「ほっ」と。キャンペーン

旧チョイス・コーチング・・・窪田洋久の日記


在り方を伝えるテニスコーチのブログ   選択理論心理学を土台としたチョイスコーチング
by nozoharu-deepblue
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

3つの学習法~③ラーニング

3つの学習法、最後はラーニング。

playerfacilitator(ファシリテーター)の関係です。
facilitatorとは促進者という意味になります。
facilitatorは場を促進するように、情報を提供します。

coaching同様に質問を投げかけます。
そしてplayer自身が学習し実行してもらいます。

3つの援助に置き換えるとサポートになりますね。
信頼して待ちます。
言い方は悪いかもしれませんが、『放っておく』こともあります。

3つの学習法、どれにもメリット、デメリットがあります。
ティーチングは時間を予測できます。
決めた時間で終わらせるように計画できます。
しかし、学びの深さでは他の2つほどではないかもしれません。

コーチング、ラーニングは時間が予測できません。
学びをどこまで深められるかもわかりません。
全てclient,player側次第です。

コーチングは答えをコーチが用意しています。
ラーニングはplayerが答えを創造していきます。

テニスの指導では、こお3つを使い分けることが大切だと感じてます。
全くの初心者(初めてラケットを握る人)に質問だけでは、先に進みません。
原則を指導します。ティ-チングが必要になります。
あくまでも原則であって、多少のアレンジをしてもかまわないことを
伝えておくことも大事かな?などと感じてます。

おおよその基本を覚え、自分なりにこうやってみたいなぁ、と思い始めて
きた人達(中級者~上級者)にはコーチングに切り換えてみるといいかもしれません。
願望が芽生えてきていたら、それを手に入れるお手伝いをしていけます。

そして、試合に出場するような人達(ジュニア選手など)には
ラーニングで学習してもらったほうが効果があるように思います。
その人の創造性を発揮してもらいましょう。

テニス以外でも、子供への関わりに用いることができそうですね。

共通するテーマは“自立”です。

学びを継続していきましょう。

ということで、昨日より私はファシリテーション・スキルアップ・トレーニングに参加しています。
当然トレーナーは篠田真宏先生です。
f0145325_5512739.jpg

今日は2日目です。
行ってきます。
[PR]

# by nozoharu-deepblue | 2010-03-26 05:51

3つの学習法~②コーチング

ティーチングは、最初teacherの方からstudentへの働きかけで始まります。

コーチングは、clientからcoachへの働きかけで始まります。
コーチ(ここからカタカナ)は、選手の可能性を引き出します。

コーチは質問をしながら選手の意見を聞き、引き出していきます。
強制することなく、提案や選択肢を与えていきます。

テニスのグループレッスンでは、少々難しい方法です。
でも、一人ひとりとの時間(マンツーマン)をわずかでも取ることで
選手や生徒に質問することができます。
多くのテニススクールではこの方法を取り入れています。

コーチングは3つの援助でいうと、アシストをする感じでしょうか?
選手や生徒は達成感が得られます。
コーチがすることはお手伝いです。
選手達を上達させることではありません。

選手が「上達したい。」という欲求を満たすお手伝いをする。
選択理論で言う『責任』です。

テニスは見た目の優雅さとは違って、孤独でハードなスポーツです。
選手一人だけで戦います。(昨今、変わってきてるようですが。。。)
試合中、コーチができること。。。

ただ、見守ること。応援すること。励ますこと。

ティーチングからコーチングへ。
ヘルプからアシストへ。

選手や生徒の能力アップに伴い、変えていきたいですね。
選手や生徒の変化を感じることもコーチのスキルのひとつですね。

さて、最後は私が最も目指す学習方法。
ラーニングです。

つづく。。。
[PR]

# by nozoharu-deepblue | 2010-03-25 06:54

3つの学習法~①ティーチング

篠田真宏先生から学ぶようになってから、
『3つの学習方法』を知りました。

①ティーチング  (teacher  student)

②コーチング   (coach   client)

③ラーニング   (facilitater   player)


私はテニスコーチですが、通常スクール(グループレッスン)で
行っているのは、ティーチングが多いですね。
ティーチングの長所は、大勢の人に教えることができることです。
ただ、一方通行的になるので、学びの深さとしてはいまひとつ、、、って感じでしょうか?

特に全くの初心者には、ティ-チングは必要となります。
人間で言えば、生まれたばかりの赤ちゃんです。
ある程度の情報を、教えます。

3つの援助(ヘルプ、アシスト、サポート)で言うと、
ヘルプが多くなります。

ラケットの握り方、
どうやってボールをコントロールするのか、
どのくらいの力加減で打てばいいのか、
どういうルールなのか、
などなど。。。

大体のお約束を伝えるのですが、
このとき強制的にならないように注意したいですね。

「~でなければならない。」
「絶対、~しなさい。」

よりも

「~のようにすることをお薦めします。」
「~するのはどうですか?」

あくまでも提案であり、情報提供をすることです。

ティーチングはどちらかというと『やり方』を伝えます。
でも、やっぱり必要なことです。
グループでのレッスンでは安全面で特に重要です。

ティーチングでの学びは、グループでのシェア(アウトプット)をすることで
深めていくことができるそうです。
他の人の話を聞き、自分の感想を話すと多くの気付きが得られます。
違いを共有することができます。

つづく。。。
[PR]

# by nozoharu-deepblue | 2010-03-24 06:47

結膜炎

土曜日の夕方から左目に違和感を感じていました。
まぶたが腫れ、充血し、目やにが出る。。。

日曜日でもやっている眼科を見つけ診てもらいました。
『結膜炎』とのこと。

あらら。。。
しばらくコンタクトレンズはできないらしい。
家でしているメガネでテニスをするしかない。

私は超ド近眼です。
(まだ、、、老眼の症状はでていない。と自覚しています。)
家でしか使用しないメガネ。
レンズが分厚いのです。
(圧縮レンズをケチりました。)

レッスンでは、やはりラリーが辛い。
遠近感が違います。
相手のボールがバウンドしてやっとピントが合うような感じです。
アシスタントの力を借りてどうにかできました。
う~ん、ボース・ウィンですな。

たまに身体にトラブルがあると、改めて健康に感謝できます。
健康に生んでくれて、育ててくれた今は亡き両親に感謝できます。
毎日、私の健康をケアしてくれる愛妻に感謝できます。

ホントは、こんなことがなくても感謝しないといけませんね。

テニスも思い通りにラリーができず、自分にイライラしたりもします。
“無二の一球”を大切にしないとね。。。

初心に戻ることができました。
テニスの神様、ありがとうございます。
今日も、ベストを尽くします。
[PR]

# by nozoharu-deepblue | 2010-03-23 06:09

愛する仲間たち

日曜日の夜、友人のマンションのパーティールームを借りて、
私と愛妻・美紀、二人の横浜市民大会優勝祝いをしていただきました。
久しぶりに、DeepBlueのメンバーで集まりました。

26階の部屋から綺麗な夜景を見ながら、楽しい時間を過ごしました。
子供が7人、にぎやかでした。

DeepBlue結成当時、結婚していたのは私達(窪田家)だけでした。
でも、まだ我が家に子供のいない時代でした。
当時はメンバーが集まっても大人だけ、楽しい会話が弾みました。

時の流れを楽しむのはいいですね。
こんな、大騒ぎになるとは思ってませんでした。
大人同士で話していても、子供達は走りまくり、小競り合いがあり、
泣き出し、食べ物をこぼし、、、想像してませんでした。

同じ状況、環境が永遠に続くことはありません。
現在100年に1度の大不況と言われていますが、
いずれ状況は変わっていくんでしょうね。
『夢』を持つって大切だと感じました。

昨晩は私は運転手だったのでノンアルコール。
ごちそうを食べまくりました。

そして、パーティーの最後はみんなでケーキを食べました。
f0145325_763338.jpg


仲間に祝ってもらう。
仲間が集まってくれる。
感謝ですね~。
嬉しいです。

DeepBlueのみんな、どうもありがとうございました。

愛・所属の欲求が高い私は、欲求も満たされて最高の気分でした。

今度、集まれるのはいつかなぁ?
その日を楽しみに、今日もベストを尽くします。
[PR]

# by nozoharu-deepblue | 2010-03-22 07:09