手は大忙しです。

それは、、、

ポイント賞品の交換です。

今年溜めたポイントで、該当する金額のものをダンロップのカタログから選んでゲットできます。
(ただし、たまに在庫切れもあります。)
f0145325_661130.jpg

試合の待ち時間や、終わってからはカタログショッピングです。
楽しそうでしょ?

毎年聞かれる質問。
「現金を足していいんですか?」

ブブー、できません。
現金を足してしまうと、試合での勝利の価値が下がります。
来年へのモチベーションにしてください。

あと、お願い。。。
値切らないで。。。ください。

気が弱い私は断りにくくなります。

なんちゃって、、、値切らずに勝利でポイントをゲットしてください。

というわけで、今年もアドバンスクラス・ビギナークラスはマスターズを残すのみとなりました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
試合進行に協力いただきありがとうございました。
素晴らしい試合をたくさん見させていただきありがとうございました。

また、来年も出場してください。(あっ、グレイスオープンもよろしくお願いします。)

みなさまのテニスの発展とご健康を祈ってます。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-11-13 06:14

笑顔・・・楽しむ

楽しいから笑うんじゃない。笑うから楽しいんだ。

などと言いますね。

笑うことで、身体の免疫力も上がるそうです。

私は試合中、笑顔を心がけてます。
昔、師匠の宇治田コーチに言われました。
「お前は、ヘラヘラやったほうがいい。」

現在では足が痙攣しやすい?ので、少しでも力みが取れるように笑います。

振り返ってみると、、、
高校の部活。大学では同好会でしたが練習はきっちり行うサークルでした。

練習中、コートで笑ったりした日には先輩に怒られました。
向上に笑顔は必要ないということなんでしょうか?

確かに、、、そうかもしれませんね。

1998年だったかな?
サッカーのフランスワールドカップ。
日本代表は初めてワールドカップに進出し戦いました。

ピッチの上で歯を出す選手のことを解説のラモスさんは批判してました。
「気持ちが伝わってこない。」と。。。

私には伝わってきましたけどね。

北京五輪の野球・星野監督。
「日の丸を背負って戦うのに、楽しむなんて言ってられない。」

なるほど、、、日の丸を背負う人達の宿命なのでしょう。

好きこそものの上手なれ。

テニス、野球、サッカー、みなさんプレイするのが好きだから頑張れるんだと思います。

笑顔を封印してでも頑張れるのでしょう。



でも、元を辿っていくとスポーツは『楽しむ』ことから起源しています。

私達には選択の自由があります。
自分で決めることができます。

自分に合った選択をしていくためにも、なぜそのスポーツをやっているのかを自問自答していきたいですね。


今朝は雨ですが、そろそろ上がるそうです。
止まない雨はありません。

スポーツをしていて伸び悩むこともあると思います。
止まない雨はありません。

そのときまで、続けましょう。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-11-12 06:34

選択理論心理学会員になりました。

昨日、日本選択理論心理学会から封書が届きました。
確か5月頃、申請しました。

やっと、選択理論心理学会員になれました。
これからも継続学習をしていきます。

来年にはリアリティー・セラピーの中級講座を受講する予定です。

リアリティー・セラピーは選択理論を用いたカウンセリングです。

リアリティー・セラピーは質問をしていきます。
カウンセラーの意見を言いません。

もし、アドバイスを求められたら、提案をします。
提案はいくつかの選択肢であって、そこに強制はありません。

相手(クライアント)に自己評価を促します。

私のコーチングに用いたいと思って学び続けています。

でも、なかなか、、、思うようには実践できません。
つい、自分の意見を言ってしまいがちです。

生徒や選手もコーチに意見を求めてきます。
コーチに言われたとおりにプレイしようと思いがちです。


「本当に上達したいですか?」

「あなたはどうなりたいですか?」

この質問の答えを考えてみてください。


なりたい自分をイメージする。


そんなことで上達できるの?と思われそうですが、一流アスリートはみなさんやってます。

自分を認めることから始まるんでしょうね。

と、、、いつも書いていることと同じ締めになりました。

今日の横浜は雨。
けっこう激しく降るそうです。
レッスンは中止でしょう。
年末に向け、溜まっている業務もあるので集中して片付けようと思います。

みなさんも、最善尽くして頑張ってください。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-11-11 06:28

私のバイブル

2年前、篠田真宏先生に紹介してもらい購入しました。
ブログでも紹介しました。
『新・インナーゲーム』と『インナーテニス』(ティモシー・ガルウェイ著 日刊スポーツ出版)
f0145325_6212750.jpg


選択理論心理学に出会う前の私の指導は
「こうしなさい。」
「それじゃ、だめだ。」
「なんで、そんなことするの?」
ばかりでした。

他人を変えられえると思っていました。
自分の考えが正しいと思い、相手を強制していました。
上達させることができると思ってました。

選択理論心理学とボース・ウィン・マネジメントを学んでいくうちに、、、

「他人と過去は変えられない。」
「違いは違いであって間違いではない。」
「問題に焦点を当てない。」

多くのキーワードが私のコーチングを変えてきました。
私が変わる選択をすることができました。

そして何よりも一番大切にしたいことは

『人の可能性は無限大』ということ。

最近ブログで紹介した「ウィニング・アグリー  俺がついている」。
もう一冊、かなり昔に紹介した「甲子園の遺言」伝説の打撃コーチ・高畠導宏氏の生涯。

コーチの役割は選手を安心させることだと言ってます。
選手の可能性を信じることだと言ってます。

「あなたはできる。」
「あなたはあなたのままで素晴らしい。」

存在承認、共感ですね。

それは、、、『愛』に行き着きます。

「愛するだけだったら、誰だってコーチになれるだろう。」と言われそう。

誰にでもできそうなことが難しいのでは?

『本気』で愛するってなかなかできないもんですよ。

スタートは自分自身を愛すること。

私はやっとスタート地点です。



改めてこうやって振り返ってみると、私をコーチとして育ててくれているのは、生徒さんや選手達なんですよね。
周りにそういう方達が多くいてくれる。

感謝です。

ありがとうございます。

これからも、面倒みてやってください。
よろしくお願いします。
[PR]

by nozoharu-deepblue | 2009-11-10 06:31